得するコト得するコト
まめ知識 2019.08.16

冷房病にならないために生活の中でこころがけたいコト

猛暑となり「熱中症予防のために、冷房を使いましょう」という天気予報のメッセージを見ることも珍しくなくなってきました。人間の体は暑さに耐えられるようにできていないそうで、気温が高い時は冷房を上手に生活に取り入れる必要があるようです。

しかし職場などで自分の好みでは温度調整ができない、家族が暑がりでエアコンの温度設定が低くなっているなど、意図せず体を冷やしすぎて「冷房病」となってしまう事があります。そんな真夏の大敵・冷房病を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?

冷房病の原因は体が温度差に参ってしまう事

冷房病は病気ではなく冷房が原因と思われる体の不調を指す言葉として使われています。「クーラー病」と言う人もいるかもしれませんね。

原因としては、室温と外気温の差が大きすぎて体の体温調節機能が追いつけなくなってしまった状態や、必要以上に冷やされて不調を感じる事が多いようです。
この現象が起きてしまう原因は体温調節を行う自律神経が疲れてしまい、暑い場所から寒い場所に行っても体を放熱状態のままにしてしまい、血管が広がっているため必要以上に体が冷えてしまう事が一因です。「体が冷えに対してうまく抵抗できない」状態といえます。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

体を冷やさないようにするのが一番の冷房病対策

冷房を適切な温度に調節するのが難しい場合は、衣服で調節するのが一番のポイントとなります。冷風が来る位置であれば夏物ではなく春秋物の少し厚いカーデイガンを羽織ってみましょう。また、足首を保温すると効率よく体が温まるのでレッグウォーマーもおすすめです。冷えがひどい場合は冬場の冷え対策同様に腹巻きを使ったりお腹に使い捨てカイロを貼ったりするのもおすすめです。

カーディガン

また、この時期だと外はとても暑いので、家でも冷たい麺類や飲み物を口にしがちですが、冷房で冷えた体は、外気で表面が一瞬温まっただけで体の内部は冷え切っている事も。冷房が効きすぎの環境にいる人は温かいうどんやお味噌汁など、食べると汗ばむ程度の物を口にして内蔵から体を温める方法がおすすめです。
できれば飲み物は常温以上がよく、冷房病の傾向がある人は氷を入れた飲み物は避ける事をおすすめします。

足先が冷えるという人は、血液の循環を良くするためにウォーキングがおすすめです。朝、気温が高くないうちに歩けるならそのタイミングがおすすめですが、出歩く時間は気温が高く、安全にウォーキングできない時はスクワットなど下半身の筋肉を使う運動をしてみましょう。血の巡りがよくなると冷えに対して体が抵抗できるようになります。
お風呂も大切です。この時期、疲れているとお湯に浸かるのはかえって疲れるとシャワーで済ませてしまいがちですがお湯に浸かって汗をかく事で体の体温調節機能が回復しやすくなります。

温かい飲み物

冷房病対策には、朝日を浴びることや深呼吸もおすすめ

冷房で一番ダメージを受けやすい自律神経は、規則正しい生活でリカバリーしてあげる事が大切です。睡眠時間は削らないようにしてなるべくゆっくりと眠り、朝日を浴びる事で体調が整いやすくなります。

手軽にできる方法には深呼吸もあります。なんだかだるいな、など体が参っているサインを感じたら一度立ち上がって深呼吸をしてみましょう。コツは1:2の割合で「吸って、吐く」のリズムのうち、吐く方を数時間の倍にする事。日中、職場で深呼吸が難しいようなら「朝起きた時に1分」「寝る前に1分」など自分がリフレッシュまたはリラックスできると感じるタイミングで一日一回、しっかり呼吸するタイミングを作る事です。

猛暑や残暑の期間は体の安全のためにも冷房が欠かせない時期です。上手く付き合えるように自分が気になるボイントで対策してみてくださいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

夏風邪の原因はエアコンのカビ?『夏に気をつけたい肺炎とは』

夏風邪の原因はエアコンのカビ?『夏に気をつけたい肺炎とは』

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

二十四節気の暮らし方『小暑』暑さの始まり。ビールの安全な飲み方を覚えておこう

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

『海の日』は海に囲まれた日本ならではの祝日。海から受けているはかりしれない恩恵に感謝する日。

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

日本の言葉『草いきれ』夏草の生命力を感じる瞬間

日本の言葉『草いきれ』夏草の生命力を感じる瞬間

コメント

人気の記事

2021.09.27

HMでコーンウインナーの『御馳走ちぎりパン』

2021.09.27

女性の味方!『スパイス香るいちじくと麹甘酒のスムージー』

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

編集部おすすめ記事

2021.09.28

混ぜるだけ!『麹甘酒とりんごのラッシー』

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』