知るコト知るコト
地域 2019.04.05

紅花が彩る歴史が育んだ豊かな文化が息づく町『山形県河北町』

山形県のほぼ真ん中、雄大な山々と最上川、寒河江川に抱かれた、美しい里山の風景を残す、河北町。

この町には、山と川がもたらす豊かな風土と、かつて盛んに行われた紅花交易により古くから受け継がれた様々な文化が、今なお息づいています。

紅花交易によってもたらされた時代雛や、代々伝わる舞楽だけでなく、B級グルメとして注目されている冷たい肉そばなど、ここ河北町でしか味わえないたくさんのモノやコトがあるんです。

紅花でもたらされた京文化と雛人形

遡ること、江戸時代。山形県は紅花の産地として知られていました。そこで作られる紅花は「最上紅花」と呼ばれ、江戸や京都へ盛んに運ばれていました。

その返り荷として、京都の上質な呉服や瀬戸物、塩、砂糖、そして京雛人形など、多くの京文化が河北町に届きました。届けられた雛人形は豪商の家々や資料館で保存され、今日まで大切に守られています。それが”雛の里”である所以です。

毎年4月2・3日に開催される河北町に春を告げるひなまつりは、普段一般公開していない旧家の蔵や大広間の中で、全国有数の時代雛の数々を見ることができます。代々暮らしを営んできた歴史ある家々に飾られる時代雛を見れば、まるで江戸時代にタイムトリップしたような気持ちになりそう。紅花で染められた着物をまとい、静かに優しく微笑む雛人形は、時を経てもなお多くの人を魅了しています。

時代を経て、子にそしてそのまた子に連綿と受け継がれてきた、河北町の雛人形。ぜひ一度お楽しみください。

写真:河北町紅花資料館

紅花の栄華の軌跡をたどる「紅花資料館」

雛人形を始めとした、優美な京文化をもたらした、紅花交易。その栄華の歴史を体感できる場所が、「紅花資料館」です。
江戸時代、山形に次いで商人の町として賑わった河北町。中でも富豪として名を馳せた堀米四郎兵衛の屋敷跡を紅花資料館としています。

長屋門や蔵座敷、御朱印蔵が現存するこの屋敷は、職人の手を尽くした建物そのものの魅力はもちろん、紅花商人であった堀米家ならではの歴史ある古文書や武器等、約5,000点が保存されています。

また、紅花で鮮やかに染め上げられた着物の数々や国指定重要無形民族文化財の林家舞楽のジオラマも必見。紅花によって繁栄した商人とその歴史を体感でき、そして未来に語り継ぐ貴重な資料館です。

紅花資料館について、詳しくはこちら

冬でも冷たいそば?!河北町らしさ溢れるご当地グルメ

山形の特産品といえば、何が思い浮かびますか?
さくらんぼ、ラフランス、だだちゃ豆…などありますが、河北町といえば、何と言っても「冷たい肉そば」は外せません!

B-1グランプリにも出場するなど、全国的にも注目されてきているご当地グルメの「冷たい肉そば」。
河北町の肉そばは、コシの強い田舎そばに、鶏肉から出汁をとった甘じょっぱいタレをかけ、噛みごたえのある親鶏のチャーシューとネギを載せるのが特徴です。温かいそばつゆに牛肉などを載せるような一般的な肉そばとは一線を画します。

河北町に住む人や訪れる人は、冬でも「冷たい肉そば」を好まれるのだとか。まさに、河北町に根付いたソウルフードの一つです。寒さ厳しい東北の冬に、暖かくした部屋で冷たい肉そばをすする…。寒いのになんで?と思われた方も、一度味わってみれば病みつきになってしまうかもしれませんよ。

河北町内では、約20店舗が肉そばを提供しています。食べ比べてみても楽しめそう。河北町で冷たい肉そばめぐり、いかがでしょうか?

河北町商工会による、冷たい肉そば店一覧は、こちら

冬は一面銀世界に

奥の細道を行脚していた松尾芭蕉をも魅了した河北町の紅花。時代の変化によりその産業自体は失われつつありながらも、もたらされた雛人形や京文化を始め、育まれた文化を大切に守り続けています。

他にもまだまだたくさんの魅力を秘めている、河北町。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

河北町HP:http://www.town.kahoku.yamagata.jp/

河北町観光ナビHP:https://www.benibananosato.jp/

記事/さとゆめメディア


ーふるさとの夢と想いを届けるウェブマガジンー
全国各地の地域づくりを支援する伴走型コンサルティング会社 株式会社さとゆめが運営する、
さとゆめがこれまで出会ってきた、日本、そして世界のふるさとの「ひと」「こと」「もの」「ば」を紹介しているウェブマガジンです。
「ふるさとの夢をかたちに」する方々、それを支援・応援する方々の出会いと共創のきっかけの場になることを目指しています。

https://satoyume-media.com/

その他のおすすめ記事

日本の原風景が残る、多摩源流の豊かな自然と山女魚の里「山梨県小菅村」

日本の原風景が残る、多摩源流の豊かな自然と山女魚の里「山梨県小菅村」

カモミール畑が迎える癒しの宿『カミツレの宿 八寿恵荘』

カモミール畑が迎える癒しの宿『カミツレの宿 八寿恵荘』

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

コメント

人気の記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

編集部おすすめ記事

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』