知るコト知るコト
知るコト 2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

こんにちは。
これまでのお話で、主菜を決める際に”処方箋のような献立”という言葉を使いました。
処方箋という言葉の通り、何か症状が出始めてしまっている時、普段の食事から改善できる場合もあります。
そんな症状改善を目的にした献立づくりがぱっとできれば良いのですが、栄養を調べ、そのために必要な食材を探すのはやはり手間がかかりますよね。

そこで、今回と次回は薬膳の考え方を元にした食材選びをご紹介します。薬膳と聞くと難しそうに感じてしまいますが、いつもスーパーに並んでいる食材で症状を緩和する食事を手軽に作ることができるので、とってもおすすめです。
我が家でも、小さな娘と薬嫌いな夫のためによいかなと思い取り入れています。

『頭痛・肩こり』を緩和してくれる食材

では早速、今回は日常で起こりがちな不調を緩和してくれるものについてです。
まずは頭痛・肩こり。
ストレス・疲労・血行不良・冷えなど様々な原因から痛みが起こりますが、薬膳では特に、右の肩や頭が痛む場合は水のめぐり、左の肩や頭が痛む人は、血の巡りが悪くなっているという考えを元に対処します。

右側に表れる水のめぐりが原因の痛みやこりには、水分代謝を促す、小豆やそら豆、枝豆などの豆類や、海藻類を。

左側に表れる血のめぐりが原因の痛みには、体を温めるにら、玉ねぎ、生姜、にんにくを選びましょう。

『二日酔い』に利く食材

次に、二日酔い。
アルコールや塩分の多いおつまみをとりすぎ、消化しきれなくなってしまった際に起きます。
そこでおすすめなのが、肝機能を高め、水分代謝も促してくれる貝類。しじみが有名ですが、あさりや牡蠣にも同様の効果があります。
また、お酒を飲む際に一緒に取ると良いのが酸味のある食材。酢の物やマリネなどを選ぶと肝機能を助けるので、二日酔い防止になります。

ニキビや吹き出物など『お肌の不調』に利く食材

次は、ニキビや吹出物。
中でも赤みが強いものは、ストレスにより気のめぐりが悪くなってしまったり、脂っこいものや辛いもの、お酒などを多く摂取した際、体内にこもった熱が皮膚から出ようとして炎症を起こしています。
その熱を冷ましてくれるトマト、れんこん、ごぼう、ゴーヤー、セロリなどで対処しましょう。

『むくみ』が気になる時にオススメの食材

最後に、湿度の高い日本で起こりやすいとされるむくみ。
慢性化してしまう前に体内の水分代謝を促す食材を取ることも大切です。

豆類、海藻類、これからの時期であれば冬瓜やとうもろこし、すいかも手に入りやすい効果的な食材です。
ただし、これらは身体を冷やすものが多いので、生姜やにんにくなどの身体を温めるものと共に取ることで過剰に冷えるのを避けることができます。
このように、身の回りにある食材で身体の中から病を改善することができるとされる薬膳。
重い症状になってしまい受診が必要になったり、サプリメントや健康食品に手を出す前に、身近な食材で予防や軽減できるのならば身体にはもちろん、お財布にも優しいかもしれません。
ご自身はもちろん、ご家族に何か症状があらわれてしまった時、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

コラム/たみなと あやな
一歳の女の子の母。夫がサッカーに熱心に取り組んでいたこともあり、アスリートフードマイスター3級取得。一般企業退職後、今は資格取得の勉強中です。
栄養士の母の影響もあり、幼い頃から栄養を自然と気にかける暮らしを送ってきました。 豪華なものは作れなくても、“心も身体も幸せになれる食事”を目指し、日々ごはんづくりをしています。

 

その他のおすすめ記事

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-3. 献立と栄養ー

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-3. 献立と栄養ー

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-2. 主菜が決まったらー

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-2. 主菜が決まったらー

コメント

人気の記事

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

2020.06.24

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2020.06.23

ケノコトおすすめ!おうちで作りたい手作りドレッシングまとめ

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』