知るコト知るコト
地域 2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

山梨県の山間にある人口約700人の小さな村、小菅村。ここは、世界中で小菅村にしかない「山女魚(やまめ)のアンチョビ」が食べられる村です。

小菅村は、日本で初めて山女魚の養殖に成功した村です。生産者の厳しい管理のもと多摩川の美しい源流の中で育てられた山女魚は、身が引き締まり格別の美味しさ。その小菅村産山女魚で作られたアンチョビは、今では小菅村を代表する特産品になりました。

そんな山女魚のアンチョビですが、実は特産品として販売されるまでに、たくさんの人たちの努力と苦悩がありました…。

山女魚のアンチョビ物語

ある一人の青年が小菅村を訪れたことから、山女魚のアンチョビ物語が始まります。 青年は小菅村に移住し、地域おこし協力隊に所属。この地で暮らしていく中で、小菅村の魅力を身をもって実感した青年の「小菅村をPRするための何か看板となるものを作りたい」という想いに共感した人たちが集まり、小菅村が全国で唯一養殖を成功させた魚「山女魚」を使ったアンチョビの開発が始まりました。

他に類を見ない山女魚のアンチョビ作りは、なかなか難航。試作に試作を重ね、発酵食品に詳しい人に話を聞いたり、アンチョビの本場スペインにまで向かい、アンチョビ作りの修行を積みました。度重なる試作と失敗を糧に、2015年の冬、小菅村が誇る自慢の特産品「山女魚のアンチョビ」が完成しました。

臭みがなく爽やかな味わいの山女魚のアンチョビ

山女魚のアンチョビは、寒暖差の激しい小菅村の清流で養殖された身の引き締まった山女魚を3枚におろし、身と内臓を塩漬けにして1カ月ほど常温で発酵・熟成、オリーブ油と菜種油に漬けて出来上がります。身を内臓と一緒に塩漬けにすることが、うまく発酵させるポイントなのだとか。試行錯誤の末、編み出した独自の製法により、唯一無二の美味しさが楽しめます。

山女魚のアンチョビは、一般的なイワシのアンチョビより口当たりが軽く、苦みやえぐみのない爽やかな味わいが特徴です。サラダに加える他、ゆでたジャガイモやフライドポテトに合わせてアンチョビポテトにしたり、ペペロンチーノに使ったり、冷ややっこに乗せても美味しくいただけます。お酒のアテにもぴったりな逸品ですよ。

どこかレトロな雰囲気のあるオシャレなパッケージにもこだわりが詰まっています。 開発に関わった人々の愛が詰まった山女魚のアンチョビ。道の駅こすげの源流レストランでは、山女魚のアンチョビを使用したピッツァが食べられます。本格的な石窯で焼くピッツァと山女魚のアンチョビの相性抜群!ぜひ道の駅こすげで楽しんでみてはいかがでしょうか。物産館で山女魚のアンチョビもお買い求めいただけます。

道の駅こすげHP:http://kosuge-eki.jp/

山女魚のアンチョビから生まれたドレッシング

山女魚のアンチョビの販売開始から2年。小菅村に新たな特産品「こすげドレッシング」が生まれました。このドレッシングは、山女魚のアンチョビの製造工程で生まれるたくさんの魚醤を利用して作られています。

山女魚を塩漬けにする時にできた、うまみとコクが濃縮された魚醤。それに、みりんとお酢、はちみつ、菜種油を合わせたシンプルな工程で作られたドレッシングは色んな料理にマッチしますよ。

ドレッシングは全部で3種類。

こすげドレッシング(BASIL)は、バジルペーストを加えた商品で、バジルの華やかな香りが野菜サラダによく合います。

こすげドレッシング(TOMATO)は、トマトの酸味と魚醤のコクが互いを引き立て合う絶品トマトソースです。いつものトマトソースにちょい足しすると、さらにうまみが広がりますよ。

こすげドレッシング(MUSTARD)は、魚醤にマスタードを足したソースで、お肉料理をさっぱりと仕上げます。

3種類とも山女魚の魚醤ととても相性がいい素材で作られた、使い勝手のいいドレッシングです。毎日の食卓で食べ比べてみても。ぜひお楽しみください。

山女魚のアンチョビは、ただの特産品の域を超えた、村と人、人と人との想いをつなぐ橋渡しのような商品です。開発に関わった人々の努力と笑顔を思い浮かべながら、小菅村の豊かな清流が育んだ山女魚のアンチョビをご堪能ください。

山女魚のアンチョビHP:https://yamame.themedia.jp/

山女魚のアンチョビを使ったレシピもぜひご覧ください。 →こちら

記事/さとゆめ


ーふるさとの夢と想いを届けるウェブマガジンー
全国各地の地域づくりを支援する伴走型コンサルティング会社 株式会社さとゆめが運営する、
さとゆめがこれまで出会ってきた、日本、そして世界のふるさとの「ひと」「こと」「もの」「ば」を紹介しているウェブマガジンです。
「ふるさとの夢をかたちに」する方々、それを支援・応援する方々の出会いと共創のきっかけの場になることを目指しています。

https://satoyume-media.com/

その他のおすすめ記事

日本の原風景が残る、多摩源流の豊かな自然と山女魚の里「山梨県小菅村」

日本の原風景が残る、多摩源流の豊かな自然と山女魚の里「山梨県小菅村」

福島にオーガニックコットンのあかりを灯す『コットン・ランプシェード プロジェクト』

福島にオーガニックコットンのあかりを灯す『コットン・ランプシェード プロジェクト』

コメント

人気の記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

編集部おすすめ記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』