得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.07.06

彦星と織姫が1年に1度会える日。ロマンティックな『七夕』のコト

LINEで送る
Pocket

7月7日は「笹の節句」「星祭り」とも呼ばれる七夕(たなばた)です。彦星と織姫の伝説から、七夕にはロマンティックな印象を抱いている方も多いかもしれませんね。いろいろな文化が結びついた七夕の由来や、全国で行われている七夕まつりについて紹介します。

七夕の節句の意味と由来

七夕は、日本の五節句(1年に5回ある季節の節目)の1つ「七夕(しちせき)の節句」に当たります。古くから日本では、7月7日には麦の収穫を祝い、ナスやキュウリ、ミョウガの成長を神に感謝する「収穫祭」が行われていました。また、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる娘が神様のために着物を織る行事も7月7日に行われていました。

そこに中国から「星祭り」と「乞巧奠(きっこうでん)」の風習が入ってきます。星祭りは、天の川にさえぎられた牽牛星(けんぎゅうせい)と織女星(しょくじょせい)が年に1度会うことができるという言い伝え。日本では、彦星と織姫という呼び方の方が親しまれているかもしれませんね。乞巧奠は、織姫にあやかって手芸や裁縫の上達を星に祈る行事です。

このように、日本古来の風習と、中国から伝わった星祭りと乞巧奠が結びついていきました。七夕は本来「しちせき」という読み方ですが、「たなばた」と読まれるようになったのは「棚機」の読み方を当てたのではないかと考えられています。

「笹の節句」とも呼ばれる七夕

七夕は、願いごとを短冊に書き、星に祈ることから「星まつり」と呼ばれます。また、笹の葉を用いるところから「笹の節句」と呼ばれることもあります。生命力があり成長が早い笹竹は、中の空洞に神様が宿っているとも考えられています。天に向かって真っ直ぐに伸びて行くことから、「願いが星に届きますように」と短冊や飾りをつるすようになったようです。

心身を清めた人々が、笹竹を立てて、願い事や歌を書いた五色の短冊を結びます。翌日には笹竹を川や海に流し、笹竹についた心身の穢れを洗い流す「七夕送り」「七夕流し」の風習も生まれました。七夕飾りや笹は、七夕の夜のためのものなので翌日には取外しましょう。本来は川に流して清めるものですが、小さく切ってごみの日に出しましょうね。

全国の七夕まつり

七夕のお祭りや行事は日本各地で行われています。七夕前に行われるものもあれば、季節や気候、信仰的なことから旧暦の七夕にあたる8月に行われるものもあります。今回は、特に有名な「日本三大七夕まつり」を紹介しましょう

【宮城県 仙台七夕まつり】

「仙台七夕まつり」は、全国的に知られる大規模なお祭り。毎年8月6日~8日の3日間で行われます。各地の大きな七夕祭りは、この仙台七夕まつりにならったと言われています。七夕飾りの装飾は、和紙と竹を用いて豪華に作られています。大勢の観光客が和紙の触れ合う音を聞きながら、大きなくす玉の下をくぐります。

【神奈川県平塚市 湘南ひらつか七夕まつり】

約500本もの七夕飾りが中心街を埋め尽くします。中には10mを超える大型飾りもあり、日本一豪華と言われることも。2キロも続くにぎやかなお祭りで、装飾やイベントも年々華やかになり、毎年300万人以上の人でにぎわいます。2019年の開催は7月5日(金)~7日(日)です。

【愛知県 一宮七夕まつり】

織物業で有名な愛知県一宮市では、毎年七夕まつりが盛大に催されます。最大の見所は「御衣(おんぞ)奉献大行列」。一宮市特産の毛織物を奉納する全長300mの大行列で、街全体が絢爛豪華な雰囲気に包まれます。2019年は7月25日(木)~28日(日)に開催されます。

他にも北海道 の「ローソクもらい」、千葉県の「七夕馬」、長野県松本市の「七夕人形飾り」、島根県大東町の「大東七夕祭」など、地域だけに伝わる珍しいお祭りや行事もありますよ。

天の川に輝く「夏の大三角形」が、七夕伝説を表しています。鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)、琴座のベガが織姫(織女星)、白鳥座のデネブが2人を取り持つカササギです。新暦の7月7日はまだ梅雨のさなか。七夕の夜には天の川を見ることは難しいかもしれませんが、彦星と織姫の無事の逢瀬を祈りつつ、夏の一夜をお過ごしくださいね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

 

その他のおすすめ記事

織姫と彦星だけじゃない?『七夕のお話』

織姫と彦星だけじゃない?『七夕のお話』

胃腸を整え、体を温める『七夕の葛切りサラダ』

胃腸を整え、体を温める『七夕の葛切りサラダ』

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』