知るコト知るコト
教育・子育て 2018.12.28

発達・育児相談室から『頑張りすぎ反省会をしよう』

2018年ももうすぐ終わり。今年もたくさんのママ、パパ、子どもたちに出会いました。一緒に笑ったり、泣いたり、遊んだり、今日の晩御飯はなぁに?なんて話をしたり。「相談室を出るときには、なるべく笑顔を持って帰ってもらいたい」。それが私の願いです。

そんな一年を振り返ってみようと思います。
相談室に来る人のほとんどが「過剰適応」、つまり「がんばりすぎ」なのではないかと思うことがあります。それぞれがそれぞれの場所で、その場所や周りの人に合う自分であろうと必死になっていて、その結果、自分を失ったり、その場を離れたところで余裕をなくしたりしているのではないのかと。
今月は、そんな「がんばりすぎ」代表の方々の話をしてみたいと思います。きっと、みなさん自身やみなさんの大切な人たちの「がんばりすぎ」も見えてくるはずです。

「がんばりすぎ代表A君」~俺はなまけものだ~

A君は5年生。いきなり怒鳴りながら椅子を振り上げたとのことで、私が呼ばれました。「何に対しても意欲がない」「やりたいことしかしない」普段はそんな感じとのこと。確かに、授業中はほとんど突っ伏しているし、それ以外の時間はしかめっ面でぶらぶらしています。私が話しかけてもとても面倒くさそうで、不信感丸出し。そして一言、「俺は怠け者だ。話しかけるな!」と。怠け者!?とんでもない!A君こそ「がんばりすぎ代表」なのです。

机に突っ伏していても、体は硬く緊張しているし、友だちがA君を呼ぶ声にはいち早く反応し、聞こえなかったように振舞います。ぶらぶらしながらのしかめっ面はとても辛そうで、自分を保つのに一生懸命な様子でした。怠け者はこんなことできません。学校に適応しようと必死なのです。ここまでA君をがんばらせ、その頑張っているA君を「怠け者」と自己評価させてしまった私たち大人を顧みなくてはいけません。彼の「不適応」とみられる行動は、「適応しよう」とする無理から生まれたものなのです。

私とA君はこれからお互いをよく知る旅にでます。そしてA君が頑張りすぎずに過ごせる場所や方法があるのか考えていきます。楽しみ、楽しみ。

「がんばりすぎ代表ママたち」~良いママでありたい~

続いての「がんばりすぎ代表」は、今年たくさん出会ったママたちです。こうやって「役に立つかも」と、忙しい日々の隙間に記事を読むなんて本当に良いママなのに、ママの自己評価はとても低いのです。
この世のママの中に「あなたは本当に素敵なママ!」「本当にママとして頑張ってる!」という褒め方をされたことのある人は、ほとんどいないと思いますし、当然のごとく「ママ」と呼ばれる人はたくさんいて、自分と比べてしまったり、比べて評価されてしまったりも日常のこと。これでは、自己評価を高くしろといっても無理なことです。さらに、この世に生を受けて何十年もたってない、基本的にコントロール不能な我が子と壮大な旅に出ている最中に、上手くいくことばかりなんてありえないのです。

だから、どうか世の中の「良いママ」の定義に振り回されないで。頑張りすぎで笑顔をなくすことが、一番家族を悲しませるのですから。

『がんばりすぎ反省会』をしよう

今年の最後にぜひ「一人で」、そして「家族で」、“がんばりすぎ反省会”をしてみてください。
一年の締めくくりに年頭にたてた目標について、達成できなかった、がんばれなかったと反省することはあると思いますが、それとは別に「がんばりすぎなかったか」を確認してほしいのです。

家事育児でもうちょっと手をぬけたなぁ、アウトソーシングできるかもなぁ、旦那さんにこれは手伝ってほしいんだけど言えなかったな、私やっぱり学校の役員とか苦手だな…と。また、子どもたちには、習い事多すぎじゃないかしら?なかなか宿題にとりかからないけれど、もしかして勉強でつまずいてる?旦那さんも、日々の仕事で心と体はムリしていないかしら??

「弱さを語れる家族」は強いです。愚痴ではなくあくまで前向きに、がんばりすぎを互いに受け取ってフォローしたり、アドバイスしたり。2018年の締めくくりには、ぜひ『がんばりすぎ反省会』をしてみてくださいね!

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

発達・育児相談室から『ママの心のざわざわの原因は?』

発達・育児相談室から『ママの心のざわざわの原因は?』

コメント

人気の記事

2020.05.30

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

2020.05.30

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』