得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

LINEで送る
Pocket

「グリーンピース」は年中流通していますが旬は4月頃です。春は特に味が良い季節なので「豆ごはん」が春のごちそう、というご家庭も多いのではないでしょうか。

仲間が多い青い豆の仲間。グリーンピースは「実えんどう」

グリーンピースは彩りが良く栄養も豊富なので食べる機会の多い野菜です。色々な方法で長期保存ができるため水煮の缶詰やパウチだけでなく単独での冷凍食品の他トウモロコシとにんじんと合わせたミックスベジタブルでもおなじみです。

さや付きの生の物は春先に特に多く出回りますが、青果売り場の同じコーナーに青い豆の仲間の「さやえんどう」「スナップえんどう」などが並んでいます。「グリーンピース」という名前は実は商品としての名前であり野菜としての名前ではありません。グリーンピースとは「実えんどう」がまだ青いうちに収穫して豆だけを取り出して食べる物の事をいいます。

この「実えんどう」、保存食タイプの物だと全国的「グリーンピース」という名前なのですが、野菜売り場にある青果の場合、地域によっては「グリーンピース」という名前ではない事があります。関東地方だと「グリーンピース」なのですが関西地方だと「うすい豆」「うすいえんどう」という名前がさやを外して食べる「実えんどう」の名前になっているケースが多いのです。

これは出回っている実えんどうの産地が関わってきます。関西で多く食べられている実えんどうは 和歌山が産地の「紀州うすい」と呼ばれる物を代表とする「碓氷豌豆(うすいえんどう)」というアメリカから導入された品種だからなのです。碓氷とは最初にこの実えんどうが栽培された大阪の羽曳野市にある地名で、今は和歌山が主な産地なのですが名前に日本に入った時の歴史が残っています。

グリーンピースとその仲間のいろんな呼び方

古い料理レシピ本などを見ると、料理研究家の人が関西出身の場合、材料の指定に「うすい豆」という記載になっている事がありますが「うすい豆」がない場合はグリーンピースとして売られている豆を使えば問題ありません。ただ、「うすい豆」は他の地域の「グリーンピース」より豆の皮が薄く、粒が大きいと言われていますのでうすい豆が出回らない地域の方が家庭菜園にチャレンジされる時に種のお取り寄せをするなら「うすい豆」を選んでみると一味ちがう物が収穫できるかもしれません。

ちなみにえんどうの呼び名の違いの地域差はさやごと食べる「さやえんどう」にもあり、関西では「さやえんどう」で関東地方では「絹さや」と呼ぶのが一般的なのだそうです。「さやえんどう」は実が育つ前に収穫してさやごと食べますが、実が太るまで育ててさやごと食べられるように品種改良された物が「スナップえんどう」です。実が育ってさやが厚くなってもやわらかくて美味しいのと甘味が強く青臭い味がしないのでこちらが好物、という方も多いようです。
よく「スナックえんどう」という呼ばれ方もしますが、「実を太らせてさやごと食べる」えんどうの正式名称は「スナップえんどう」の方です。(農林水産省で定められているそうです)

甘い味付けで食べるうぐいす餡の材料もグリーンピース

グリーンピースは家庭では塩味やしょう油味でおかずとして食べる事が多い豆ですが、甘く煮た物はうぐいす豆と呼ばれ、餡にした物はうぐいす餡として楽しまれています。大豆が味噌やしょう油の原料やおかずとなり、小豆は主に甘味として食べられるという風に食事向けの素材と菓子向けの素材という風に用途がわりあいはっきり別れている事を思うと、えんどうのきれいな緑を彩りとして楽しみたいという人が多かったのではないかと思えます。

グリーンピースは保存食ともなりますが、生の物は劣化が早く、さやから出すとあっという間に固くなります。旬の味を最大に楽しみたいならさやをむいてからすぐに料理にできるよう、時間を見計らってとりかかってみて下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

お弁当の一品に!筍、グリーンピース入り『春の豆腐つくね串』

お弁当の一品に!筍、グリーンピース入り『春の豆腐つくね串』

作り置き常備菜シリーズ『えんどう豆の翡翠煮』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『えんどう豆の翡翠煮』とアレンジレシピ

旬素材『鰹(カツオ)』プレミアが付いた初鰹。縁起物をおいしく食べてみよう

旬素材『鰹(カツオ)』プレミアが付いた初鰹。縁起物をおいしく食べてみよう

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

2019.05.01

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2019.04.29

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『34 愛しきお重ライフ』

2019.04.25

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

2019.04.17

バター不使用!おうちの常備おやつに『ナッツクッキー』

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

編集部おすすめ記事

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.04.14

山菜の種類と食べ方を知っていますか?『春の息吹を味わう山菜』