知るコト知るコト
食のコト 2019.08.03

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-9.毎日とりたい”五色”を知っていますか?

こんにちは。
暑さも厳しい毎日ですが、今回はそんな日々の食事で意識したい”五色”のお話です。

毎日の食事で心がけたい『五色』とは?

食事における”五色”というのは、毎日の食事において五つの色の食べものを食べると自然と元気になるという古代中国に始まった「五行思想」の考え方のひとつです。
中国だけでなく韓国、日本でもその考えは受け継がれ、和食の基本となっています。
そして、最近よく耳にする「ファイトケミカル(フィトケミカル)」も、色に関連したものです。
ファイトケミカルとは植物が自らを守るためにつくりだす色素や香り、ネバネバなどの成分ですが、それらが人間の身体の機能を活性化させるということが科学的に証明されたことにより、食べ物の色と栄養への注目が集まっています。

『五色』って何色?どんな食材?


では、具体的に五色とは何色でしょうか?
五色とは、赤・白・黄色・緑・黒(茶色)を指します。

赤は肉や魚の赤身、たこ、えび、トマトやすいかなどの赤い野菜や果物。
白は米、麺類、白身魚、白菜や大根等の白い野菜。
黄色は卵、かぼちゃやレモンなどの黄色い野菜や果物。
緑はほうれん草などの緑の野菜。
黒はひじきや海苔などの海草類、キノコ類、黒ごま。

これら五色をとることにより、五臓に対応し、赤は心臓、白は肺、とそれぞれが内蔵の働きを高めるとされています。
そう聞くと何やら難しそうに思えるかもしれませんが、この五色すべてを組み合わせて摂るようにすれば元気になれる!というものなので、気軽に取り入れてみてくださいね。

気軽に、というのも、私たちの生活にはすでに五色が自然に取り入れられていることが多いのです。
ごくごく普通に思える白いご飯に赤い梅干しと海苔、黄色の卵焼きと緑のおひたし…といったお弁当にも五色が含まれていますよ。
そのように知らぬ間に取り入れていた五色を三度の食事で気にかけることで、からだが喜ぶのです。

さらに、五色がそろった食卓は視覚的にもとても美しく見え、食欲をそそります。
本膳料理や懐石料理などは、和食の基本としてしっかりと五色が取り入れられていることもあり、美しく美味しそうに感じますよね。

献立づくりに悩んだとき、五色を思い浮かべて足りない色を取り入れてみたり。
外食でも少し意識してみたり。
昼や夜に五色が摂れているならば、朝食でも何か一品プラスして五色に整えてみたり。
そんな積み重ねがきっと、昨日より元気な自分へ導いてくれます。

これまで特に色を意識していなかったという方も、知っていたよという方も、ぜひ毎日三食五色を食べて夏を乗り切ってくださいね。

コラム/たみなと あやな
一歳の女の子の母。夫がサッカーに熱心に取り組んでいたこともあり、アスリートフードマイスター3級取得。一般企業退職後、今は資格取得の勉強中です。
栄養士の母の影響もあり、幼い頃から栄養を自然と気にかける暮らしを送ってきました。 豪華なものは作れなくても、“心も身体も幸せになれる食事”を目指し、日々ごはんづくりをしています。

 

その他のおすすめ記事

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-8. あと一品に、バリエーション豊かな和え物はいかがですか?

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-8. あと一品に、バリエーション豊かな和え物はいかがですか?

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-7. いいことづくめの旬を食べよう!~夏~-

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-7. いいことづくめの旬を食べよう!~夏~-

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

だからおいしい。やっぱり嬉しい『続けられるお弁当生活のコツ』

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

コメント

人気の記事

2021.01.25

一度はチャレンジ!ジューシー『自家製ソーセージ』

2021.01.21

甘くてほろ苦い美味しさがたまらない『タルトタタン』

2021.01.21

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

編集部おすすめ記事

2021.01.25

【七十二侯のコト】第七十一候「水沢腹堅」

2021.01.24

【七十二侯のコト】第七十候「款冬華」

2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

2021.01.23

はじめてのナチュラルフード『新年を迎えて~出汁活をしよう~』

2021.01.22

白菜の甘みを味わおう!『焼きロール白菜』

2021.01.22

簡単なのに豪華‼『アボカドサーモンのチコリボード』

2021.01.22

冬土用入りで体のメンテナンスを

2021.01.21

ホッと美味しい!『大根とつくねの食べるスープ』

2021.01.20

煎り大豆の活用法!ごはんのお供に『みそ大豆』

2021.01.20

ほっこり体が温まる『白菜の豆乳クリーム煮』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』