得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.06.16

6月16日は『和菓子の日』って知っていますか?

LINEで送る
Pocket

皆さんは、甘いものはお好きですか?洋菓子もいいですが、和菓子もおいしいですよね。
6月16日は「和菓子の日」です。初めて耳にする方が多いかもしれませんが、古くからの伝統行事が“いわれ”となっている記念日です。そんな「和菓子の日」の由来とともに、6月の和菓子についても紹介します。

平安時代から江戸時代まで続いた「嘉祥菓子」を食べる習慣

「和菓子の日」の由来は平安時代までさかのぼります。平安中期の承和年間、国内に疫病が蔓延しました。仁明(にんみょう)天皇は、年号を“めでたい”という意味がある「嘉祥」(かしょう)と改め、その元年(848年)6月16日、16個の菓子や餅を神前に供えて、疾病除けと健康承服を祈ったとされています。
このことを起源として、6月16日に厄除け・招福を願ってお菓子を食べる「嘉祥菓子」の習慣が、平安時代から中世・近世までさまざまに形を変えながら存続しました。室町時代になると、6月16日は「嘉祥の日」と呼ばれるようになります。

江戸時代には、「嘉祥頂戴」と呼ばれる重要な儀式が行われ、将軍から大名・旗本へと菓子が配られました。江戸城の大広間に用意された大量の菓子。その数はなんと約2万個だったと言われています。庶民の間にも、16文でお餅やお菓子を買って食べる「嘉祥喰」(かしょうくい)というしきたりが徐々に広まって行きました。

嘉祥の日を復活させた「和菓子の日」

明治時代までは盛んに行われていた嘉祥の日。西洋化の流れで一度は廃れてしまったのを、現代に復活させたのが「和菓子の日」です。和菓子は美しい日本の四季と歴史の中で育まれてきました。その素晴らしさを楽しみ、後世に伝え残して行こうという趣旨で、昭和54年(1979年)に、全国和菓子協会が6月16日を記念日に制定しました。明治神宮では、毎年直近の週末に、和菓子の無料配布を行っています。和菓子職人さんたちが、目の前で練りきりを作ってくれますよ。目にも口にも楽しいイベント。口コミで広がって、年々参詣者が増えているそうです。

また、全国の和菓子屋さんの中には、「和菓子の日」限定のお菓子を販売する店舗もありますよ。さすがに16種類は準備も食べるのも大変です。16の1と6を足して7種類のお菓子が入った「嘉祥菓子」のセット、嘉祥饅頭や嘉祥羊羹などが売られます。昔の習慣に倣って健やかな暮らしを願いながら、この時期にしか食べられない和菓子に親しむのも楽しいかもしれませんね。

(イメージ写真出典:虎屋グループHP『嘉祥菓子』より)

夏に向けて、涼やかな6月の和菓子


デパ地下や近所の和菓子屋さんのショーケースを覗いてみましょう。和菓子にもいろいろな種類がありますが、中でも季節感を感じるのは、練りきりや錦玉(きんぎょく)ではないでしょうか。6月でしたら「あじさい」「青梅」「びわ」など、夏に向けて涼やかな和菓子が並んでいることでしょう。三角形の白いういろうの上に小豆をのせた「水無月」を見かけるかもしれませんね。これは京都発祥の和菓子。「夏越の祓」(なごしのはらえ)が行われる6月30日に、1年の残り半分の無病息災を祈願して食べる風習があるそうです。

梅雨らしい空模様が続くと外出が億劫になりますね。そんな日は見た目が美しい和菓子を買い求め、自宅でティータイムを楽しんでみませんか。天候に関係なく幸せなひと時をもたらしてくれることでしょう。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

 

その他のおすすめ記事

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

普段から知っているわらび餅とはちょっと違う?!『本物のわらび餅』

普段から知っているわらび餅とはちょっと違う?!『本物のわらび餅』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』