知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

得するコト 2019.05.24

知って得する暮らしの制度『高額療養費制度のコト』~医療費には限度額がある~

LINEで送る
Pocket

私たちは病院の診療にかかる医療費の全額を負担していないのはご存知でしょうか?
公的医療保険に加入しているため、多くの現役世代の方は3割負担となっています。計算上では、100万円の診療費用がかかった場合は、3割の約33万円を負担しなくてはなりません。しかし、制度を利用すれば、全額を負担する必要はありません。医療機関の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)」を利用することができます。
厚生労働省HP 参照 )

医療費の上限額はいくら?


医療費の上限額は、加入者の年齢や所得に応じて定められています。
69歳以下の方の場合、上限額は、年収額によって5つに分かれています。
例えば、加入者の方が年収約370万円までの場合は、診療費用がいくらであっても、57,600円が毎月の上限額となります。また、年収約370~約770万円の場合は、80,100円+(医療費-267,000)×1%で算出できる額が毎月の上限額となります。
100万円の診療費用の場合の自己負担の上限額を計算してみます。加入者の方が年収約370万円までの場合は、57,600円となります。また、年収約370~約770万円の場合は、 80,100円+(100万円-267,000円)×1% = 87,430円となります。(厚生労働省HP 「高額療養費制度を利用される皆さまへ」 P3、P5 参照)

限度額適用認定証を事前に申請すると便利です


本来は、医療機関の窓口で支払いをして、あとで超えた高額療養費の申請をしなくてはなりません。上限額を超えても医療機関の窓口では支払う必要がありますし、支給までは受診した月から少なくとも3か月程度かかります。しかし、医療費が高額になることが事前に分かっている場合には、「限度額適用認定証(げんどがくてきようにんていしょう)」を事前に用意し、医療機関の窓口に提示すると、医療費の支払いが限度額までになります。「限度額適用認定証」は、加入している保険者に申請をするともらえます。加入している保険者は、保険証を見ると分かります。病院の会計は、歴月(1日から末日まで)ごとに処理が進んでしまうので、診療を受けた月が終わる前に提示するとスムーズです。(厚生労働省HP 参照)

高額療養費制度の対象にならないものもあります

入院時の食費や、患者の希望によってサービスを受ける差額ベッド代、先進医療にかかる費用などは、対象とはされていません。(厚生労働省HP 「高額療養費制度を利用される皆さまへ」 P10 参照)

加入の医療保険によっては、高額療養費の支給対象であることを教えてくれたり、こちらで何もせずとも高額療養費を口座に振り込んでくれるところもあります。保険者によってその対応は異なります。また、条件によっては負担をさらに軽減する仕組みもありますので、ぜひ確認されてみてください。
厚生労働省HP 「高額療養費制度を利用される皆さまへ」 P6、P7、P9参照)

記事/tao

その他のおすすめ記事

知って得する暮らしの制度 『ふるさと納税のコト』~お得な返礼品の基準が変わる?!~

知って得する暮らしの制度 『ふるさと納税のコト』~お得な返礼品の基準が変わる?!

知って得する暮らしの制度 4月からはじまる『有給休暇の取得義務化のコト』~パートやアルバイトも対象に~

知って得する暮らしの制度 4月からはじまる『有給休暇の取得義務化のコト』~パートやアルバイトも対象に~

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

2019.12.10

簡単!ビストロ風ガレットを食材2つで♪『まるごとれんこんのガレット』

2019.12.08

冷蔵庫にあるもので作ろう『春巻き』

2019.12.01

もう一品!に便利『サラダチキン』

2019.11.29

ふわっ!サクッ!ママの味「プレーンスコーン」

2019.11.24

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-18.こんな時なに食べる?〜冬の不調をやわらげる献立〜

2019.11.22

優しいお母さんの味『鶏ごぼうご飯』

2019.11.12

フライパン1つで簡単に作れる『秋の鮭南蛮』

2019.11.03

一手間かけてふっくら『ハンバーグ』

2019.10.12

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-14. 改めて確認したい、調味料のコト②

編集部おすすめ記事

2019.12.11

クリスマスに!簡単『イチゴのパフェ風ケーキ』

2019.12.08

冷蔵庫にあるもので作ろう『春巻き』

2019.12.06

クリスマスの食卓に!炊飯器で保温調理する『ローストビーフと付け合わせ野菜』

2019.12.03

休日ランチはたっぷり旬野菜で♪『海老と小松菜のねぎ塩炒め丼』

2019.11.27

野菜と果物で作るおやつ『おいもアップルパイ』

2019.11.27

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

2019.11.26

驚くほど簡単で豪華に見える!北欧の家庭料理を日本の旬野菜で♪『南京とさつま芋の誘惑』

2019.11.24

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-18.こんな時なに食べる?〜冬の不調をやわらげる献立〜

2019.11.19

野菜使い切りで同時に2品完成♪たっぷり野菜の『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』『具沢山ミネストローネ』

2019.11.16

食べて風邪予防!『ねぎとパプリカのマリネ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.04.08

『米ぬかで美容習慣のススメ』〜美肌・美白を叶える7つのチカラ〜

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』