得するコト得するコト
まめ知識 2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

年末のイベントによく「年忘れ◯◯大会」という風に頭に「年忘れ」という言葉がついている事があります。この「年忘れ」、どういう意味があるかご存知ですか?

響きが似ている「年忘れ」と「忘年」。「年忘れ」の方が日本語として古い言葉

辞書などで「年忘れ」という言葉の意味を引くと「年末に、その年の苦労を忘れること、そのための宴」という意味合いの記載があります。この言葉の意味を聞くと思い出されるのが「忘年会」という単語です。「年忘れ」と「忘年」は文字だけ見ると意味は同じに思えますが、元々は違う言葉でした。

そもそも「年忘れ」という言葉の由来は鎌倉時代に、「連歌」(れんが)という行事を大晦日に行った事だと言われています。連歌というのは日本の詩作の形式の一つで和歌の五七五七七の音律を、五七五の上の句と七七の下の句に分け、複数の人で交互に歌を詠んで行くスタイルの事です。これが百句に至るまで続けるのを「百韻連歌」(ひゃくいんれんが)と呼びます。

連歌は現代で言うならSNSなどでとある人の発言を元に、続きとなるように多数の人がレスポンスを続けて一続きの文章を完成させるような物で、場にいる人全てが参加して完成させる文芸です。複数の人が一つの世界観を完成させるという言葉遊びのような側面もありますが、「年忘れ」として行われた連歌は遊びというより武家の人たちが新しい年にむけて結束を高める目的もあったようです。連歌は武家に取っては縁起担ぎの宗教的意味合いもあり、戦の前に「出陣連歌」の会が行われるなど、荘厳な儀式でもあり、連歌を寺社に奉納する事も行われていました。

武家社会では「年忘れ」の宴会を行う事はなく、年忘れの連歌会を行った後で年明けに新年会を行うという流れだったそうです。それが江戸時代頃に庶民が真似始めて「年忘れ」を「旧年の苦労を忘れる」という意味に解釈し、「年忘れ」として親しい人とお酒を酌み交わす習慣が生まれたようです。

明治以後に「年忘れ」と「忘年会」が同一の意味に変化。本来の「忘年」は違う意味が

「年忘れ」の行事が「忘年会」に変化したのは明治時代になってからで、地方から東京に出ていた学生や官吏が郷里に帰る前にお酒を飲む集まりを設けて「忘年会」と言うようになりました。「忘年会」という言葉は夏目漱石が『吾輩は猫である』の中で初めて使った、という説もありますが『我輩は猫である』の公開以前にも「忘年会」という言葉が使用された記録が残っているので明治頃に生まれた言葉が夏目漱石の作中でも使われた、というのが正確なようです。

この頃にはもう言葉の意味として「年忘れ」=「忘年」という用法が定着していたようですが、実は「忘年」には元々は別の意味がありました。「忘年」は中国の宋代に書かれた『荘子』にも登場する古い言葉で、「忘年の交わり」というような使い方をされていました。「年齢の違い(差)を忘れる」という意味で、先輩・後輩が年齢の隔たりを取り去って親しく付き合うという関係の事です。

とはいえ、いまや日本で「忘年」と言えば「心機一転」に近い意味合いで年末に使われる言葉となっています。中国から入ってきた言葉は他の日本語と同様の意味を持って使われているケースで、「言葉は生き物」というのが実感できる例かもしれません。

「年忘れ」は宴会だけに限らず、自分の振り返りとしても


付き合いの範囲が広いと「忘年会」に何度も参加する事もあるかもしれません。年中行事にかこつけて楽しむためのイベントでもありますから無理のない範囲で参加し、交友を深めるのも良い事ですが「一年の苦労を忘れる」ためのリフレッシュの機会として楽しんだ後は新年に向けて連歌を詠み、心を新たにしていた本来の「年忘れ」の意味を思い出し、来年に向けての暮らしを振り返る機会としても活用したいものですね。

 

記事/ケノコト

 

その他のおすすめ記事

忘年会シーズン到来!!『飲み会続きでも太らない3つの方法』

自然のリズムに合わせてゆったり過ごす『冬至』の風習

年末年始、飲み過ぎた方へ・・・お酒をおいしく楽しむために、知っておく身体への影響のコト

コメント

人気の記事

2020.02.21

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

2020.02.18

困ったときに何でも使える!食べる万能調味料『肉みそ』

2020.02.15

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

2020.02.14

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2020.02.13

入れるだけ!持ち歩きにも◎『デトックスウォーター生活』で簡単おうちダイエット

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.10

【バレンタイン特集】美味しくて簡単!手作りクッキーレシピ

2020.02.10

手づくりケーキミックスでつくる 小腹がすいた時のおやつにぴったり『かんたんバナナケーキ』

2020.02.01

2月3日に食べたい!美味しい巻き寿司・お寿司レシピ

編集部おすすめ記事

2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

2020.02.19

日本の鍋料理に飽きてきたらスペイン料理「ピルピル」を作ってみよう

2020.02.16

【編集部おすすめ】春の訪れ♪菜の花を使った簡単レシピ

2020.02.14

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2020.02.10

【バレンタイン特集】美味しくて簡単!手作りクッキーレシピ

2020.02.06

【バレンタイン特集】簡単にできるチョコレートレシピ

2020.02.02

チョコが苦手なパパへのバレンタイン『親子で作るフラワーアレンジメント』

2020.02.01

2月3日に食べたい!美味しい巻き寿司・お寿司レシピ

2020.01.31

編集部おすすめ!『白菜を使った簡単レシピ』

2020.01.30

白砂糖不使用スイーツ『みかんソースの豆乳プリン』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.07.30

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

2017.05.30

『塩の味、違いを知れば料理はもっとおいしくなる!』~ソルトコーディネーターが教える使い分けのコツ~

2017.08.16

実は栄養価が高い?!『知って得するかいわれ大根の成分と保存方法』

2017.05.21

まるで卵!卵アレルギーのお子様にも安心な『ベジたまごサンド』

2018.05.01

すりおろして混ぜるだけ!『人参ドレッシング』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.09.03

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2019.02.03

一年の始まりだった『立春』。立春から始まる色々なコト