知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2019.06.22

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-3. 献立と栄養ー

LINEで送る
Pocket

こんにちは。前回までで、主菜、そして主菜にあった副菜を決めるヒントをお話ししました。
愛情を込めて考えた献立、さらに栄養までばっちりであればなお素晴らしいですよね。
ですが、栄養バランスまで全て配慮しました!と言い切るのはなかなか難しいもの。
そこで、今回は献立全体での栄養バランスを簡単に意識できるコツをお伝えします。

バランスの取れた食事とは?


“栄養バランスのよい食事"と言われると難しそうに聞こえてしまうことはありませんか?
足りない栄養素は何だろう?○○は何に多く含まれているんだろう?と考えたり、調べたり。
それが毎日出来れば何よりですが、忙しい日々を送る中、そこまで腰を据えて計画的に献立作りをするのは難しいものです。
栄養を念頭に置いて献立づくりを始めると、どうしてもそんなネガティブなものになりがちでは、と思いここまで栄養についてはあまり触れずにきました。
では、負担に感じすぎず栄養のバランスを整えるには?
そもそも栄養バランスがよいとはどんなことでしょう。

栄養バランスのとれた食事については、農林水産省が「食事バランスガイド」というものを作成しています。
「食事バランスガイド」によると、主軸となる水分補給が出来ており、多い方から順に『主食・副菜・主菜・牛乳、乳製品・果物を適量ずつとれる食事』が栄養のバランスが良いとされています。
(牛乳・乳製品が主軸となる水分補給とは別に記載されているのは、それらに多く含まれるカルシウムが食事から必要量を摂取することが難しいためです。)
ここで気にしたいのが、『副菜>主菜』というボリュームの割合です。


(出典:農林水産省HP『食事バランスガイド』)


副菜を充実させるために意識したいこと

外食の定食や以前の自分の献立を思い浮かべてみると副菜よりも主菜の方がボリューム感のあるものになっていた気がします。
主菜は、肉・魚・卵・大豆等のたんぱく質の供給源ですが、一方の副菜は野菜・海草類等のビタミン・ミネラル類の供給源です。1つの食材でも必要量を摂取できるたんぱく質に対し、野菜1種類で必要なビタミン・ミネラルを全て取ることは不可能です。
そこで、副菜を充実させることが必要になります

これらを踏まえ、明日からの献立づくりにどう活かしていけばよいか。
やる気を出して主食・副菜・主菜の量を計算するのもひとつの方法ではあると思いますが、もっと簡単にできる方法。

そのひとつで、私も日々意識しているのがお皿の大きさです。
単純に、主菜を盛るお皿より副菜を盛るお皿を大きくしてしまう
何品か副菜がある場合は、副菜の小皿の面積を足した時に主菜よりも大きくなるようにする。
それだけです。

お皿に盛り付け、空いたスペースがとても広いのであれば、副菜が足りていないかなと視覚的にも意識しやすくなりますね。
そこで可能ならばその副菜自体に具材を追加しボリュームを増やしたり、別にもう一品加えても良いでしょう。

大皿で各自が取り分けるスタイルであれば、大皿の大きさと共に、取り分け皿の大きさも配慮して相手に伝えてみるのも良いかと思います。

こんな風に、すでに決まった献立をどんな大きさのお皿に盛り付けるかもイメージしながら準備をしていくと自然と"栄養バランスのよい食事"に近づいていきます。
お皿選びも楽しみながら、ぜひ今晩の献立づくりから取り入れてみてくださいね。

コラム/たみなと あやな
一歳の女の子の母。夫がサッカーに熱心に取り組んでいたこともあり、アスリートフードマイスター3級取得。一般企業退職後、今は資格取得の勉強中です。
栄養士の母の影響もあり、幼い頃から栄養を自然と気にかける暮らしを送ってきました。 豪華なものは作れなくても、“心も身体も幸せになれる食事”を目指し、日々ごはんづくりをしています。

その他のおすすめ記事

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-1. 主菜の決め方ー

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-1. 主菜の決め方ー

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-2. 主菜が決まったらー

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-2. 主菜が決まったらー

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2016.02.01

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』