得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.01.07

お正月のしめくくりは「七草がゆ」体をいたわる献立の願い

LINEで送る
Pocket

お正月の終わりの行事食として知られている七草がゆ。春の七草と呼ばれる「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」が入っているお粥として有名ですね。実は「最近まで食べる習慣がなかった」「そもそも材料が揃わなかった」という地域の方も少なくないのです。ではどうして1月7日に七草がゆを食べると言われているのでしょう?

「春の七草」だけに、実は1月には揃いにくい七草がゆの材料

「秋の七草」と対になっているかのようによく知られている「春の七草」ですが、1月7日はいわゆる「寒の入り」の時期と重なる、一年で最も寒い時期にあたります。当然ですが「春の七草」の露地物の入手は難しい地域も多く、その場合はハウス栽培された物などを購入する事になります。

行事食の材料のはずなのに、微妙に入手しにくいのは現在使われている暦が原因です。
元々七草がゆは中国から入った風習と日本の「若菜摘み」の習慣が合わさった、春のお祝いのような意味合いも含まれた物でした。
旧暦の1月は現在の暦の1月下旬から3月上旬になるので一番寒い時期が終わって寒が緩み始めている頃になります。春の七草を採るのは「春を見つける」作業でもあったかもしれませんね。地域によっては七草がゆを作る方法には細かな決まりがあり、清めたまな板でおまじないを唱えながら決められた回数刻むなど、ちょっとした神事のような雰囲気がある事も。それだけ新しい春が来るという事を大切にお祝いしていたのでしょうね。

七草がゆの習慣が一般化したのは江戸時代頃で、幕府の公式行事としても取り入られました。元々「七草」には「七種類」という意味の「七種」の字も当てられていたため、春の七草ではなく小豆などの穀類を七種類使ったお粥や、省略レシピとして小豆の入ったお粥を食べる地域もあるそうです。

現在の春の七草は南北朝時代の記録が初出とされていますがハーブとして見ると薬効が多い物が選ばれています。お正月のごちそうで疲れた胃を休めるとも言われていますが、伝統的なおせちの献立はどうしても塩分が高いため、ビタミンや消化、排泄を助ける成分の多い青菜と水分の多いお粥を食べるのは理にかなっているとも言えます。

手軽に揃う材料で楽しみたい七草がゆ。オリジナルレシピを探してみよう

地域によっては1月7日に食べるお粥の具は、大根や白菜などの冬野菜を刻み込んで春の七種は使わないケースも。また、春の七草そのものは野菜より香草に近いものなので、食べ慣れないとアクや青臭さが気になって苦手と感じる事もあります。そんな時は無理をせずネギやミツバなど青い野菜を七種類選んで家庭ごとのオリジナルの七草がゆを作ってみるのもおすすめです。体を労り、青葉の生命力をいただく事が七草がゆの本来の目的の一つですのでおいしく食べられるのが一番です。

七種にこだわらず、「体をいたわるお粥」を手軽に楽しみたいならおすすめは春菊です。この季節、栄養価の高い春菊は漢方では「食べる風邪薬」と言われる事もあるそうですよ。胃もたれなど消化を助けたい場合は、春の七草の一つ「スズシロ」でもある大根を入れてみてはいかがでしょうか。
他に、薬膳なども使われる素材で身近な物だと百合根があります。お粥に入れると甘くてとろりとした食感でおいしく食べられるのですが、漢方では消化に良く風邪にも効くと言われているのだそうです。さっぱり食べたいなら大根で、ホクホク感のある具が楽しみたいなら百合根という風に体調や好みでその年の材料を選んでみるのもいいかもしれませんね。

お粥は生米から炊いた方がおいしく作れますが煮込むのに40分程度かかります。ご飯を煮て柔らかくしてもいいのですが熱湯で温めたランチジャーに洗ったお米と煮え立ったお湯を入れて一晩置いておく方法でもお粥が作れます。時間がかかるから…と七草がゆをあきらめていた方でランチジャーをお持ちの方はぜひお試しを。

時代の移り変わりで古くから受け継がれてきた風習を完全に実行するのは難しい事もあります。ですが、本来の目的は何かを知った上で上手に生活に取り入れる事は日々の暮らしを豊かにしてくれるかもしれませんね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

疲れた胃を休めよう『全部いえるかな?七草粥のコト』

疲れた胃を休めよう『全部いえるかな?七草粥のコト』

もっと知りたい日本の郷土料理ー秋田県『きりたんぽ鍋』ー

もっと知りたい日本の郷土料理ー秋田県『きりたんぽ鍋』ー

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』