得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

LINEで送る
Pocket

年初めの一大イベントと言えば、成人式。
毎年この日が来るたびに、あの頃は…と若かりし頃を思い出す方も多いのではないでしょうか?
「成人の日」は前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人が対象となるいわゆる「学齢方式」でお祝いするのが一般的です。

「成人」ってなんだろう?

いまや成人を迎える事とセットになっている成人式ですが、新しい制度により18歳になる年度の1月の成人の日に成人式を行う事にすると高校3年生の場合受験シーズン真っ只中!本人はもちろん金銭的負担という意味でも保護者にかかる負担が大きいため、自治体が主催している成人式は現行どおり20歳になってから行う方が良いという希望も多いようです。

こうなってくると、そもそも「成人」とは何を指すのかという定義がちょっと複雑になってしまう気がしますね。今は「成人」かどうかの一番大きな線引きは年齢です。かつての社会システムで成人と言えば「社会を構成する一員となれる能力を身に着けた人間」を指しました。

武家などは元服などの儀式が行われましたが、一般の民衆は「畑仕事が一人でできる」「俵が担げる」など地域や職業ごとに「このスキルを身に着けた者を一人前とする」という基準が設けられていたのだとか。結婚して地域のコミュニティを構成する「家」を運営するというのも判断の基準でした。しか現代では20歳にしろ18歳にしろ、学生の占める割合が多く、従来の基準であれば「一人前(成人)」の基準を満たしているとはいえない状態で「成人」として扱われる事になっています。

多様化している成人のお祝い

元々、成人の日という祝日は地方から始まった若者を励ますイベントが「成年式」という名称で全国に広がった事がきっかけで制定された物です。第二次大戦後から1960年代頃までは20歳は社会人となっている人の比率の方が多かったのですが、それ以後は在学者の割合が増加して今に至ります。

こういった現状を踏まえてか、一部地域では「30歳の成人式」を行う所が増えているそうです。社会制度の変容から「成人」として自覚を持つのは20歳ではまだ難しく、多くの人が社会で経験を積んだ30歳になってから改めて成人式を行う事で、深い交流や生まれ育った地域の今後についての問題提起ができ、地域の活性化につながるのでは…という提案です。

学校に通う年代であれば年の近い人が身近に多く存在しますが、社会に出ると同世代との新しい交流を持つのが難しい事も珍しくありません。30歳の成人式であれば旧交を温めるだけではなく、違った立場で再会する事で思わぬ出会いもあるかもしれませんね。

そういう風に考えると成人の日は若い新成人をお祝いする日というだけではなく、成人になってから以降、自分がどんな経験を積み上げて来たかを振り返るのにふさわしい日とも言えるかもしれません。「大人の成人式」は20歳、30歳に限った事ではなく、年男や年女に当たる年や40歳など区切りの時に単なる同窓会としてではなく大人になった今だから語れる事を同級生と語る機会であってもいいのではないでしょうか。

また、他の誰かと集まらなくても仕事やライフプランを含めた自分の生き方について振り返ってみてもいいかもしれません。大げさな事はしなくても普段は腰を据えて考えるのを避けてしまいがちな「今の生活は体に負担がかかっていないか」「家計の運営で見直すべき所はないか」といった問題について整理してみると良いかもしれません。

自分が成人であるという理由はなにか、成人の日に自分を振り返って未来への糧にできると素敵ですね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

成人の日のお祝いはいつから始まった?『成人式にまつわる色々な話』

成人の日のお祝いはいつから始まった?『成人式にまつわる色々な話』

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

初詣やちょっとしたお出かけに…『普段着の着物デビューに必要なコト』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

たまには和服を着てみたい!『知っておきたい着物のサイズ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』