参加するコト参加するコト
過去のイベント 2015.11.01

子どもと向き合う時間を大切に『ベビーマッサージと0歳からのトイレトレーニング教室』開催レポート

ケノコトでは、定期的に「触れるコト」をして頂いています。

日々の暮らしに役立てる体験を持ち帰って、自分でもできるように。そしてもっと暮らしが良くなるようにという想いを込めて開催しています。今回の触れるコトは『ベビーマッサージと0歳からのトイレトレーニング教室』。
定期的に開催している、『ママの“働きたい”を応援するPower Woman』とのコラボワークショップです。今日の先生はそのPower Womanのお1人でベビーマッサージインストラクターとして活躍されている川崎有希子先生。
_DSC1408_re

白を基調とした明るいお部屋の中で行われたお教室。
続々と参加者が集まってくるにつれて赤ちゃんの愛くるしい姿で埋め尽くされていきました。

_DSC1422_re

赤ちゃんとお母さんのコミュニケーションの1つである『ベビーマッサージ』やお母さんがぶつかる悩み事の1つ『トイレトレーニング』について教えて頂いたことを少しご紹介します。

赤ちゃんに愛情を…『ベビーマッサージ』

「無理のないように、義務にならないように始めるのが良いんですよ」
そう優しい笑顔で語る川崎先生。

_DSC1405_re

ベビーマッサージを行う前は、まず手を温めます。
オイルはなるべく100%オーガニックのものが良いそうです。予防接種の後、青タンの部分は避けてマッサージをしてあげます。
_DSC1429_re

_DSC1427_re

_DSC1470_re

赤ちゃんはなんだか気持ち良さそう。初めは泣くこともあるようですが、慣れてくるとそれも無くなるそうです。
_DSC1460_re

いつもより高い声で「すーっ」と声をかけたり、子どもはリズムが好きなので、足の裏を優しくトントンと叩いてあげます。
_DSC1439_re

実はこの足の裏をトントンするのは、土踏まずを作る上でも重要なんです。 土踏まずが無いと、立ったときに転びやすくなってしまうんですよ。
_DSC1540_re

1つ1つの過程を大切に『トイレトレーニング』

トイレトレーニングは一般的には2歳ぐらいからスタートさせますが、川崎先生のおすすめはイヤイヤ期の前。 何でもイヤイヤとなる時期に、トイレトレーニングも重なるとさらに大変だからです。
_DSC1481_re

そしてトイレトレーニングにおいて、大事なポイントは結果にこだわらないこと。
出た出ないに関係なく、やりとりがあったことが大切なんです。これもコミュニケーションの1つなんですね。

わざとお母さんが見本を見せてあげることも有効です。 「んートイレ行きたいなぁ」と言ってみたり、トイレをする場所を教えてあげ、実際にどうするのかお手本を見せてあげたるすると子どももスムーズにできるようになります。
_DSC1407_re

子どもは親の反応を見ているので、できたら大げさにリアクションをしてあげるのも良いそうです。0歳用のおまるとかも売ってるので、 そわそわしていたら座らせてみる、まずはそこから始めてみるのも良いですね。
_DSC1560_re

何よりまずはやってみること。 少しずつ焦らず、周りの子と比べるよりも、きちんと子どもと向き合いながら進めていくことが大切なんだそうです。

約2時間のレッスンでしたが、とっても内容の濃い時間でした。
_DSC1500_re

お母さん同士、赤ちゃん同士も自然とコミュニケーションをとっていて、穏やかに時間でした。
_DSC1548_re

_DSC1411_re

参加者のみなさんの子どもに声をかける姿、触れる姿はまさに母の愛。川崎先生も生徒さんも笑顔の絶えない、優しい雰囲気の中レッスンは終了しました。
_DSC1563re

いつも満員になってしまうぐらい人気のレッスン。その理由がわかるような気がします。

文・撮影/ケノコト編集部

講師プロフィール
川崎有希子(かわさきゆきこ)さん

川崎さんプロフィール写真

看護師/ベビーマッサージインストラクター/トイレトレーニングアドバイザー/マタニティセラピスト

約10年の看護師としての経験(OPEナース、救命、産婦人科、美容)を経て、自らの出産を終え、子育てママのためのサロン『マタニティ産後整体ヨガ白金 託児付きサロンアクシェ』を白金にてオープン。骨盤矯正目的のお客様を中心に年間1500件程のマタニティ産後整体を行う。整体以外にはベビーマッサージ、トイレトレーニング講座、ヨガ、ネイル
など託児付きで行える様々なメニューがあり、レンタルサロン、他職種とのコラボセミナーなども開催。プライベートでは一児の母。

マタニティ整体ホームページ
マタニティ整体ブログ 

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2022.05.23

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2022.05.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2022.05.12

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2022.05.09

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2022.05.01

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

編集部おすすめ記事

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

2022.06.27

実山椒オイルのアレンジレシピ『山椒とツナのタプナード』

2022.06.25

暑い季節にぴったり!『新じゃがの地中海サラダ』

2022.06.19

旬の魚を食べよう!『真いわしの金胡麻まぶし』

2022.06.18

家にあるものでできる!鯖缶で『簡単鯖そぼろ』

2022.06.17

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2022.06.05

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

2022.05.28

夏を先取り!『フルーツトマトとチーズのパスタ』

2022.05.24

さっぱり!香りを存分に味わえる『ニラぬた』

月間人気記事

2019.07.23

沢山食べられる『ふりふり胡瓜』で数日分ごはん

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2017.08.19

実は種類が多い!『イネ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2022.05.14

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ