得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.01.27

もっと知りたい日本の郷土料理ー静岡県ー『静岡おでん』

LINEで送る
Pocket

黒っぽい煮汁に、串に刺さった具が浸かっておいしそうに煮込まれている…
ビールのCMで紹介された事で一躍有名になった御当地料理の静岡おでん。
御当地グルメとしても人気が高まっていますが、どんな特徴があるのでしょうか?

継ぎ足していく出汁とトッピングのパウダーで肉と海の旨味がぎっしり!!

静岡おでんは見た目の特徴として以下のような条件がよく挙げられます。

・出汁が黒い

・タネがほぼ全て串に刺さっている

・仕上げにパウダータイプのトッピングをかける

出汁が黒いというのは濃口しょうゆを使うためで、料理の色を淡く仕上げながら塩味はしっかり付けられる薄口しょうゆや白しょうゆなどと違い、見た目ほど塩辛くはないので出汁の味はマイルド。
お店や家庭で違いはありますが、タネの牛すじを濃口しょうゆで煮込んだ後、かつおだしで煮た他の具に牛すじの煮汁毎加えて味付けされるのでちょうど牛すじ煮のタレで味わいを作っているような感じになります。

ちなみに静岡おでんを作り続けているお店では、この出汁は毎回作るのではなく継ぎ足して使い続けているのだとか。出汁が黒いため、具は鍋から引き上げて確認する必要があります。そのため串刺しになっている、という気もしますが、おでんの発祥の一つとされる「田楽」は豆腐やこんにゃくに串を打ってあぶり、お味噌を付けて食べる料理です。
静岡おでんはお味噌を付ける事もあるため源流となった料理のスタイルが残っているのかもしれませんね。

静岡おでんのもう一つの特徴であるトッピングの正体は「だし粉」と呼ばれる物。必ずかけなければならない、という物ではありませんがイワシ、サバなどの削り節の粉で、好みで青のりとブレンドしてかけていただくのがおいしい、とおすすめされています。

出汁に牛すじから溶け出た脂肪のコクとかつおだしの風味で肉と海の旨味が合わさった所に仕上げにだし粉と青のりが加わる事で味に深い奥行きを出すのが静岡おでんのおいしさの秘密といえるかもしれませんね。

 

「静岡県のおでん」ではない静岡おでん。もうひとつの御当地グルメ食材が演出するうまみ

静岡おでんは、静岡県全般で食べられているものなのでしょうか。
実は「静岡おでん」とは静岡市を中心とした静岡県中部を中心とした地域で作られている御当地料理で、県の西部や東部などではあまり馴染みがない郷土料理のようです。地域によっては複数の県をまたいで食べられている事もある郷土料理ですが、静岡県の場合は東西に長いため、「静岡名物」と呼ばれていてもいくつかの食文化に別れているのだとか。静岡旅行で静岡おでんを食べたいと思ったら、そのエリアに提供しているお店があるかどうか事前にしっかりチェックしておくと安心です。

 

静岡おでんに欠かせない、黒いはんぺん?!


はんぺんという名前の食べ物は多くの地域では白い物が主流ですが、静岡おでんに使われている黒はんぺんはグレー。これは焼津や清水、沼津と言った静岡県の代表的な漁港で水揚げされたイワシやサバを骨ごとすりみにした物が材料となっているためです。黒い色合いは魚の血に含まれるヘモグロビンによる物です。黒はんぺんを食べる地域では白いはんぺんの方が珍しいため、県外に出てから「はんぺんが白い」と驚く事もあるのだとか。

黒はんぺんは青魚の旨味が深い味わいで、おでんに入れるだけでなくそのまま食べたり煮付けにしたりフライにしたり、と地元の人にとっては暮らしの中に溶け込んだおいしい食材なのだそうです。
ご自宅で静岡おでんにトライするために黒はんぺんをお取り寄せされる場合は別の料理も試してみてはいかがでしょうか?

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

 

もっと知りたい日本の郷土料理-山梨県『ほうとう』-

もっと知りたい日本の郷土料理-山梨県『ほうとう』-

もっと知りたい日本の郷土料理-山形県『芋煮』- 

もっと知りたい日本の郷土料理ー秋田県『きりたんぽ鍋』ー

 

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2019.03.27

フライパンで作ろう『なめらか蒸しプリン』

2019.03.24

鶏もも肉1枚で2品!『春野菜活用レシピ』

2019.03.24

旬食材『春の山菜』扱いを知っておいしく食べよう

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.20

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2019.03.16

花粉症がつらい時期。症状を和らげる食べ物ってなんだろう

2019.03.14

冷凍パイシートで簡単!おうちパン屋さん『苺のカスタードデニッシュ』

2019.03.08

旬の春野菜を食べよう『うどの下ごしらえ』

編集部おすすめ記事

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『30 花笑う、山笑う』

2019.03.17

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』