得するコト得するコト
まめ知識 2019.09.16

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

2019年9月16日は「敬老の日」。国民の祝日のひとつです。祖父母を囲み食事会を催すご家族や、地域の老人クラブのイベントなどに参加する方もいることでしょう。そんな「敬老の日」の意味や、祝日になった経緯などを紹介します。

「としよりの日」から「敬老の日」へ

「敬老の日」の趣旨は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことです。(「国民の祝日に関する法律」より)
敬老の日は、1947年(昭和22年)9月15日に、現在の兵庫県多可町で敬老会が開かれたことに始まります。「老人を大切にしよう。お年寄りの知恵を借りて村づくりに生かそう」という趣旨の会でした。このことが県全体に広がり、やがて「9月15日を『としよりの日』にしよう」いう運動に発展。1951年(昭和26年)に、当時の中央福祉協議会が9月15日を「としよりの日」としました。
1963年には老人福祉法の制定により、名称が「老人の日」と改まります。その後、「老人」という語感に対する議論や、「成人の日」「こどもの日」のように祝日にしようとの声が高まり、1965年、国民の祝日として「敬老の日」が制定されました。

2003年以降は「ハッピーマンデー制度」の実施に伴い、敬老の日は「9月の第3月曜日」になりました。現在では9月15日を「老人の日」、この日から1週間を「老人週間」としています。祝日の「敬老の日」との違いは、老人の福祉への理解や関心を深めることを目的としているところにあるようです。(「老人福祉法」より)

聖徳太子の事業が由来

もともと敬老の日が9月15日になったのは、593年、聖徳太子が大阪市の四天王寺に「悲田院」を建てたのがこの日だったという説があります。悲田院は、身寄りのない病人や老人を収容する施設でした。現在の老人介護施設のようなものですね。また、「悲田」という言葉には、病気や弱い立場の人を思いやると、田畑が実り福を生むという意味があるそうです。

目上を敬う気持ちを大切に

40代や50代で孫がいる方もいます。昔と比べ、姿勢が良く若々しく見える高齢者が増えていますね。敬老の日は何歳から祝えばいいのか、目安になるものはあるのでしょうか。
WHO(世界保健機関)が65歳以上を「高齢者」としているのを基準に、65歳以上を「老人」とするのが一般的なようです。けれども、最近は65歳まで働く人が増えているので、社会の変化に合わせ、その基準も変わっていくのかもしれませんね。「老人」との括りに抵抗がある方もいますし、心身ともに健康で「老人」には見えない方もいます。何歳からという定義づけは難しいですね。

敬老の日が近づくと、インターネット上やデパートでは、ギフト特集などが組まれているのを目にしますね。労わる気持ち、すてきな年齢の重ね方をしていることをねぎらうなど、「どのような心で」お祝いするかを大事にしたいですね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

「二百十日」とは何の日?9月1日「防災の日」との関係は?

「二百十日」とは何の日?9月1日「防災の日」との関係は?

日本の言葉 「蝉しぐれ」 暮らした場所によって違う夏の音

日本の言葉 「蝉しぐれ」 暮らした場所によって違う夏の音

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

コメント

人気の記事

2020.07.15

型要らず!保存容器で作ろう『バットプリン』

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

編集部おすすめ記事

2020.07.15

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』