得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.01.24

冬のお困り問題『しもやけ』と『冷え性』はセットで対策してみよう!!

LINEで送る
Pocket

「寒くなるとしもやけが出やすい…」というお悩みをよく聞きます。しもやけは体質も関わってくるので同じ環境でも出やすい人とそうでない人がいます。しもやけ、という名前から寒気が一番きつい時期に出そうな気がしますが、実は冬の始まりや寒気が緩み始めるタイミングに出やすいとされています。

寒さだけでなく「湿気」がしもやけを作る原因の要素に

しもやけは手足の先や耳など、細い血管が集まる所にできやすく、鼻にできる事もあります。手足全体が熟れた柿のようにぱんぱんに腫れてしまったり、赤い発疹が出たりとタイプに差はありますが、どちらも原因の一つは低気温です。

と言っても、氷点下のような極端な低温より、気温が4~5度前後や寒暖差が10度くらいの環境の方が出やすいそうです。しもやけは低温の状態に体がさらされて、血行に障害が起きた状態から元の状態に上手く戻れないと起きてしまう現象です。寒暖差が激しいと体が体温調節のために血流の量をコントロールしきれなくなり末端の部分で炎症を起こしてしまうのが原因だからです。

また、寒気がゆるんだタイミングで出やすくなるのは湿度が関わってきます。厚手の靴下やタイツで完全防備の状態で気温が高くなると靴の中で汗をかいたりします。そうするとその汗が蒸発する時に体の末端の熱を奪ってしまい、血流障害の条件が揃ってしまう事があるのです。これは季節的なタイミングだけでなく暖房の効いた職場で、靴の中で汗をかいた状態で冷え切った屋外に出る、ウインタースポーツで汗靴や手袋の中で汗をかく、というケースでも同様の条件がそろってしまいます。

しもやけになりやすい体質の人は靴下やタイツ、手袋は替えを用意して汗をかいたらこまめに替える対策がおすすめです。また、手洗いや水仕事の後はしっかり手を拭く事も大切な予防となります。

しもやけ対策は冷え性対策とセットで

しもやけは起きてしまってからでは治りにくく、なる前に予防する事が大切です。しもやけの予防としては血行を良くするよう心がけるのが一番です。これは冷え性の対策とほぼ同じで、特に以下の2つは生活する上で心がけたいポイントです。

体を締め付ける服装をしない

シェイプアップのための補正インナーなど、脱いだ後体に跡がくっきり残るような服装は血行を妨げる事があるのでしもやけが出やすい時期は避けた方が無難です。パンプスなどもピッタリしすぎると蒸れの原因となります。

体を冷やさない

体全体では体の中心の保温が優先されるので保温が足りないと末端に温かい血液を回す余裕がなくなってしまいます。着る物はもちろん、暖かい部屋にいるからと冷たい物をたくさん食べたり飲んだりすると血行の悪化に繋がります。

時期的に家にこもりがちになるので筋肉を使う機会が減り、冷えを感じる、という時は簡単なヨガやストレッチをしてみましょう。場所を選ばず、効率的に筋肉を使うにはスクワットもおすすめです。

しもやけ対策にプラスしたい皮膚の乾燥対策

冬の手先やかかとで皮膚が割れて起きる「あかぎれ」は皮脂の少ない場所が乾燥によってうるおいを失う事で起こります。しもやけ対策として水仕事の後に手をしっかり拭くのとプラスしてハンドクリームやワセリンで油分を補う事であかぎれの対策にもなります
ハンドクリームを選ぶ時、おすすめなのはビタミンEが含まれた物。ビタミンEは血行を促進する作用があるためしもやけの予防にも効果的です。

しもやけに関しては漢方の中に体質を改善してできないように予防するものや、できた後の外用薬にも効果が高いとされる物があります。毎年悩んでいる方は漢方薬局に相談してみるのもおすすめです。

しもやけは男性より女性、大人より子供がなりやすいと言われています。最近ではシニアにも増加傾向があるそうです。しもやけになりにくい体質の方も、家族の様子に注意して、必要そうならイヤーマフや手袋などしもやけ対策のグッズを用意してあげて下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

コレだけでグッと変われそう『乾燥肌にさよならするために取り入れたいコト』

コレだけでグッと変われそう『乾燥肌にさよならするために取り入れたいコト』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』