得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.03.02

元は厄除けだったひな祭り『「白酒」ってどんなお酒?』

LINEで送る
Pocket

3月3日は女の子の成長を願ってお祝いするひな祭りです。今では子供のための行事というイメージが強いのですが、元々は「五節句」と呼ばれる物の一つで、一年の中の節目として大切な行事の一つという位置づけでした。

本来は「厄除け」の意味が強かった「桃の節句」

五節句は人日(じんじつ)(正月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)、端午(たんご)(5月5日)、七夕(しちせき)(7月7日)、重陽(ちょうよう)(9月9日)と奇数が重なる日に行われる節句です。奇数は「陽」の数字なのでそれが2つ重なる事で「陰」に転じるとしてその季節に旬を迎える植物から生命力をもらって厄を払う行事でした。

人日は七草、上巳は桃、端午は菖蒲、七夕は笹、重陽は菊というようにそれぞれの行事ごとにシンボルともいえる植物が設定されていますね。ひな祭りの事を「桃の節句」と呼ぶのはここから来ています。
また、五節句で3月3日の物を上巳と呼ぶ理由ですが、節句の日取りを奇数の重なりにする以前は三月の最初の「巳」の日に行われていたからだそうです。3月最初の巳の日は邪気が高まる日として警戒し、厄払いを行っていたのだとか。

現在では「ひな祭り」と呼ばれるように夫婦のシンボルである男女一対となった「おひな様」を飾りますが、上巳の節句で使われていた人形は今のように鑑賞して楽しむ物ではなく、厄を背負って身代わりになってくれる「人形(ひとがた)」でした。
地域によっては今も「流し雛」が行われていますがあれが本来のひな祭りに使われていた人形の原型です。

それがやがて赤ちゃんや子供の枕元に置いて厄を吸い取る天児(あまがつ)や這子(ほうこ)という、残しておく人形に変わっていきます。室町時代頃からは白酒やお餅を食べる祝の行事に変化し、文化が発展した江戸時代になると女の子がきれいなお人形を飾って楽しむという今のようなお祝いへと変化します。
ちなみにひな人形のひなは「雛」の字を当てますが「小さい人形」という意味があります。

ひな祭りの歌にも登場する「白酒」ってどんなお酒?

「うれしいひな祭り」の歌詞に右大臣が白酒を飲んで酔う様子が歌われています。最近ではあまり馴染みのない名前のお酒ですが、白酒とはどんなお酒でしょうか。

現在ではひな祭り関連の行事では麹を発酵させた物や酒粕を溶いて甘みを付けた「甘酒」が使われている所もあるのですが、本当の白酒とは、アルコール分を含むリキュールの一種です。白酒の原型は「練酒」というもち米で作った「もろみ」をつぶしたペースト状の物といわれています。
上巳の節句で厄払いとし使われていた桃の花を浸した酒がこれに変わり、やがてもち米とみりんと合わせた物、またはもち米に焼酎と麹を入れて仕込んだ物を臼でひき潰した物へと変化します。

白酒は濁っているのが特徴ですが、古い名前では「山川酒」とも呼ばれていたそうです。理由は、瀬を流れる山の川は巻き上がった川底の土などで白く濁っているからなのだとか。昔の人のネーミングセンスは由来を知るとなるほど、と感心する物が多いですね。

それが江戸時代には特に人気となり、女性も厄除けとして白酒を楽しんでいたようですよ。現代では甘酒の他、子供向けには乳酸菌飲料などが白酒の代用になっていますが、発酵した飲み物を使うという意味では歴史を踏襲しているようで面白いですね。

現在は新暦を使っているため、3月3日頃には桃が咲いていない地域も多いですが、旧暦だと桃が咲いている時期に3月3日が来ます。生命力にあふれた満開の花のパワーを感じられ、本来の節句の意味がよくわかる気がしますね。地域によっては旧暦でお祝いするので4月3日までおひな様を飾る所もあるそうです。

もしおひな様を出し遅れてしまった…という時は旧暦でのお祝いに切り替えて春の息吹を感じるタイミングでひな祭りをしてもいいかもしれませんね。
あなたらしいひな祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

保存食のある暮らし~ひな祭りに手作り甘酒、魔法瓶で意外と簡単!! 『基本の甘酒といちごと甘酒のパンナコッタ』

保存食のある暮らし~ひな祭りに手作り甘酒、魔法瓶で意外と簡単!! 『基本の甘酒といちごと甘酒のパンナコッタ』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』