作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.12.04

肌のカサつきが気になるときに『梨と蕪のスイート美肌サラダ』

LINEで送る
Pocket

空気が乾燥しはじめて肌のカサつきも気になる季節。
トラブルが気になっている方も多いのではないかと思いますが、そんな悩みを解決してくれる成分が勢揃いしている優秀な果物。それは「梨」。

nashi_re

梨の美容成分と効果

カリウム・・・余分な塩分を排出してむくみを摂る
果糖・・・・・お肌をサビさせる糖化を予防
タンパク質分解酵素「フィシン」・・・消化を促進
アスパラギン酸・・・疲労回復・むくみ解消
ペントザン・・・美腸効果・脂肪を分解

この時期の肌悩みを解決するためにはピッタリなフルーツなのですが、生のままたくさん食べると冷えの原因になるので食べすぎには注意してくださいね。
そこで今回は梨をたっぷり食べながら、美肌をつくるレシピをご紹介いたします。

bihada_re

『梨と蕪のスイート美肌サラダ』材料

梨    70g(1/4個)
蕪    70g(1/2個)
蕪の葉  1本
自然塩  適量

『梨と蕪のスイート美肌サラダ』作り方

1.蕪は厚さ2mmの薄切りにし、ボウルに入れ塩をまぶす。
2.同じ大きさのボウルに水を張り、(1)のボウルにのせる。
3.水が出てきたら手でしぼり、小口切りにした蕪の葉と厚さ2mmに切った梨を加え、混ぜ合わせる。

『梨と蕪のスイート美肌サラダ』ポイント

シンプルなこのお料理の味の決め手はお塩。今回使ったお塩は「沖縄の海水塩 青い海」

18397066

「沖縄の海水塩 青い海」ホームページ

賢い塩の選び方もちょっとだけご紹介。
1.原材料名に「海水」とだけ書いてあるものを選ぶ
2.昔ながらの製法「平釜製法」のものを選ぶ
3.なるべく大きな都市から遠いところの海でとれた塩を選ぶ

都心から離れているきれいな海のものが良いんです。沖縄や小笠原諸島の海は海洋汚染が進んでいないので、今でもとてもきれいですので、迷ったときには、どちらの塩の方がとれた海が、都心から遠いか考えて買うことをおすすめしています。
塩は人間にとって一番大切な調味料ですので、上質なものを使って美味しいお料理を作ってくださいね。

レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ。大田区在住。武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。 建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、うどん屋女将を経て、1993年より出版社に勤務。書店営業ののち単行本編集者となる。 家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践しはじめる。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。 2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

hamariya

『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ

レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

体調がすぐれないときに 心と体を温める『かぶと油揚げのお味噌汁』

体調がすぐれないときに 心と体を温める『かぶと油揚げのお味噌汁』

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

おいしく作るコツは使う部位『大根のシャキシャキきんぴら』

あなたの美肌を加速させる?うま味たっぷりあったか『豆乳酒粕鍋』

あなたの美肌を加速させる?うま味たっぷりあったか『豆乳酒粕鍋』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』