得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

LINEで送る
Pocket

5月の連休頃に立夏を迎えると「五月晴れ」という言葉がぴったりの爽やかに晴れ上がったお天気の日が増えます。現代では「五月の晴れの日」として使われる事が多いようですが、本来は使われるタイミングが異なる言葉である事をご存じでしょうか?

「五月晴れ」は「五月雨」と対になっていた言葉

「五月」が使われる天候を示す言葉としてもう一つ有名な物がありますね。「五月雨」と書いて「さみだれ」と読みますが、松尾芭蕉の「奥の細道」にある「五月雨をあつめて早し最上川」という有名な句でよく知られている言葉ではないかと思います。
この句は最初「集めて涼し」が初案で、川の水辺の涼しさを表現する予定が、実際に川下りすると急流の激しさに圧倒されて「早し」に表現を改められたのだとか。

この句の題材となったのは最上川です。最上川は「一つの都府県のみを流域とする」という条件では国内最長の川です。その川の水の流れを速めるとは相当な水量です。そのイメージの元となった「五月雨」はよほどの大雨、という事になりますね。

実は「五月雨」の言葉が意味する所は「五月に降る雨」ではなく「梅雨」の事なのです。旧暦では梅雨に当たるのが五月頃なのでこの名前が生まれたのだそうです。そして「五月晴れ」は「五月雨」の合間の晴天が言葉の由来となります。鬱々した梅雨の雨雲が一時割れて、そこから見える清々しい空の色に特別な名前が付いた物だったのです。

季節で変わる空の色。「五月晴れ」はどんな色?

言葉が生まれた由来は別として、実際に五月に入ってからの晴天の色はそれまでとどこか違うように感じられないでしょうか?
季節によって太陽の高さが変化するため空の様子は変化します。季節ごとによく見られる雲の形も変わってきますが、空の色合いも春から夏になる頃には変わって見えるはずです。

春は「春霞」という言葉があるように、湿度によってぼんやり曇ったような景色になる事も多いのですが、立夏の頃になってくると梅雨に向かって雨が増えるわりに空はすっきりとして見えるようになります。これは空の青の色味が若干変化しているから。

季節ごとに空の色は違って見えますが、空が青く見えるのは太陽に含まれる青い光の色による物です。この光の色自体は1年を通して変化する事はありません。ですがこの青い光は屈折率が大きいため、分散しやすい性質を持っています。夏が近付くにつれて太陽の角度が高くなるため、太陽の光が地上に届くまでの距離が短くなる事で「青い光の光度」が強くなり、はっきりした青へと変化して行きます。

夏でも夕方になって太陽が低くなると空が赤みを帯びて夕焼けの色に変わりますが、太陽が低くなると日中でも空の青さは若干赤に寄った色になります。そのため春先は少し紫が入ったような青が空の色となっているのです。それが夏に入ると黄色みの強い青に変化します。

ちなみによく海外の空の様子を表現するのに「抜けるような青い空」と言われることがありますがこれは日本より湿度が低い国だと太陽の高さが同じでも空が高く見えるからなのだそうです。同じ晴れの日でも空が高く見える「五月晴れ」の場合、その日は湿度が低めという事になります。そんな日はお洗濯の外干しにぴったりのお天気。お布団や大物を干すのにいいタイミングを空の色にたずねてみてくださいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

日本の言葉『風薫る』心地よい季節を肌で感じよう

日本の言葉『風薫る』心地よい季節を肌で感じよう

二十四節気の暮らし方『立夏』夏の始まりに注意したいコト

二十四節気の暮らし方『立夏』夏の始まりに注意したいコト

しだいに夏めいてくる立夏の頃。伝統ある『お祭り』を見に出かけよう。

しだいに夏めいてくる立夏の頃。伝統ある『お祭り』を見に出かけよう。

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.05.24

もっと簡単に!美味しく!『にんにく角煮(改良版)』

2019.05.22

簡単!自家製『レモネードの素』

2019.05.21

二十四節気の暮らし方『小満』日差しが強くなってくる頃。暮らしの中での日焼けケア

2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

2019.05.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『36 そとごはん』

2019.05.11

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

編集部おすすめ記事

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

2019.05.13

初夏の香り広がる『にんじんの葉のナムル』

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』