得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.01.19

二十四節気の暮らし方『大寒』 一年で一番寒い時期だからこそ楽しめる冬の暮らし

LINEで送る
Pocket

毎年1月20日頃には二十四節気の「大寒」を迎えます。「小寒」から「大寒」の間が「寒の入り」と呼ばれて一年で一番寒いとされています。実際には大寒から後の一週間くらいに一年の最低気温をマークする年も多いのでもう少し寒さに耐える期間が続きます。

暑いのも辛いですが、低気温も体に堪えるものです。この時期、朝なかなか起きられない…という方も多いのではないでしょうか。実はこれ、体にとっては自然な現象なのです。人間の体は太陽の光を浴びる事で体内時計のリズムが整い、体が目覚めの準備をするようになっています。冬は日の出の時期が遅く、厚手のカーテンなどを使う事も多いので、起床時間になっても体が「朝だ」と判断しにくいそうです。

この時期は朝活を頑張るより、寝る前に翌日の準備をしっかり整えて夜活し、すこしゆっくり起きる生活サイクルの方が体に負担が少ないかもしれませんね。

寒いからこその楽しみ 「冬の星空」を楽しもう

寒いとつい家にこもりがちですが、この時期ならではの楽しみもあります。
冬は空気が乾燥しているため星がはっきりときれいに見えます。1月は明るい星が多く見えるため、「オリオン座」や「カシオペア座」など見つけやすい星座を探してみてはいかがでしょうか。

2019年の1月下旬頃は夜明け(日の出の1時間ほど前)に金星と木星が接近するのを見る事ができます。おすすめは23日の明け方頃です。1月23日の東京の夜明けが6時47分頃になるので、少し早起きできれば南東の空でこの現象を見る事ができるそうです。

星空に関しては天体関連の色々な専門サイトで日本の代表的な都市の空の様子(日時によって変化する星の位置)を確認できます。そちらをチェックして、星が見えそうな所にちょっとだけ夜のお出かけをしてみてはいかがでしょうか。

雪があったら「雪の結晶」の観察をしてみよう

冬の夜空は晴れていればきれいな星が見られますが、日本海側など雪が多く降る地域では冬の空は曇りがちです。降雪地の場合、星空が見えやすいのは初夏や秋の方かもしれません。
そんな時はぜひ、雪の結晶を見てみませんか?

雪の結晶は空からごく小さな水滴が降る時に空気中の細かいチリに触れたショックで氷に変化し、チリを中心に結晶が育ちます。芯になるチリや気候条件によって六角形の物やシダの歯のような物など、様々な結晶が見られます。

雪の結晶は条件が良ければ肉眼でも確認できるサイズに育つ事がありますが、手軽に見るならスマートフォンのカメラがおすすめです。
カメラを最大ズームにして接写する事で雪の結晶を見る事ができます。もし手に入れば100円ショップで販売されているスマートフォン用マクロレンズを使うとより詳細に見る事ができます。スマートフォンを使えない場合は10倍以上のルーペや虫メガネなどで試してみて下さい。
コツとしてはアクリル繊維の生地やフリース素材で黒や紺と言った濃いダークカラーの物を屋外に出しておいて外気温と同じくらい冷やしておくとその上に降った雪を観察しやすいです。

雪の結晶を観察するのに適した3つの気象条件

・気温が低い。(できれば零下。鼻が痛くなるくらい寒い日)

・湿度が高い(空気中の水分が多いと結晶が大きくなりやすい)

・風が少ない(結晶が壊れにくい)


スキー場のゲレンデなど、雪のある山間部が観察しやすいかもしれません。
この季節、スキーや雪山に出かける機会があれば、スマートフォンかルーペをポケットに忍ばせて、雪の結晶の観察を楽しんでみてはいかがでしょうか。

保温タンブラーにお気に入りのホットドリンクを入れて夜のお出かけをしたり明け方の空の空を見上げたり、空からの贈り物を眺めて見たり…空に関わる、寒い時期ならではのお楽しみをぜひ味わって見てくださいね。

文/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

二十四節気の暮らし方『大雪』-野菜や魚の旨味が増す時期ー

二十四節気の暮らし方『大雪』-野菜や魚の旨味が増す時期ー

二十四節気の暮らし方『小雪』ーからだを内側から温める飲み物選びー

二十四節気の暮らし方『小雪』ーからだを内側から温める飲み物選びー

今年こそ雪山デビュー!『スキー&スノーボードで楽しむ冬あそびのススメ』

今年こそ雪山デビュー!『スキー&スノーボードで楽しむ冬あそびのススメ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』