得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.03.28

季節の草花『桃のコト』 厄除けと長寿のシンボルの花

LINEで送る
Pocket

3月は桃の節句と言いますが、上旬のひな祭りの頃はまだ開花時期には少し早くつぼみの状態でひな祭りを迎える地域の方が多いかもしれません。屋外で栽培されている桃の花が開花するのは早くて3月下旬ごろから4月の上旬にかけて。 地域や品種によっては桜が散り始めた頃に満開を迎える事もあるようです。

 

中国からもたらされた桃の力のイメージ

日本人と桃の付き合いは古く、弥生時代頃には野生の桃があった痕跡が見つかっています。
桃の原産地は中国で、そちらでは色々と伝説に重要なアイテムとして登場しています。
中国で古くから信仰されている西王母という女神は桃を食べて不老不死になったとされていますし、理想郷の名前が「桃源郷」となっている事からも、桃というモチーフに対するイメージに「長寿」が深く結びついている事が伺えます。

日本でも桃には魔除けの力があるとされていますが、これは中国から入ってきた文化の影響が大きいとされています。古事記では死んでしまった妻のイザナミを追って黄泉の国を訪れたイザナギが妻の約束を破って見てはならない物を見てしまったために黄泉の鬼に追われる事になってしまいます。その時、桃を投げつけた事で鬼を追い払う事に成功します。この時、桃は「オオカムヅミ命」という神様の名前をもらい、生者の世界で生きている人が苦しんでいる時に助けてやって欲しい、と命じられたとされています。
日本書紀でも同様に桃によって鬼から逃れた事で日本は古くから桃には鬼を退ける力があると考えられていたようです。

 

厄除けのために桃が使われた事でお節句の花にも

奈良県の纒向(まきむく)遺跡では古墳時代頃と思われる出土品として多量の桃の種が見つかっており、桃に対する信仰が古い時代の日本に根づいていた事が伺えます。平安時代には節分で鬼を追い払うために桃の枝で作った弓や杖が用いられていました。また、お正月の卯の日に飾って魔除けとした「卯槌(うづち)」という五色の糸を使った飾り物の土台にも桃の木が用いられ、桃の木の魔除けパワーをお守りとしていました。

桃が魔除けと聞いてもピンと来ない人でも「桃太郎」のお話を思い出せば昔の日本人の桃に対するイメージが理解できるかもしれませんね。おとぎ話の原型では川から流れて来た桃から桃太郎が出てきたのではなく、子供が授からなかった老夫婦が川から拾った桃を食べた事で若返って子供を授かり、その子供が鬼退治に行く、というあらすじになっています。

中国由来の桃は不老長寿の霊薬というイメージと、桃は鬼を払う効果があるという信仰が合わさって生まれた物語、という風に読むと馴染みのある昔話が持っている深い意味を味わう事ができるかもしれません。
桃の厄払いパワーは木や果実だけでなく、花にもあると考えられていたようで、ひな祭りが桃の節句と呼ばれる理由には節句の季節に咲く花であっただけでなく、お酒に桃の花を浸した物が厄払いになるとされていた事にもちなむそうです。

 

フルーツとしては意外に歴史が浅い桃。葉は薬用に。


桃は花を楽しむ品種と果実を楽しむ品種が異なります。桃の果実は平安時代頃から食べられていたようですが、あまりおいしい品種ではなかったようで、観賞用や薬用としての栽培が主だったようです。明治時代以降に甘くておいしい水蜜桃が栽培されるようになり、人気を博して今に至ります。

桃が薬用として珍重されたのは果実よりむしろ葉の方で、現在でも桃の葉のエキスが配合されたローションなどが市販されていますね。葉を乾燥させた物は収れん効果があり、あせもや湿疹などの夏の肌トラブルに効果があるとして民間療法として広く使われていました。使い方は簡単で、乾燥させた桃の葉を10分ほど煮出した物をお風呂に入れるだけです。
花の時期が終わっても暮らしに役に立つ植物だった桃は暮らしに寄り添ってくれる存在だったのもかもしれませんね。

 

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

季節の草花『梅のコト』春に先駆けて咲く「花の兄」

季節の草花『梅のコト』春に先駆けて咲く「花の兄」

2月の誕生花『梅のコト』〜如月の暮らし〜

2月の誕生花『梅のコト』〜如月の暮らし〜

日本の春を黄色で彩る『菜の花のお話』〜如月の暮らし〜

日本の春を黄色で彩る『菜の花のお話』〜如月の暮らし〜

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2019.03.27

フライパンで作ろう『なめらか蒸しプリン』

2019.03.24

鶏もも肉1枚で2品!『春野菜活用レシピ』

2019.03.24

旬食材『春の山菜』扱いを知っておいしく食べよう

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.20

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2019.03.16

花粉症がつらい時期。症状を和らげる食べ物ってなんだろう

2019.03.14

冷凍パイシートで簡単!おうちパン屋さん『苺のカスタードデニッシュ』

2019.03.08

旬の春野菜を食べよう『うどの下ごしらえ』

編集部おすすめ記事

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『30 花笑う、山笑う』

2019.03.17

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』