得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.04.28

もっと知りたい日本の郷土料理ー高知県ー『カツオの藁焼き』

LINEで送る
Pocket

カツオの旬は春と秋の二階ありますが、4月~6月の春から初夏にかけて水揚げされる物が高知の「初鰹」となります。春のカツオは脂の多い秋の戻り鰹に比べるとさっぱりした味わいです。

皮ごと楽しむ魚「カツオ」

カツオは太平洋側に幾つか有名な漁場がありますが、高知県は県内でのカツオの消費量が日本一なのだそうです。カツオは旬とされる春と秋以外の季節でも獲れる魚ですが高知には色々なレシピでカツオが食べられています。中でも有名な物は「カツオのたたき」でしょうか。

カツオが「刺身」で食べられるようになったのは江戸時代頃からだそうです。とはいえ、現在でいう皮を引いた刺身ではなく皮がついたまま食べるたたきに近い形状だったようです。魚を生で食べる時、皮を取って刺身とする物が多いのですが、幾つかの魚は皮を付けたまま独特の風味が楽しめる物があります。
カツオもその一つで、特に皮の薄い初鰹を皮付きで刺身にした銀皮造りは皮目の独特の味わいが刺身と違った味わいで楽しめるとして人気です。

たたきは刺身の一種ですが、調理方法は「皮付きのまま表面を炙って冷やし、薬味と一緒に食べる」 というのが基本です。今では全国で食べられていますが別名が「土佐造り」ともいい、高知が発祥の食べ方であるのは間違いないようです。

どうして皮を付けたまま炙って食べるようになったのは諸説あり、鰹節を作る過程で残った部分を炙って食べたのが始まりとする説や寄生虫対策として炙るようになったとする説、高知藩主だった山内一豊が食中毒防止を理由に生食(刺身)を禁じたので表面だけを炙って「焼き魚」とした食べた、などバラエティに富んでいます。どの説が事実ではあるかともかく、どの話も「カツオが食べたい」という高知の人の切なる願いが伝わってくる気がしますね。

旨味がぎゅっと詰まった豪快な郷土料理

親しまれている調理法だけにたたきの方法にもバリエーションがあり、中には皮を引いたカツオ(初鰹や小さい皮の薄いものはそのまま)に強めに塩をかけてざっと炙っただけの「塩たたき」という食べ方もあります。これは藁などで炙って刻んだ薬味を添える一般的なたたきの製法より簡便なやり方ですがゆっくり調理できない船上の漁師さんのまかないにも向く方法と言えます。

炙って食べる刺身という意味では「藁焼き」と呼ばれる物も「たたき」の仲間ですが、あえて藁焼きと呼ばれる場合、造り手の味へのこだわりがみられます。「藁焼き」と呼ばれる物を出すお店での調理を見ると、「藁で炙る」と言ってもガス火で炙るのとは火力が全く違い、「藁を燃やす火柱の中で表面を焼く」という表現がぴったり来ます。

ガス火で炙るのと藁焼きにする事の違いは燃焼で起きる現象にあります。ガスの火は燃える時に二酸化炭素と水分が出来ますが藁はほぼ炭素のみで出来ているため燃える時に水分が出ないため、表面がカリッと焼き上がるのです。また、ガス火より強い火力で、短時間で焼き目が付くためカツオの肉汁が染み出る暇がなく表面が焼き固められるので旨味がぎゅっと凝縮した味わいになります。
もちろん、藁焼きの技法はカツオ以外もおいしく焼き上げてくれるので藁焼きのお店ではカツオ以外の物も藁で焼いて出してくれるメニューもあったりします。

古いコラムで日本の台所にガスコンロが普及していく中で、藁ではなくガスでたたきが作られる事が増えて味わいが変わってしまった、と書かれていたのを目にした事があります。現代ではさらにIH化でキッチンでは火その物が存在しないという事も珍しくない今、藁焼きで食べるカツオは火で食品を加熱するという、人間が人間となった原初の営みを見る事ができる貴重な機会のような気もします。
カツオのおいしい季節のうちにぜひ味わって欲しい大切な味です。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

旬素材『鰹(カツオ)』プレミアが付いた初鰹。縁起物をおいしく食べてみよう

旬素材『鰹(カツオ)』プレミアが付いた初鰹。縁起物をおいしく食べてみよう

もっと知りたい日本の郷土料理ー新潟県ー『笹団子』

もっと知りたい日本の郷土料理ー新潟県ー『笹団子』

もっと知りたい日本の郷土料理ー群馬県ー『おっきりこみ』

もっと知りたい日本の郷土料理 ー 群馬県『おっきりこみ』ー

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』