知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2019.07.15

きくらげには「生」がある ~乾燥きくらげにはない食感を楽しもう~

LINEで送る
Pocket

きくらげ、実はキノコの仲間ということはご存知でしょうか。きくらげは4月から9月まで採ることでき、収穫時期は長いのですが、旬と言われる時期は夏の7月です。
きくらげといえば1年を通して乾燥したものを手に入れられますが、生のきくらげは食感が全く違うので、是非、一度食べていただきたい食材です。下処理はとても簡単ですので、是非頭にとどめておいて、今年はスーパーで生のきくらげを見つけたら自宅で食べてみませんか。

生きくらげの栄養

きくらげの代表的な成分は、食物繊維です。食物繊維には不溶性と水溶性の2つがありますが、きくらげには両方の食物繊維が含まれています。
また、食物繊維が豊富な野菜といえばゴボウを思い浮かべる方が多いかと思いますが、キクラゲはその3倍もの食物繊維がふくまれています。
また、骨を丈夫にしてくれるビタミンD、体の調子を整えるミネラルなど、体が元気になる栄養がいっぱい含まれています。

また、カロリーが低く、食物繊維が豊富なおかげでお腹もふくらむので、ダイエットの強い味方でもあるんです!

生きくらげの保存方法

生のきくらげは乾燥きくらげと違って野菜と同様に冷蔵庫で保管する必要があります。冷蔵庫での保存であればだいたい1週間前後日持ちします。
冷蔵庫の中に入れておいても乾燥してしまうことがありますが、もしシワシワとした状態になってしまったら、葉物野菜と同様に冷たいお水に漬けておくと、プリっとした状態に戻ります。

生のきくらげの下処理の方法

生のきくらげは表面に雑菌が繁殖している可能性がありますので、下処理が必要です。下処理といってもとっても簡単ですので、頭にとどめておくだけで生のきくらげを楽しむことができますので、是非覚えておいてください♪

1. よく水で洗い、石づきをとります

2.熱湯でさっと湯通しして、冷水にさらします

3. 水切りをすれば完成です。

ここまでで下処理は完了です。この状態で冷蔵庫に入れておけば1週間ほど保管が可能です。あとは千切りなどお料理にあわせてカットし、そのままマリネにしても、炒めてもおいしく食べることができますよ。

私たちは乾燥きくらげに慣れてしまっているので、スーパーで生きくらげをみかけてもスルーしてしまうかもしれませんが、生きくらげは乾燥きくらげにはないプリっとした食感を楽しむことができます。今年は生きくらげをおいしくいただきましょう!

記事/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

いつもの親子丼をアレンジ コリコリ食感が楽しいきくらげの親子丼

いつもの親子丼をアレンジ コリコリ食感が楽しいきくらげの親子丼

低カロリーで満足感たっぷり!『あらめと油揚げの春雨サラダ』

低カロリーで満足感たっぷり!『あらめと油揚げの春雨サラダ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』