得するコト得するコト
まめ知識 2019.07.22

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

少し涼しい日が続いていますが、突然暑くなったりして本格的な夏になる前から熱中症になってしまう事もあります。熱中症は簡単に言うと「体の体温が下げられない」要因で引き起こされます。
気温や湿度のような外的要因も多いのですが、「体が暑さに慣れていない」「体が対応しきれない」という事が原因となるのだとか。

 

意外に多い梅雨の熱中症。急に暑くなった時はハイリスク

熱中症になるタイミングといえば「猛暑の炎天下」「気温が高く蒸し風呂のような日が続いた時」という風に暑さが本格的に続くようになった時、というイメージが強いかもしれません。ですが、もう一つの意外なハイリスクな状況として「夏になるまでにいきなり暑くなった時」があります。

梅雨の間だと雨のせいで「ジメジメして湿度は高いけれどあまり暑く感じない」という日も多いのですが、梅雨の合間のいわゆる「五月晴れ」で気温がグッと高くなる日もあります。そんな日は熱中症が起きやすいので注意が必要です。

これは寒暖差で自律神経が体温調節に慣れていない事で起こりがちな熱中症と言えるかもしれません。本格的な夏になって高気温の日が安定して続くと体が「暑くなったから体温を下げよう」として気温に対応し、素早く汗をかけるようになります。また、発汗が多量になってくると今度は汗に含む塩分の量を減らして体が塩欠乏症になりにくいよう体が順応してくるのだとか。
ところが肌寒い日の間にいきなり暑くなると体が上手く反応できず、必要なだけ汗がかけないために体に熱がこもって熱中症の状態になってしまう……という事が起こりやすいそう。

 

本格的な夏になる前からお風呂や運動で、「汗をかく」練習をしておこう

熱中症対策というとつい「水分・塩分補給」「クーリングアイテムを使う」というアクションに目が行きがちですが、どちらも本来は「体温を調節しやすくする」という目的に必要なアイテムです。体温調節で重要なポイントとなる上手な発汗のためにはやはり、体が汗をかく事に慣れるのが一番です。

「暑熱順化」という言葉は体が暑さへの対応を覚えた状態をいいます。この状態を作るためにおすすめなのが毎日30分程度のウォーキング。理想としては「やや暑い」くらいの気温で「ややきつい」と感じるレベルです。開始数日から体が熱さへの対応を覚え、半月程度で順化できるのだとか。日頃からウォーキングをしているのが理想ですが、「ウォーキングの時間は確保できるけれど通勤通学などであまり汗をかきたくない」という場合は入浴で汗をかく方法でもOKです。38度くらいのぬるめのお湯をみぞおちの辺りまで張って、30分ほど浸かる半身浴でも暑熱順化の効果は得られるそうですよ。

 

水分補給は内容に気を付けて。「足りなすぎる」・「多すぎる」に注意

最近では熱中症対策として経口補水液の必要性なども知られて来ました。ミネラルウォーターなどの純粋な水分だけを取っていたとしても、発汗量が多い場合、汗と一緒に塩分が減っているので「純粋な水分」だけを取り入れ続けると体が塩分濃度を保つために水分を外に出そうと更に汗をかく、の悪循環で必要以上の発汗で体の水分が足りなくなって熱中症……という事になってしまうのですね。このため「塩分補給」の必要性が知られた結果、経口補水液の他に塩タブレットや塩分補給を謳った飲み物も種類が豊富になりました。

ところが今度はこの「塩分補給」が原因で別のトラブルが起きるケースも増えています。それは「ペットボトル症候群」と呼ばれる物です。これは糖分の過剰摂取で引き起こされる急性の糖尿病です。「熱中症が怖いから」とこまめに塩分補給のためにスポーツドリンクなどを飲み続ける事で飲み物に含まれる糖分が原因で起こります。

塩分補給が必要となる目安は「一時間以上の作業・運動」「一リットル以上の発汗がみられる状況」なのだとか。デスクワークの合間に一瞬外に出て汗をかいた程度であれば、積極的な塩分補給は必要ないので麦茶などで水分とミネラルを補給し、食事に梅干しや漬物をプラス程度で十分塩分対策になり、同時に糖分を摂取する事になるスポーツドリンクや塩タブレットは積極的に摂取する必要はないそうですよ。

また、最近種類の増えたフレーバーウォーターのような透明な飲み物は、意外に糖分が多いので気分転換向けで水分補給に多量に飲む事は控えた方が安全なのだとか。飲み物を選ぶ時、見た目や宣伝文句ではなく成分表をチェックしながら体調に合わせた物を飲むように注意してみて下さいね。

 
記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

【食育のコト】夏野菜で元気を作ろう!

【食育のコト】夏野菜で元気を作ろう!

梅雨から夏、初秋も気をつけたい『暮らしの湿気対策』

梅雨から夏、初秋も気をつけたい『暮らしの湿気対策』

コメント

人気の記事

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

2020.06.24

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2020.06.23

ケノコトおすすめ!おうちで作りたい手作りドレッシングまとめ

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』