得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

LINEで送る
Pocket

「三寒四温」は文字通り3日寒い日が続き、少し暖かい日が4日続く気候のサイクルの事を言います。いかにも「もう春が来るんだな」という気候の様子を表しているように思えますが「三寒四温」とは本来冬の気候の様子を表した物です。

これはシベリア高気圧の勢力が7日サイクルで変化するため、それに影響を受けて気温が変化する様子を表した物です。本来、この言葉に該当する地域は中国北東部から朝鮮半島にかけてで、日本は太平洋高気圧が干渉してくるため冬のさなかの時期に「三寒四温」となるのは珍しいのだそうです。また、この言葉の歴史は意外に浅く、第二次大戦前は一般的ではなかったようです。

そのためか、日本では季節の変わり目である2月から3月頃の春先の気候を指す言葉として変化してしまっているのだとか。本来の中国や韓国で使われていた意味からすると春に使うのは誤用であったとしても、日本の春先の気温の変化を表すにはぴったりですね。

気温の変動が激しい時期。コーデの素材で体に負担をかけずにおしゃれを楽しもう。

2月も終わり、3月を迎える頃になるとそろそろ春物を身に着けたいと思う事もありますね。ですが三寒四温の言葉通り、昨日まではいったん暖かくなっていたのにまたぐっと冷え込む、というのを繰り返す時期でもあります。

寒い日に薄着をすると体に負担がかかってしまいます。体を冷やす事で免疫が弱ってしまいこの時期のお悩みである花粉症の悪化にも繋がりますのでもう少し防寒対策のアイテムに活躍してもらわなければならない時期でもあります。
でも、冷えるからとしっかりした防寒対策のコーデでは重く見えたり、朝は冷えていたのに日中は気温が上がったりすると調節が難しいので悩んでしまいますね。

この時期は真冬より一段階控えめな防寒アイテムを活用してみましょう。
ヒートテックなどのハイテクインナーは一枚で暖かいので厚着したくない時の防寒対策にピッタリですが、少し暖かくなると暖房が効いた場所では暖かくなりすぎる事もあります。
そんな場合、バレエネックなどの開きが広いインナーや七分袖や半袖など、ハイテクインナーの面積を真冬より少ない物に交換する方法がおすすめです。襟の詰まった真冬用のハイテクインナーは熱が逃げにくいシルエットになっているので襟ぐりが開いた物などにする事で保温する面積を少し減らして調節するわけです。

また、暖かい日にすこしネックが広く開いたおしゃれを楽しみたい、という場合は春素材のマフラーやストールを用意しておきましょう。綿や麻でなくても、薄くて淡い色の物であれば重苦しさを感じさせず朝夕の冷えから体を守ってくれます。

タイツを愛用している人は真っ黒ではなくチャコールグレーやブラキッシュベリーのようなニュアンスのある黒の物や、明るめの色にチャレンジしてみても。ほん少しの色の違いですが足元がおしゃれに見えます。ちなみに最高気温が16度を越えない場合、保温力で判断するとストッキングよりタイツの方が良いそうです。

着るものに迷ったら「服装指数」などを参考にしてみよう

この時期は翌日の天気以上に最高気温と最低気温が気になるものですね。アウターもダウンでは過剰だけど春のコートでは寒そう…と悩んだりします。日本気象協会では洗濯物の乾き具合を示す「選択指数」のように、「服装指数」と言って、着るものの目安の予想も発表しています。あくまで目安ですが、明日はどんな天気かイメージしやすいのでぜひチェックしてみて下さい。また、「服装 気温 アプリ」で検索すると住んでいる場所の服装の目安がわかるアプリも見つかりますので利用してみてはいかがでしょうか?

寒い日と暖かい日を繰り返しながら春が近づいて来ます。服装に注意して、季節の変わり目を上手に乗り切ってくださいね。

 

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

一年でいちばん過酷な冬を乗り切る『漢方養生の知恵』

一年でいちばん過酷な冬を乗り切る『漢方養生の知恵』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』