知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2019.01.29

ごはんの味も違う?『米びつの正しい選び方とお手入れ方法』

LINEで送る
Pocket

米びつの選び方は、お米の味に大きく影響します。選び方を間違えると、お米本来の美味しさを損なうことになりねません。また、米びつのお手入れを怠ると、お米の味だけでなく衛生が心配になります。そこで今回は、米びつの正しい選び方とお手入れ方法をご紹介します。

米びつの正しい選び方その1 お米の消費量に合わせて選ぶ

米びつには、こまめなお手入れが必要です。お手入れは、中のお米を使い切り、新しい米を入れる前に行うのが、タイミングとしてはベストです。

「大は小を兼ねる」とばかりに、米の消費量をはるかに上回るような大容量の米びつを選んでしまうと、なかなかお米の量が減らずに、お手入れできない状態が続いてしまいますし、長く保管している間にどうしてもお米が劣化し、味も落ちて、美味しくなくなります。

そのため、普段消費するお米の量に合わせて、なるべく短期間で使い切れる容量のものを選ぶことが、正しい選び方として外せないポイントになります。

米びつの正しい選び方その2 素材の特徴を把握して選ぶ

米びつの素材には、いくつかの種類があります。それぞれの素材の特徴を把握し、各ご家庭にとって、最適と思えるものを選ぶようにしましょう。

米びつの主な素材とそれぞれの特徴は以下の通りです。

・プラスチック

米びつの素材としては、主流といえる素材です。軽くて持ち運びやすく、お手入れしやすいという点も魅力です。使い勝手のよさや実用性を重視したい場合は、おすすめの素材です。

・ホーロー

遮光性や密閉性、耐久性に優れていて、汚れにくく、ニオイがつきにくいという点が魅力です。見た目もオシャレなものが多いので、出しっ放しにして保管することもできます。

・桐

防虫効果や湿度調節効果が期待できます。古くから、米の保存に重宝されたきた素材です。米びつとしては、かなり優秀ですが、プラスチックに比べると重くて手入れしにくいのが難点といえそうです。

・ガラス

密閉性に極めて優れている点が最大のメリットです。スペースの都合上、お米の保管場所としては、適さないシンク下に保管に最適といえる素材です。

透明なので、お米の残量をチェックしやすく、丸洗い可能な点もメリットといえそうです。

米びつの正しい選び方その3 機能を把握して選ぶ

自動軽量機能がついているものや、キャスター付きで持ち運びがしやすいものなど、機能性に優れている様々なタイプの米びつが豊富に用意されています。

用途や保管場所に合わせて、最適な機能を持つタイプを選ばれるとよいでしょう。

米びつのお手入れ方法

お米の美味しさをキープするためには、なるべく、なるべくこまめなお手入れが必要です。お米を使い切って、空になった、そのタイミングで、新しいお米を入れる前に、中をキレイにお掃除しておきましょう。

お手入れ方法は、米びつの中を水洗いして、十分に乾かした後、米びつ用の防虫剤や、トウガラシ、備長炭などを入れておくたけ、といたった簡単です。水洗いできない米びつの場合は、水に濡らした後固く絞ったふきんで全体を拭いた後、陰干しをしてよく乾燥させおくという方法をお試し願います。

おわりに

米びつの正しい選び方とお手入れ方法についてご紹介しました。美味しいお米がいつでも食べられるように、ご家庭にとって最適な米びつを選んでいただければと思います。もちろんお手入れもお忘れなく!

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

もっと料理が楽しくなる『自分に合ったフライパンの選び方』

もっと料理が楽しくなる『自分に合ったフライパンの選び方』

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』