得するコト得するコト
まめ知識 2020.04.26

旬食材『春の山菜』扱いを知っておいしく食べよう

春先になると山菜が出回るようになります。この時期は体が苦味を欲しがるのか、山菜を食べると体にエネルギーが染み渡るような気がしますね。

実は「山菜」ではない?流通している山菜のあれこれ

山菜と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。
わらび、ぜんまい、ウド、タラの芽、コシアブラなど、春の草や木の芽のような物をイメージされるでしょうか。

「山菜」という言葉本来の意味を説明すると「山草の中で食用となる物」の事です。山菜の対義語は「野菜」のように思えますが「野菜」も元は「野草で食用になる物」を指します。では普段私達が食べているのは何かと言うと「蔬菜(そさい)」という分類になります。元々は、「野菜」が自然採取した物で「蔬菜」は栽培した物、という風に使い分けがされていたようですが現在では野菜という言葉と蔬菜がほぼ同義となっています。

この言葉の意味を踏まえるとスーパーなどで出回っている「山菜」は山から採られた物ではなく、栽培された「蔬菜」に当たる物が多くあります。食べる分には「蔬菜」となっている物でも問題はないのですが、山に自生している物を採取してすぐに食べていた人にとっては味わいが若干違う、と感じる事もあるようです。

山菜の場合、こういった風味の違いの大きな原因となるのが香りの強さとアクの量です。山菜は収穫した時からどんどん香りが飛び、アクが強くなって行きます。そのため、山菜をおいしく食べるには時間が勝負になって来ます。

水にさらす?重曹につける?アクの強弱で変わる山菜の下ごしらえ

手軽に食べられる山菜はアクがきつくない物です。たらの芽、ウドの葉、ふき、こごみ、ふきのとう、コシアブラなどは比較的アクが少ない山菜です。
これらはガクや根本の汚れを取って水にしばらく晒す事で下ごしらえが完了します。(ウドの茎の部分は酢水に晒します。また、ふきはゆでてから水に晒す方法もあります)

わらびはこれらと異なり、重曹を使ったしっかりとしたアク抜きが必要になります。
わらびは重曹をふりかけて更に熱湯を注いで一晩置いてアクを抜きます。ぜんまいもアク抜きが必要ですが多く出回っている水煮は既にアク抜きされています。

下ごしらえの後で和え物やサラダ、パスタなどに使われる事が多いのですか、最も手軽な方法は天ぷらやフライなどの揚げ物にする事です。油がアクの苦味を押さえてくれるので苦味が苦手な人は少し長めに揚げるとおいしく食べられます。意外な所ではゆでた物にマヨネーズを使っても味がまろやかになります。

アクの正体はアルカロイド。手についた時は酢水で

山菜の苦味の正体は「アルカロイド」と呼ばれる成分です。少量であればストレス解消や疲労回復に効果が期待できるとされています。ですが、多量に摂取すると下痢や嘔吐の原因になるほか、苦味の元となって食べられないのでアクが強い物はアク抜きが必要になってくるのです。炒め物や揚げ物など油と一緒に高温で加熱するとアクも飛びますがさっとゆでておひたし、という場合などは下処理をきちんとして食べすぎないようにご注意を。
また、アク抜き作業のために山菜に触れていると手がアクで真っ黒になってしまう事があります。これは予め手袋をはめておくのが一番なのですが素手で作業しないとやりにくい場合、山菜をさっとゆでてから筋取りなどをする方法がおすすめです。特に生のふきは手が黒くなりやすいので先にさっとゆでるのがおすすめです。素手で作業して手が黒くなった場合、クエン酸でアクのアルカリ汚れを中和する事で落ちやすくなります。お掃除用のクエン酸を溶かした物、食用酢やレモンの皮などで手をこすってみましょう。手に傷がある場合、刺激となって染みますので無理はせずそのまま数日生活すれば自然と落ちてきます。

自然の恵みを感じる事ができる山菜は春のご馳走です。意外に洋食レシピにも合う素材なので手に入ればぜひ味わってみて下さいね。

 

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

ほろ苦さに春の足音を感じる『ふきのとうのお話』〜睦月の暮らし〜

ほろ苦さに春の足音を感じる『ふきのとうのお話』〜睦月の暮らし〜

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

日本の春を食べて楽しむ『春に芽を出す様々な野草と山菜たち』

日本の春を食べて楽しむ『春に芽を出す様々な野草と山菜たち』

コメント

人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

2021.01.05

【七十二侯のコト】第六十七候「芹乃栄」

2021.01.03

暮らしの歳時記を知るコト『鏡開き』

2020.12.31

【七十二侯のコト】第六十六候「虹蔵不見」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』