得するコト得するコト
まめ知識 2019.02.09

元は婚活パーティーだった?バレンタインの今昔

まもなく2月14日、今年もバレンタインデーがやってきます。日本ではバレンタインというとチョコがつきものですが、外国のバレンタインにはあまりチョコレートは贈られないようです。

春を告げる一大イベント「バレンタインデー」の今昔

バレンタインについてはカトリックの司祭であったバレンタイン司祭が、戦争に集中させるために兵士に結婚を禁じた命令に逆らい、密かに結婚させたために死罪にされて殉教したのが謂れになっている…というお話は聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
バレンタイン司祭の時代のキリスト教は迫害の対象であったため、バレンタイン司祭の殉教の後、すぐに今のようなイベントが行われたわけではなく、最初は命日として死を悼むスタイルだったようです。


古代ローマには、春の気配が感じられる頃に豊穣の祭りと合わせて未婚の男女が集まってお見合いする、今で言う婚活パーティーのような祭日がありました。それが後に危険を犯してカップルを結びつけたバレンタイン司祭の逸話と合わさってバレンタインデーとなったそうです。「この日に伴侶を選ぶとうまくいく」というジンクスがあるのだそうですよ。

そのためか、ヨーロッパではバレンタインといえばカップルや夫婦が中心で男性が女性にプレゼントしたりバラの花束を贈る事が定番で、女性から男性に告白する時にチョコを贈る、というスタイルはあまりないのだとか。また、この日に行われる告白は片思いを告げるのではなくプロポーズなのだそうだそうです。海外では女性より男性にとって緊張の一日かもしれませんね。

チョコレートを贈るスタイルが日本の定番になったのは日本のチョコレートメーカーが大掛かりなキャンペーンを行うようになったのがきっかけと言われています。
「女の子から男性にチョコレートを贈って告白する」というイベントは、他の国の人から見ると珍しいらしく、時には海外で「日本のバレンタイン」という特集がニュースになったりもするそうですよ。

女の子同士の「ギャレンタイン」は日本の友チョコと少し違う?

数年前から女の子同士のバレンタインのイベントとして「ギャレンタイン」と呼ばれる物がSNSなどから知られるようになってきました。これは恋人のいない女の子同士でバレンタインに集まって楽しもう、という感じの内容です。元はアメリカのドラマに登場した失恋した女の子を慰めるパーティーだったようです。日本では飲食店などでギャレンタイン向けのプランが作られている事もあり、仲良しで楽しむ新しいイベント…としてこれから定着していくのかもしれませんね。

日本ではギャレンタインが始まる前から女の子の友達同士でチョコレートを贈り合う「友チョコ」もありましたが、節目に進物を贈り合う日本の文化に馴染みやすかったのかもしれません。

かつての義理チョコは「友チョコ」へ

礼儀としての贈答という意味では義理チョコもありますね。昨年度は大手の海外チョコレートブランドが義理チョコについて考えよう、という広告を出して話題になりました。気持ちのこもらない贈答としてのバレンタインではなく「交友のためにバレンタインにチョコレートを贈る」という意味で「友チョコ」が本命チョコ以外でのバレンタインの主流という形になっていけば皆にとって楽しいイベントになるのではないでしょうか。

バレンタイン時期にはこのイベントでしか見られない、かわいいチョコレートもたくさんあります。バレンタインの贈り物の定番がチョコレートなのは日本だけ、と言いましたがチョコレートを贈る風習の始まりはイギリスのお菓子メーカーが19世紀末にかわいらしいバレンタインボックスを発売して、それを欲しがった女性に男性がプレゼントした事から…という説もあります。かわいらしいチョコレートはいつの時代も人気なのですね。

今では手軽にバレンタイン用のきれいなギフトチョコレートが手に入ります。せっかくですから、この時期のちょっとした自分や家族へのご褒美としてバレンタインチョコレートを楽しんでみて下さいね。

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

バレンタインに作ろう『ホワイトチョコサンドクッキー』

バレンタインに作ろう『ホワイトチョコサンドクッキー』

始まりは古代ローマから!?『知っておきたいバレンタインのコト』〜暮らしの歳時記〜

始まりは古代ローマから!?『知っておきたいバレンタインのコト』〜暮らしの歳時記〜

チョコレートをしのばせて『テーブルが華やかになるバレンタインリース』

コメント

人気の記事

2021.09.27

HMでコーンウインナーの『御馳走ちぎりパン』

2021.09.27

女性の味方!『スパイス香るいちじくと麹甘酒のスムージー』

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

編集部おすすめ記事

2021.09.28

混ぜるだけ!『麹甘酒とりんごのラッシー』

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』