得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.02.15

乾燥対策に必要な物は何?お肌が必要としているコト

LINEで送る
Pocket

一年で一番乾燥する季節も終わりを迎えつつありますが、エアコンが必要な時期はもう少し続きます。そんな環境もあって、肌の乾燥が気になりますが皆さんは何か対策をしていますか?
「自分の肌に合った物を探して、こまめに新しいスキンケア用品をチェックしている」という方も多いのですが、どんなに優れた保湿剤であっても、効果がなかなか感じられない事も。
乾燥肌の対策をする前に、まず乾燥肌とはどういう状態か知っておきましょう。

「乾燥肌」とは「水分が足りない」ではなく、「水分が保持できない」状態

健康な肌は適切な量の皮脂のベールで覆われ、十分な水分を抱え込んでハリと弾力が感じられます。これは肌の構造が正常な状態でだからこそ可能な物です。乾燥肌の場合、肌のバリア機能が十分に働いていないため、水分の蒸散を防ぐ事ができません。また、アレルゲンなどの異物の侵入から十分に体を守る事もできません。

いわば、乾燥肌は吹きさらしの場所に置かれた穴のあいたバケツのような物。もし、穴の空いたバケツを使って水を貯めなければならなくなったらどうすればいいでしょう?

保湿剤などを使うとある程度は逃げる水分をカバーする事はできますが根本的な解決にはなりません。というのも、肌は体を外部の刺激から守る働きをし、古くなった細胞(皮膚)を排出する器官としての働きが主で、水分や栄養を吸収する働きはそれほど強くないからです。

肌は一定のサイクルの新陳代謝によって入れ替わります。この事はよく「ターンオーバー」という名前で呼ばれていますね。
肌が多少荒れてしまってもターンオーバーされる事で健康な肌に生まれ変わり、穴の空いたバケツのような状態でなくなります。乾燥肌で悩んでいる場合、つい外側から何か塗るのが手っ取り早い気がしますが、過剰なケアは出口を塗り固めて塞いでしまうような事にもなりかねません。まずはターンオーバーを整える事に注意しましょう。

肌を正常に保つには体を労るのが一番の近道


「肌はゴールデンタイムに睡眠を取る事で作られる」という説があります。この言葉は肌には睡眠が必要である事を示しています。体の細胞は日々の生活の中でダメージを受け、それを眠っている間に補修しますが、生命維持に重要な所が優先されていきます。肌は優先度が低いため、睡眠が足りないとダメージが十分に補修されないまま荒れてしまい、乾燥肌の原因となってしまう事も。肌が気になって時間をかけてケアしたいけれど睡眠時間を削らなければならない…という場合、ケアをシンプルにして睡眠時間を確保する方がおすすめです。普段はゆっくり眠れないという場合、休日に2時間程度のお昼寝で睡眠時間をカバーする方法もあります。

また、肌に不可欠なビタミンCなどの栄養も、脳や内蔵で優先的に使われてしまいます。体調が悪いと関係ないはずの肌まで調子が悪くなるのはこのためでもあります。

「肌は内蔵の鏡」とも言われますが、乾燥がひどい場合は食事でビタミンや繊維質を取る他に水分不足ではないかチェックしてみましょう。

お茶を沢山飲んでいる場合、カフェインのせいで飲んだ以上に水分が出てしまい脱水になっている事も。
特に、トイレの回数が多く、頭痛が出やすい人は経口補水液を少し飲んでみましょう。これで頭痛が軽減された場合は隠れ脱水なのでカフェインの入った物を控えて朝と夜に白湯をコップ一杯程度プラスすると内側からくる乾燥肌に効果が期待できます。

油分はあるのに乾燥するのは角質の調子が悪い

「皮脂量が多くてオイリーなのに、乾燥している」いわゆるインナードライは、皮脂は過剰でも角質が万全ではないので水分が保持できない状態です。この状態はストレスなどでも起きやすいのですが、インナードライになった場合は馬油での洗顔がおすすめです。

洗顔料の代わりにさくらんぼ大の馬油でクレンジングするようにマッサージした後、ふきとり化粧水(普通の物でもOK)で馬油を拭き取ってみましょう。角栓などは落ちますが石鹸のように角質を洗い落とさないので水分の蒸散を防いでくれます。週に数回程度を目安に行ってみて下さい。吹き出物が出やすい肌の人は化粧水で拭き取った後、洗顔料で洗って再度化粧水を付けるなど、お肌の様子に合わせてケアを変えてみてくださいね。

馬油は火傷の薬としても使われていた素材で、肌を保護してくれる効果があります。この方法はお気に入りのスキンケア用品とも組み合わせやすく、おすすめです。

丁寧なケアもお肌にとって大切ですが、体へのダメージが大きいと肌の調子は上向きません。乾燥が気になる時は「ゆっくり休む」をスペシャルケアとして必ず取り入れてみてくださいね。

 

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

地道なケアが一番『かさかさ乾燥指先のケア方法』

地道なケアが一番『かさかさ乾燥指先のケア方法』

乾燥の季節到来!どの加湿器にする?『暮らしに合わせたタイプ別加湿器の選び方』

乾燥の季節到来!どの加湿器にする?『暮らしに合わせたタイプ別加湿器の選び方』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

2019.05.01

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2019.04.29

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『34 愛しきお重ライフ』

2019.04.25

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

2019.04.17

バター不使用!おうちの常備おやつに『ナッツクッキー』

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

編集部おすすめ記事

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.04.14

山菜の種類と食べ方を知っていますか?『春の息吹を味わう山菜』