得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.08.16

冷房病にならないために生活の中でこころがけたいコト

LINEで送る
Pocket

猛暑となり「熱中症予防のために、冷房を使いましょう」という天気予報のメッセージを見ることも珍しくなくなってきました。人間の体は暑さに耐えられるようにできていないそうで、気温が高い時は冷房を上手に生活に取り入れる必要があるようです。

しかし職場などで自分の好みでは温度調整ができない、家族が暑がりでエアコンの温度設定が低くなっているなど、意図せず体を冷やしすぎて「冷房病」となってしまう事があります。そんな真夏の大敵・冷房病を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

冷房病の原因は体が温度差に参ってしまう事

冷房病は病気ではなく冷房が原因と思われる体の不調を指す言葉として使われています。「クーラー病」と言う人もいるかもしれませんね。

原因としては、室温と外気温の差が大きすぎて体の体温調節機能が追いつけなくなってしまった状態や、必要以上に冷やされて不調を感じる事が多いようです。
この現象が起きてしまう原因は体温調節を行う自律神経が疲れてしまい、暑い場所から寒い場所に行っても体を放熱状態のままにしてしまい、血管が広がっているため必要以上に体が冷えてしまう事が一因です。「体が冷えに対してうまく抵抗できない」状態といえます。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

体を冷やさないようにするのが一番の冷房病対策

冷房を適切な温度に調節するのが難しい場合は、衣服で調節するのが一番のポイントとなります。冷風が来る位置であれば夏物ではなく春秋物の少し厚いカーデイガンを羽織ってみましょう。また、足首を保温すると効率よく体が温まるのでレッグウォーマーもおすすめです。冷えがひどい場合は冬場の冷え対策同様に腹巻きを使ったりお腹に使い捨てカイロを貼ったりするのもおすすめです。

カーディガン

また、この時期だと外はとても暑いので、家でも冷たい麺類や飲み物を口にしがちですが、冷房で冷えた体は、外気で表面が一瞬温まっただけで体の内部は冷え切っている事も。冷房が効きすぎの環境にいる人は温かいうどんやお味噌汁など、食べると汗ばむ程度の物を口にして内蔵から体を温める方法がおすすめです。
できれば飲み物は常温以上がよく、冷房病の傾向がある人は氷を入れた飲み物は避ける事をおすすめします。

足先が冷えるという人は、血液の循環を良くするためにウォーキングがおすすめです。朝、気温が高くないうちに歩けるならそのタイミングがおすすめですが、出歩く時間は気温が高く、安全にウォーキングできない時はスクワットなど下半身の筋肉を使う運動をしてみましょう。血の巡りがよくなると冷えに対して体が抵抗できるようになります。
お風呂も大切です。この時期、疲れているとお湯に浸かるのはかえって疲れるとシャワーで済ませてしまいがちですがお湯に浸かって汗をかく事で体の体温調節機能が回復しやすくなります。

温かい飲み物

冷房病対策には、朝日を浴びることや深呼吸もおすすめ

冷房で一番ダメージを受けやすい自律神経は、規則正しい生活でリカバリーしてあげる事が大切です。睡眠時間は削らないようにしてなるべくゆっくりと眠り、朝日を浴びる事で体調が整いやすくなります。

手軽にできる方法には深呼吸もあります。なんだかだるいな、など体が参っているサインを感じたら一度立ち上がって深呼吸をしてみましょう。コツは1:2の割合で「吸って、吐く」のリズムのうち、吐く方を数時間の倍にする事。日中、職場で深呼吸が難しいようなら「朝起きた時に1分」「寝る前に1分」など自分がリフレッシュまたはリラックスできると感じるタイミングで一日一回、しっかり呼吸するタイミングを作る事です。

猛暑や残暑の期間は体の安全のためにも冷房が欠かせない時期です。上手く付き合えるように自分が気になるボイントで対策してみてくださいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

夏風邪の原因はエアコンのカビ?『夏に気をつけたい肺炎とは』

夏風邪の原因はエアコンのカビ?『夏に気をつけたい肺炎とは』

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

日本の言葉『草いきれ』夏草の生命力を感じる瞬間

日本の言葉『草いきれ』夏草の生命力を感じる瞬間

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2016.02.01

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』