得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.03.16

花粉症がつらい時期。症状を和らげる食べ物ってなんだろう

LINEで送る
Pocket

毎年のように「今年の花粉は去年の◯倍」といったように、花粉の飛散の多さが報道されています。「去年までは平気だったのに今年になってから花粉症になったかもしれない…」「今年はいつもの年より症状がひどい」と言った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この時期の花粉症は主にスギやヒノキの花粉が原因となるアレルギーの症状です。特に花粉の飛散がひどいと思われる時期だと、お医者様に「処方した物で効果が薄いようなら相談して下さい」と言われる事もしばしば。症状に合うよう、相談するのも必要な事ですが、食生活に注意する事で花粉症の症状が和らぐ事があります。

 

花粉症の対策で大事なのは腸内環境。発酵食品を試してみよう。

花粉症にはヨーグルト、味噌、キムチ、納豆など発酵食品が良いとされています。ではどうして花粉症には発酵食品が良いのでしょうか?

実は花粉はタンパク質の仲間です。腸の中の状態が良いと、食べた物や体に入った物をきちんと消化できるのですがバランスの悪い食事やストレスなどで腸内の状態が良くないと、お肉などで消化不良を起こしてしまいがちになります。その状態で花粉が体の中に入って来た時に自分の体と異なるタンパク質である花粉に過敏に反応して花粉症の症状が出やすくなるのだそうです。
体内の免疫細胞の多くは腸内で作られる事もあり、こまめに発酵食品を取って腸内の善玉菌の働きを助けると花粉症の不快な症状を抑えてくれるのです。

ただ、注意点としては体質によって発酵食品との相性があり、他の人が「調子がよくなった」という物でもあまり効かない…という事もあります。ヨーグルトのメーカーを替えてみたりお漬物の種類を色々試すなど、自分に合った物を探して見てくださいね。

 

花粉症の季節にオススメの食べ物とは?

意外な物ではチョコレートも花粉症に効くと言われる事があります。これはチョコレートに含まれるポリフェノールがアレルギー反応を和らげるのだとか。ですが、チョコレートならなんでも良いわけでなくカカオの比率の高い苦目の物がよいのだそうです。ただしカカオの比率が高い物でも脂質を多く含むので体質に合わない人に効果が出ない事もあります。試してみて効かない場合は別の食品を試して見て下さい。

また、花粉症の軽減に効果があるとされる物は一度食べればそれで良いという事ではなく継続的に摂取が必要です。発酵食品を継続的に食べているのに調子があまり良くない、という場合は脂質の多い肉類を食べすぎていないかもチェックして見て下さい。

お肉が良くないと言われる一方でサバやイワシなどの青魚は花粉症に良いとされています。これはDHAなどを含む青魚の脂質にはアレルギーの症状を和らげる効果があるといわれているからです。

ムズムズする鼻をすっきりさせるお茶やハーブにも色々な種類があります。カモミール、甜茶、ルイボスティー、グァバ茶などがありますが、特に効果があるとされるのはしそです。青じそでも効果がありますが、赤じその方が効果が高いそうです。しそが花粉症に効く理由ですが、青魚と同じアレルギーを抑える成分が含まれているからなのだそうです。花粉症に限らずアレルギー性鼻炎にも効果があるそうなのでこれからガーデングを始める時は一鉢植えて、余った葉を乾燥・冷凍して保存するのもおすすめです。

普段の飲み物に手を加えるならクローブやシナモンを使ったスパイスティーもおすすめです。ホールのスパイスを煮出して飲む方法もありますが、紅茶にパウダーを振って飲むのが手軽でおすすめです。

花粉症は桜前線と共にすこしずつ和らいでいくそうです。辛いシーズンですが工夫で少しでも楽に過ごせるといいですね。

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

早めの予防が大切。知っておきたい花粉症対策

早めの予防が大切。知っておきたい花粉症対策

つらい花粉症もやさしい気分で乗り切ろう!乳製品不使用『三年番茶ラテ』

つらい花粉症もやさしい気分で乗り切ろう!乳製品不使用『三年番茶ラテ』

植物のチカラで和らげよう『花粉症や鼻づまりのためのアロマオイルの使い方』

植物のチカラで和らげよう『花粉症や鼻づまりのためのアロマオイルの使い方』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』