知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2019.01.30

炊き上がりをチェックしよう 『炊飯器の寿命とお手入れのポイント』

LINEで送る
Pocket

炊飯器を毎日ご使用の場合、寿命が来て使えなくなると、大変に不便ですよね。やはり、寿命を迎える前に、新しいものに買い替えておくと何かと安心です。そこで今回は、あらかじめ知っておきたい炊飯器の寿命を知らせるサインと長持ちさせるためのお手入れ方法をご紹介します。

炊飯機の寿命について

炊飯器の寿命については、機種や使用頻度、使い方やお手入れの仕方によって、かなり大きなばらつきがあるようです。3年以内に寿命を迎えてしまう炊飯器もあれば、10年以上問題なく使える炊飯器もあるようです。

ただ、炊飯機の部品の保有期間は、各メーカーによって多少異なりますが、概ね6年が一応の目安となっています。そのため、6年以上使用している炊飯器が、故障した場合、修理したくても部品がないので、修理不可能となり、実質、買い替えが必要となります。

寿命が近づいている兆候について

炊飯器の寿命が近づいている兆候は、炊きたてのごはんの状態で簡単にチェックすることができます。炊きたてのごはんが、以下のような状態の場合、寿命が近づいている兆候です。

おかゆのように炊き上がる

ヒーターが相当に老朽化していて、加熱が十分にできないために起こる現象です。加熱機能が低下しているため、通常よりも出来上がるまで時間がかかる場合もあります。

ごはんが硬めに炊き上がる

炊きたてのごはんを、しゃもじで混ぜたときや、口にしたときに、いつもより硬く感じる場合は、炊飯器の内釜の劣化により、温度センサーの機能が低下している可能性があります。

その結果、お米の芯が残った状態で炊き上がるために、硬く感じます。さらに老朽化が進むと、黒く焦げてしまう場合もあります。

異臭が漂う

炊きあがりのごはんに異臭が漂う場合も、寿命が近づいている証拠です。炊飯器のお手入れを念入りに行えば解消する場合もありますが、解消されない場合は、ほぼ確定的です。

完全に寿命が来てしまうと、お米そのものが炊けなくなります。そうなる前に、寿命を知らせる兆候があらわれたら、速やかに買い替えを検討しましょう。

長持ちさせるためのお手入れ方法

1.本体外側のお手入れ

炊飯器本体の外側は、埃等の汚れがたまりやすいので、なるべくこまめに、汚れを拭き取っておきましょう。フタの部分は、ごはんつぶなどもつきやすいので、念入りに汚れを取り除きましょう。市販の台所用アルコール除菌スプレーを直接スプレーしてティッシュで拭き取る方法が効果的です。

2.内ブタのお手入れ

使用後、毎回、取り外して汚れを取り除いておきます。水洗いした後、水気をよく拭き取る、市販の台所用アルコール除菌スプレーを直接スプレーしてティッシュで拭き取るなどの方法があります。

3.本体内側のお手入れ

使用後、内蓋やフタの接合部などの蒸気で濡れている部分をキッチンペーパーなどで丁寧にふき取っておきましょう。

寿命を延ばすために知っておきたいポイント

内釜でお米を研がない

内釜でお米を研いでもOKな場合もありますが、長持ちさせたいのであれば、やはり、内窯釜でお米を研ぐのを避けた方が賢明です。面倒でも、別の容器で研いでから、内釜に移すようにしましょう。

保温機能はなるべく使わない

保温中は、当然、通電状態なので、その分、どうしても機能全体の劣化が進みます。やむを得ず使用する場合も可能な限り短時間に押さえましょう。

おわりに

炊飯器の寿命を知らせるサインと長持ちさせるためのお手入れ方法をご紹介しました。使用後に毎回、中の水気を拭き取っておく、このひと手間を加えるだけで、お米の美味しさをキープすることができますよ。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

もっと料理が楽しくなる『自分に合ったフライパンの選び方』

もっと料理が楽しくなる『自分に合ったフライパンの選び方』

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』