知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2019.07.24

はじめてのナチュラルフード『安心して玄米と付き合うために』

LINEで送る
Pocket

私達日本人にとって主食と言えば真っ先に思い浮かぶ米ですが、昨今の健康ブームの中、玄米を取り入れている方も多いことと思います。

玄米はカラダに良いって本当?

玄米は稲からもみ殻を取り除いただけのもので、水につけると発芽します。
玄米から胚芽とぬか層(果皮・種皮・糊粉層)を削り取る工程の事を精米といい、程度によって白米、分づき米、胚芽米などに分かれます。

玄米の胚芽とぬか層にはたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれていますが、実は農薬や化学肥料が残留しやすいのもこのぬか層部分と言われています。

炊飯に使う調理器具によっては栄養素を破壊したり、身体によくない等、様々な事が言われているので、玄米好きの私も情報に振り回されてしまいそうになりますが、栄養素のバランスがいい事は事実であり、何より玄米が好きなので、安全で健康的に取り入れる為の私の玄米との付き合い方を紹介してみたいと思います。

安全で健康的に玄米と付き合うために

玄米はお米屋さんで有機栽培の物を量り売りで少量(二キロほど)購入。保存は野菜室で。
洗米後、炊飯しようと思う12時間から15時間ほど前に玄米量の1.8倍の水でしっかり浸水し、合間に1、2度程水をかえます。
土鍋に移し、炊き上げます。
一度に3合を炊いて、食べきれない分は1食分ずつにわけて冷凍庫へ。

私の玄米生活のポイントは栄養素を安全に取り入れる為に有機栽培のものを選ぶこと。また、毒素の事や栄養素破壊の問題などもやはり気になる為、じっくり浸水し、土鍋でゆっくり炊き上げます。
(気になる問題の解消という側面もありますが、やはり手間暇をかけて、土鍋でじっくり炊くのが単純にすきです。)

玄米は白米に比べて消化に時間がかかる為、適度な柔らかさに炊いて、よく噛んで食べる事が大切です。

家族には有機栽培米、または特別栽培米などの安心できるものをお米屋さんに相談しながら、七分から八分つきにしたものを基本としていますが、家族に玄米を食べてもらう時には四歳の娘には胃腸への負担にならないようにということと、夫の好みも考慮して、主食としてではなく、時折サラダやスープに適量加えたり、分づき米に少量混ぜたりして食卓に並べることにしています。

玄米を上手に取り入れるために、まずは自分や家族に合う方法を見つけてみましょう。
そうすることで、バランスのとれた健康食を日常的に取り入れる事ができるようになりますよ。

記事/ハヤシユウコ

たべること研究家。 上級食育、食育アドバイザー、幼児食インストラクター、ナチュラルフードコーディネーターの資格を保持。 たべることを探求し、大切さを広げる活動を目的に2019年より「たべること、いきること taberuand」をスタートしたばかり。instagramにて日々の食などもupしています。
instagram

その他のおすすめ記事

環境にも身体にもやさしい『ナチュラルフード』のはじめかた

環境にも身体にもやさしい『ナチュラルフード』のはじめかた

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』