得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.07.08

梅雨から夏、初秋も気をつけたい『暮らしの湿気対策』

LINEで送る
Pocket

梅雨が始まると一気に家の中でじめついたりして過ごしにくくなります。肌の不快感などもありますが、何より困るのが家の中にたまる湿気のせいでじとついたり黴びたり……という生活上のトラブルです。
湿気が多くなる時期、できる対策を考えてみましょう。

風の流れがどうなっているか確認してみる

湿気対策には換気が大切ですが、窓や戸を開ければ自動的に換気できるわけではありません。換気するという事は空気の流れを作る事が必要になってきます。そのため締め切った部屋で窓を一カ所開けただけでは空気が対流しないので、うまく換気ができません。換気する時はなるべく窓と対角の位置のドアや別の窓を同時に開けるのが効果的です。窓もしくはドアを一カ所しか開けられない場合、対角の位置にサーキュレーターを置くと空気がしっかり対流します。

また、風の通り道にそれを塞ぐ家具などがないかも確認しておきましょう。換気すると書類が飛んだり物が落ちたり、というのでは困ってしまいます。風が強いとカーテンが翻ってものに当たったり電化製品に引っかかったり……という事もないように物の配置を整えておくと安心です。

除湿は早めの段階から行っておく

湿度が高い時期は除湿機やエアコンなどで空気中の湿気を取り除く事で、梅雨時も快適に過ごす事ができます。エアコンの場合、除湿と冷房どちらでも湿気を取り除く事ができますが、電気効率からすると設定温度を高めにした冷房を選ぶと一番電気代がかからないのだとか。室温を下げないで除湿するドライモードは電気を多く消費しますので、肌寒いけれど湿気が気になる、という時や就寝時など使う時を選んでみて下さいね。

除湿機を使う場合、コンプレッサー式の物はエアコンの冷房と仕組みは同じで、空気を冷やして湿気を結露させてタンクに貯める物なので暑い時期の除湿に効果があります。ただし室外機に該当する部分も内蔵されているので除湿機を使っている間、室温が上がる事があります。

エアコンにしても除湿機にしても消費電力がそれなりにかかる家電なので、使用時間に注意したい所。一度部屋の中が湿気ていないかチェックしてみましょう。湿度計を使うか除湿機に表示される湿度などを使って部屋の湿度を確かめます。

もし40%前後で空気が乾燥している状態なら良いのですが、梅雨入り前から湿度が比較的高い場合、部屋に湿度がこもっている事があります。冬期に乾燥防止のために湿度計をしっかり使っていた場合、家具の後ろや押し入れを開けるとうっすら湿っているケースも。

そんな場合、余計な物を取り除いた状態で、エアコンか除湿機を壁や家具が乾燥して湿度がしっかり下がる状態になるまで運転しておきましょう。家自体が湿気を含んだような状態だと、除湿しようとしても空気中の湿気と家が含んでいた余分な湿気を両方取り除くことになり、家がじとじとした状態が長く続きます。雨降りで部屋干しする場合も部屋の壁や床、家具がしっかり乾いている状態の方が早く乾くそうですよ。

梅雨の晴れ間の天気のよいタイミングで家具を動かすのも、風通しが良くなって湿気で家が傷む事を防ぐ事にもつながりますね。

余計な物を出してしまう。湿気対策のついでに持ち物整理も

押し入れやキッチンのシンクの下などは特に湿気に悩まされやすい所です。天気の良い日に戸やドアを開けて空気を入れ換えておくと湿気対策に。この時、なるべくダンボール収納や空き箱を減らす事を考えておきましょう。紙類を使った収納は湿気を含みやすいのだとか。ダンボールや紙を使った収納はなるべく高い位置に置く物にしておいた方が安心です。

冬物などをしまう時も乾燥の甘い物は入れず、晴天でしっかり乾かすかコインランドリーの乾燥機などを利用して、湿気が残った物をしまわないようにご注意を。同様に靴箱の中も詰め込み過ぎはカビの原因です。はかない靴を整理すると同時に脱いですぐは収納しないようにしましょう。

梅雨の湿気対策は「スペース・隙間を作る」「しまう物・部屋の隅をしっかりと乾燥させておく」のがポイントです。しっかり湿気対策しましょう。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

今年は赤いしそを使って梅干し作り、始めませんか。

今年は赤いしそを使って梅干し作り、始めませんか。

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』