得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

LINEで送る
Pocket

地域によって違いがありますが、1月11日頃に「鏡開き」を行う場所が多いようです。これはお正月にお供えした鏡餅を食べる行事です。

鏡餅をお供えするのは年神様の宿る場所を提供するため


そもそもどうしてお正月は鏡餅を用意するのでしょうか?
お正月のお餅が丸いのは神器である鏡を象ったからとされています。普通に食べるお餅は関西と関東で形が違い、関東はのし餅を切る四角い切り餅で関西は丸いお餅が主流です。実はこれ、丸餅が本来の形であり、角餅は製造時の効率を重視したものなのです。

かつて江戸では都市建設や参勤交代での単身赴任などの事情から人口に占める独身の男性の比率がかなり高く、餅つきは家庭ではなく専門店に外注せざるを得ないケースが多かったのだとか。そのため江戸では一つ一つで形作る丸餅ではなくついた餅を伸ばして冷ました後、一気に包丁で切って作れる効率的な角餅が一般的になったという説があるそうです。

角餅を鏡の形に近づけるため「焼いた後お雑煮に入れる」というのが伝統的なお雑煮の作り方として伝わっているお家も多いようですね。
ではなぜお餅で鏡を模した物を作る必要があったのでしょうか。
それはお正月が新しい年を神格化した「年神様」を迎える祀りでもあるからです。神様に滞在してもらうための場所として本物の神器の鏡の代わりにお餅で作った鏡をお供えしたのが鏡餅というわけですね。

鏡餅を供える記録は室町時代までは遡れるようですが、どうして鏡の代わりがお餅なのかはっきりとした起源はわからないようです。お正月は一年で一番大切なハレの日でもあるので日本人にとって一番のごちそうであるお米を使ったお餅をお供えにしたのかもしれません。

鏡開きの日には「左義長」や「とんど」などと呼ばれるお正月が終わりである事を示す行事があって、そこで鏡餅を焼いて食べる地域もあります。もしそういう行事がない地域でも、鏡餅をいただく日の目安として鏡開きをするのがおすすめです。

乾燥した鏡餅を開く時は水分を補ってから

鏡餅は縁起物なので食べやすい大きさにする時「切る」「割る」とは言わず、カナヅチなどで叩いて「開く」という表現を使います。

実際の所、つき餅で作った本物の鏡餅の場合、お正月の10日も過ぎるとカラカラに乾いてしまいカナヅチではうまく開けない事も珍しくありません。
松の内である7日が過ぎたらそこを区切りとして鏡餅を引き下げ、鏡開きのタイミングまで保存袋に入れて冷凍するのがよいでしょう。

上手に開きたい場合はまず鏡餅を半日程度水につけて戻します。ある程度水分を吸わせたら水から上げてビニール袋に入れて一晩~一日冷蔵庫で保管します。柔らかくなっていたら手で開きます。もしそれでも固いままで開けない場合、耐熱のポリ袋やラップでふんわりくるんで電子レンジで30秒~1分程度ずつ様子を見ながら加熱して少しやわらかくしてから開きます。食べきれない分は割った後で再度冷凍します。
おすすめの食べ方としては焼いた後ぜんざいやお汁粉など汁気のある物に浸すレシピです。乾燥気味のお餅も外から水分を補うと美味しく食べられます。

もしお正月で普通のお餅に飽きてしまった場合、秋田の名物のバター餅はいかがでしょうか?水にひたして電子レンジで柔らかくしたお餅に卵黄、お砂糖、バターを混ぜて片栗粉をまぶしてまとめる簡単なレシピですが保水効果のある砂糖と水分と油分を補うので乾いたお餅がなめらかな食感になって食べやすくなります。また、牛乳にひたして電子レンジで加熱して柔らかくしたお餅をホットケーキミックスに使うともちもちした食感になります。

乾きすぎて水に浸して加熱しても固い所が残る場合、トースターや焼き網ではなく油を引いたフライパンで蓋をして焼くと硬い部分が気にならず食べやすくなります。

鏡餅を食べるのは年神さまとのご縁をいただき、新年の幸福を願う行事でもあります。ぜひアレンジレシピなどにもチャレンジして美味しく食べてください。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

お正月のしめくくりは「七草がゆ」体をいたわる献立の願い

お正月のしめくくりは「七草がゆ」体をいたわる献立の願い

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

地方やおうちによって全く違う『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

地方やおうちによって全く違う『お雑煮とお餅のちょっとためになるお話し』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』