得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.02.25

日本の暮らしの言葉 『春一番』思いがけない事故にも注意したい頃

LINEで送る
Pocket

2019年は2月19日に九州、四国などで「春一番」が観測されました。
この時期、ニュースの天気予報のコーナーなどで紹介される「春一番」ですが、立春以後、最初に南から吹いた暖かい強風の事を言います。

春一番と呼ばれる風にはいくつか条件があります。

・立春から春分の間に吹く物

・南側の高気圧から日本海の低気圧に向かって吹く

・10分間平均で風速8m/s以上

ちなみに春一番が吹いた日は前日より暖かくなるのですが、翌日は気温が下がって「寒の戻り」と言われる事が多いのだそうです。

「春一番」という、季節の変化を歌詞に織り込んだ昭和のヒットソングがあります。そのせいか、「春一番」という言葉は冬から春への季節の変化を示す明るいイメージがないでしょうか?
実はこの言葉が一般的になったのは1950年代頃からで比較的新しい言葉といえます。
元々漁師さんが使っていた言葉で、最初に春一番と呼ばれたのは1859年、長崎の五島列島沖に出漁した郷ノ浦町の漁船が春の初めの強い南風のせいで遭難してしまい、53人もの犠牲者を出す海難事故が起きた時の風という説が有力です。

春の突風については経験から知られており「春一」と呼ばれていたのが「春一番」と変化して警戒の対象となった物がマスコミで使われるようになって広く知られるようになったのだとか。春一番は年によっては観測されてない事もあります。また、北日本や沖縄は地理的条件などから春一番はみられないそうです。

「春の風物詩」ではなく、注意したい春二番、春三番の頃。

春一番が吹く時期は強風に注意が必要です。「春一番」の後も条件が揃えば同じような風が吹き、「春二番」「春三番」と言われます。

言葉が生まれたきっかけが海難事故だからというわけではないのですが、実際に海が荒れて時化やすくなるので海釣りなどのレジャーが好きな方はこの時期はお出かけ前に風向きをしっかりチェックする必要があります。

また、まだ春スキーや春スノボが楽しめる時期ですが春一番が吹く日は気温がぐっと上がるため、雪崩や融雪洪水が起きる事もあります。
空気も乾燥しているので火災が発生しやすくなるなど、気づきにくいけれど災害リスクが高い時期でもあるのです。

1978年2月28日に東京で吹いた春一番は竜巻を引き起こし、現・東京メトロ東西線で起きた事故の原因となったとも言われています。春の嵐は台風より広範囲で強い風が吹くので鉢植えに日向ぼっこさせたいと思って外に出すと吹き飛ばされて壊れたり、落ちたりする事もありますので背の高い鉢は壁際に寄せたり屋内に入れたりしてあげましょう。

もっと身近な所では自転車の運転も危険です。この時期、お天気がよくても転倒しないよう風が強い時は自転車の運転は控えたい物。大人は自分でも判断できるかもしれませんが、お子さん達が外遊びに自転車で出かける時は安全かどうか、周囲の大人が確認してあげて欲しいものです。

駐輪していた自転車が倒れてしまう事も。もし倒れた後で走りにくいと感じた場合、車輪が左右のいずれかに歪んでいる事もありますので自転車屋さんで整備してもらいましょう。

呼吸器にとっては災難の時期?花粉、黄砂、PM2.5…マスクの用意を忘れずに

春一番は暖かい空気だけでなくやっかいな物も運んできます。過去の統計からの春一番が花粉の大量飛散の原因となる事が多いようです。また、黄砂やPM2.5のような大陸からの有害物質が多く飛来するためアレルギーなどの症状が出たりぜんそくなど呼吸器のトラブルを抱えている人の症状が悪化したりする事も少なくありません。外に出る時にマスクを付ける他、換気も朝早い時間に短時間で済ませるなど注意が必要です。

春一番が吹いてもすぐに暖かくなる、とはいかないようです。逆に寒の戻りがありますので温度差による咳など、体に負担がかかる条件が揃いがちです。
天気予報をこまめにチェックして安全に過ごせるようどうぞご注意下さい。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

春の気配を体感できる頃合い「雨水」。春の雨の対策を。

春の気配を体感できる頃合い「雨水」。春の雨の対策を。

日本の春を黄色で彩る『菜の花のお話』〜如月の暮らし〜

日本の春を黄色で彩る『菜の花のお話』〜如月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉 『三寒四温』突風がもたらす危険にご注意を

日本の暮らしの言葉 『三寒四温』突風がもたらす危険にご注意を

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』