知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

エッセイ・コラム 2019.03.30

akari’s life style 『第3話 春に』

LINEで送る
Pocket

春に    谷川 俊太郎

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地から足の裏を伝わって
この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
ぼくの腹へ胸へそしてのどへ
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

枝の先のふくらんだ
新芽が心をつつく
喜びだしかし悲しみでもある
苛立ちだしかも安らぎがある
憧れだそして怒りが隠れている
心のダムに堰き止められ
よどみ渦巻きせめぎ合い
今あふれようとする

この気持ちは何だろう
この気持ちは何だろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのない全ての人と
会ってみたい話してみたい
明日と明後日が一度に来るといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩き続きたい
そのくせじっとしていたい
この草の上でじっとしていたい
声にならない叫びとなってこみ上げる
この気持ちは何だろう

 
私は春の匂いを感じ取ることができます。
“冬から春へ”季節が変わる瞬間です。
皆さんもそんな感覚、多かれ少なかれあると思います。
春の匂いとは具体的に何の匂いなのか?と聞かれると説明するのは難しいのですが
ある日外に出た瞬間 あ、空気が変わった とふと実感するのです。
そしてそんな時に歌いたくなるのがこの曲。
中学生の頃 合唱コンクールで他クラスが歌っていた
谷川俊太郎さん作詞の「春に」です。
初めて聞いた時、なんて綺麗な曲なんだと感動した事を覚えています。そして、無知な中学生なりにこの曲の意味を考え 解釈をし、いつの間にか20年。
20年前に習ったこの曲を、春がくる度に20年間歌い続けているのです。

“この気持ちは何だろう”
春の訪れを感じて心が躍ります。
上着を脱いで身軽に外に出られる嬉しさ。
冬の間引きこもっていた殻を破って外に出たい、何か新しい事を始めたい、
このワクワクする気持ちは何だろう。

“目に見えないエネルギーの流れが 大地から足の裏を伝わって”
植物が発芽するパワーを足元から感じる。今なら何でもできそうな気がする。

“枝の先の膨らんだ新芽が心をつつく 喜びだしかし悲しみでもある
苛立ちだしかも安らぎがある 憧れだそして怒りが隠れている“
小学校高学年~中学校で習うという事は、思春期の敏感で移ろいやすい感情の変化を表しているのでしょうか。
しかし三十過ぎた今でも、この詞に妙に納得してしまうのです。
新たな年度への期待、願望、希望。時々顔を出す不安、寂しさ、怒り、得体の知れないもどかしさ。
心の良い状態と悪い状態が混ざり合っている、春特有の感情なのかも知れません。

“あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのない全ての人と
会ってみたい話してみたい
明日と明後日が一度に来るといい“
そんな事実際には出来ないけれど。でも今はなんだってできる気がする。
春の空気は、希望に満ちた匂いがするから。
時間が足りない、明日も、明後日も、今来てしまえばいいのに。
そうすればもっと この温かさを感じていられるのに。

“声にならない叫びとなってこみ上げる 
この気持ちは何だろう“

ソプラノの高音のおかげもあって全体的に優しい印象を受ける曲です。
春の温かさが感じ取れます。
しかしその中に男声の力強さも加わって、
ただ温かいだけではない、感情の変化も汲み取れる一曲です。

第一話、第二話共に食べ物をテーマに据えてお話してきたので、
第三話も食べ物を…とも考えましたが、
このお話は朝 洗濯物を干す為にベランダに出た時にふと感じるものなので、食べ物と無理やり結びつけるのは止めました。

つい先日、この曲を歌ってたくさんの思いを巡らせました。
と言っても難しく考えるのではなく、
これから○○をしたい、○○をやってみたい
というちょっとした希望ばかり。
でも希望を持つって、大切な事ですよね。自分が成長する第一歩な訳ですから。
皆さんも明日外に出て、一つ目標を立ててみてはいかがでしょう。
そうすれば来年の春は、さらに大きな自分になれているはずです。

さて、カメラを持ってお花見に行ってきます。
“春に”を歌いながら。
子供達にもこの歌を教えてあげよう。

 
エッセイ 執筆/ akari

1プロフィール
5歳、2歳 兄妹の母。浦和「kurasu_life料理教室」主宰。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。中国在住経験がある為、中国料理・アジアン料理も好きです。Instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。

instagram

 

その他のおすすめ記事

akari’s life style『第1話 山型食パン』

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

akari’s life style 『第2話 イーストドーナツ』

akari’s life style 『第2話 イーストドーナツ』

行楽弁当のデザートに!『濃厚杏仁豆腐』

行楽弁当のデザートに!『濃厚杏仁豆腐』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2019.07.25

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』