知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食材 2019.04.13

1年で今だけの贅沢!旬の『たけのこ』の下処理をマスターしよう

LINEで送る
Pocket

冬の寒さが過ぎ去り、少し暖かくなってきて、春を感じ始めると同時に出回り始めるのが「たけのこ」。このご時世、たいていの野菜は1年中スーパーや八百屋さんにおいてありますが、「たけのこ」はこの時期だけしか並ばない、ちょっと特別なものですよね。
1年の中で今しか楽しめない新鮮なたけのこ!下処理方法をマスターして、今年は新鮮な「たけのこ」を1本丸ごと楽しんでみませんか。

「たけのこ」は鮮度が命

「たけのこ」は1年の中でも4月~5月頭までしか楽しめない、旬を感じる食べ物です。ほとんどの野菜は1年中手に入りますが、「たけのこ」はそうはいきません。その最大の理由、それはたけのこが「鮮度命!」だからです。
たけのこは、収穫するときに切り落とした瞬間から、アクがどんどん増えていきます。そのため、たけのこを手に入れたら、すぐにアク抜きをする必要があります。

たけのこのアク抜き、少し面倒に感じるかもしれませんが、アク抜きさえ早めにしておけば、
あとはいろいろな料理に使うことができますので、是非チャレンジしてみてください。

たけのこのアク抜きに必要なもの

・たけのこ

・米ぬか

・水

アク抜きに必要なもの、実はこれだけです。たけのこをスーパーなどで購入したら、ほとんどの場合、米ぬかがセットでありますので、それを使用してください。
でも、お住まいの地域によっては、たけのこを知り合いなどから貰うこともあると思います。頂き物のたけのこが米ぬかとセットということはあまりないかと思いますが、その場合は、お米のとぎ汁で代用できますのでご安心ください。

 

たけのこのアク抜きの方法

1. 根元の堅い部分と先端を切り落とします。そして、お手持ちの鍋の中で一番大きい鍋に入るサイズに切ります。さらに火が早く通るように、縦に1本切れ目を入れます。

2. 鍋にたけのこを入れ、たけのこが被るくらいの水を入れます。そこにぬかを入れて強火にかけます。
(米ぬかがない場合は、お米のとぎ汁をいれてください)

3. 沸騰したら落としブタをし、ふきこぼれないように注意しながら、弱火で1時間前後ゆでます。

4. たけのこの一番太い部分に竹串をさし、すっと通るようになったら火を止めます。
粗熱がとれたら外側の皮を剥き、保存容器に新しい水にいれて冷蔵庫で保管します。

これでアク抜きは完了です。冷蔵庫に入れておけば4日間ほど保存できますので、あとは様々なお料理に使えます。

 

たけのこは部位によって使い分けよう

たけのこは部位によって、調理方法を使い分けると、より、たけのこをおいしく味わえます。

【穂先】

たけのこの先端部分で、同じ1つのたけのこの中でも一番柔らかく、最もおいしいと言われている部分です。「たけのこのお刺身」として飲食店で出てくるのも、この部分にあたります。酢の物や和え物にしてもおいしくいただけます。

【根元】

穂先の反対側で、繊維が少し多く、歯ごたえがある部分です。繊維を切るように薄切りや千切りにして、調理をするのがおススメです。炊き込みご飯や、炒め物に使うとたけのこの存在感をしっかり味わうことができ、おいしく食べられます。

たけのこは手に入れたらすぐにアク抜きをしないといけない点は大変ですが、アク抜きさえ終われば、日持ちしますので、好きなタイミングでお料理に使うことができます。この季節にしか楽しめないたけのこ!是非季節の味をご自宅で楽しんでみてください。

 

記事/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

ご飯の上にた~っぷりかけて!『麻婆たけのこ』

ご飯の上にた~っぷりかけて!『麻婆たけのこ』

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!たけのこと人参のオイマヨ炒め』

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!たけのこと人参のオイマヨ炒め』

春の味覚をシンプルに楽しもう!じっくり味が浸みこんだ『たけのこと春キャベツの焼き浸し』

春の味覚をシンプルに楽しもう!じっくり味が浸みこんだ『たけのこと春キャベツの焼き浸し』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.05.24

もっと簡単に!美味しく!『にんにく角煮(改良版)』

2019.05.22

簡単!自家製『レモネードの素』

2019.05.21

二十四節気の暮らし方『小満』日差しが強くなってくる頃。暮らしの中での日焼けケア

2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

2019.05.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『36 そとごはん』

2019.05.11

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

編集部おすすめ記事

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

2019.05.13

初夏の香り広がる『にんじんの葉のナムル』

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』