得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.03.02

元は厄除けだったひな祭り『「白酒」ってどんなお酒?』

LINEで送る
Pocket

3月3日は女の子の成長を願ってお祝いするひな祭りです。今では子供のための行事というイメージが強いのですが、元々は「五節句」と呼ばれる物の一つで、一年の中の節目として大切な行事の一つという位置づけでした。

本来は「厄除け」の意味が強かった「桃の節句」

五節句は人日(じんじつ)(正月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)、端午(たんご)(5月5日)、七夕(しちせき)(7月7日)、重陽(ちょうよう)(9月9日)と奇数が重なる日に行われる節句です。奇数は「陽」の数字なのでそれが2つ重なる事で「陰」に転じるとしてその季節に旬を迎える植物から生命力をもらって厄を払う行事でした。

人日は七草、上巳は桃、端午は菖蒲、七夕は笹、重陽は菊というようにそれぞれの行事ごとにシンボルともいえる植物が設定されていますね。ひな祭りの事を「桃の節句」と呼ぶのはここから来ています。
また、五節句で3月3日の物を上巳と呼ぶ理由ですが、節句の日取りを奇数の重なりにする以前は三月の最初の「巳」の日に行われていたからだそうです。3月最初の巳の日は邪気が高まる日として警戒し、厄払いを行っていたのだとか。

現在では「ひな祭り」と呼ばれるように夫婦のシンボルである男女一対となった「おひな様」を飾りますが、上巳の節句で使われていた人形は今のように鑑賞して楽しむ物ではなく、厄を背負って身代わりになってくれる「人形(ひとがた)」でした。
地域によっては今も「流し雛」が行われていますがあれが本来のひな祭りに使われていた人形の原型です。

それがやがて赤ちゃんや子供の枕元に置いて厄を吸い取る天児(あまがつ)や這子(ほうこ)という、残しておく人形に変わっていきます。室町時代頃からは白酒やお餅を食べる祝の行事に変化し、文化が発展した江戸時代になると女の子がきれいなお人形を飾って楽しむという今のようなお祝いへと変化します。
ちなみにひな人形のひなは「雛」の字を当てますが「小さい人形」という意味があります。

ひな祭りの歌にも登場する「白酒」ってどんなお酒?

「うれしいひな祭り」の歌詞に右大臣が白酒を飲んで酔う様子が歌われています。最近ではあまり馴染みのない名前のお酒ですが、白酒とはどんなお酒でしょうか。

現在ではひな祭り関連の行事では麹を発酵させた物や酒粕を溶いて甘みを付けた「甘酒」が使われている所もあるのですが、本当の白酒とは、アルコール分を含むリキュールの一種です。白酒の原型は「練酒」というもち米で作った「もろみ」をつぶしたペースト状の物といわれています。
上巳の節句で厄払いとし使われていた桃の花を浸した酒がこれに変わり、やがてもち米とみりんと合わせた物、またはもち米に焼酎と麹を入れて仕込んだ物を臼でひき潰した物へと変化します。

白酒は濁っているのが特徴ですが、古い名前では「山川酒」とも呼ばれていたそうです。理由は、瀬を流れる山の川は巻き上がった川底の土などで白く濁っているからなのだとか。昔の人のネーミングセンスは由来を知るとなるほど、と感心する物が多いですね。

それが江戸時代には特に人気となり、女性も厄除けとして白酒を楽しんでいたようですよ。現代では甘酒の他、子供向けには乳酸菌飲料などが白酒の代用になっていますが、発酵した飲み物を使うという意味では歴史を踏襲しているようで面白いですね。

現在は新暦を使っているため、3月3日頃には桃が咲いていない地域も多いですが、旧暦だと桃が咲いている時期に3月3日が来ます。生命力にあふれた満開の花のパワーを感じられ、本来の節句の意味がよくわかる気がしますね。地域によっては旧暦でお祝いするので4月3日までおひな様を飾る所もあるそうです。

もしおひな様を出し遅れてしまった…という時は旧暦でのお祝いに切り替えて春の息吹を感じるタイミングでひな祭りをしてもいいかもしれませんね。
あなたらしいひな祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

保存食のある暮らし~ひな祭りに手作り甘酒、魔法瓶で意外と簡単!! 『基本の甘酒といちごと甘酒のパンナコッタ』

保存食のある暮らし~ひな祭りに手作り甘酒、魔法瓶で意外と簡単!! 『基本の甘酒といちごと甘酒のパンナコッタ』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2019.07.25

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』