作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

LINEで送る
Pocket

秋の味覚といえばきのこ。その美味しさのカギとなるのは「旨み」「香り」「食感」です。成分のほとんどを占める水分の中には、旨みが多く含まれます。なるべく水分を失わせることなく香りを引き立て食感良く仕上げることで、まさに香りを食べているような、味わい深いきのこ料理が出来上がります。

その為にお勧めしたい方法は、きのこを焼くこと。極力触らずじっくり焼いたきのこに、これまでのきのこのイメージが覆るかもしれません。
今回も、何日も使い回しが出来るような簡単レシピを考えました。秋の実りを、ぜひ毎日楽しんでくださいね。

きのこ盛り合わせ

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』材料(作りやすい分量)

焼ききのこのおひたし

*きのこ(えのき以外) 

約300g

めんつゆ、酢

各大さじ4

えのき茸

1袋

油(好みのもの)

大さじ2

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』作り方

1. きのこの石づきを薄く切り落とし、食べやすい大きさに手で分けます。手で分けられないものは包丁を使います。えのき茸は包丁で長さを半分にします。

しめじの石づきを落とす

エリンギの石づきを落とす

↑エリンギは、根元の色が付いている部分のみを薄くそぎ取ります。

しいたけの石づき

↑しいたけは下の固い部分のみ切り落とし、軸は捨てずに頂きます。

2. フッ素加工のフライパンに油大さじ1を熱し、えのき茸以外のきのこを並べて強めの中火で焼きます。

フライパンにきのこを並べる

↑※この時、決して触らないことが大切です。

3. きのこの表面に水分がついてきたら裏返し、反対も焼きます。焼けたらバット等に取り出します。

きのこをバットに取り出す

4. きのこを取り出したフライパンを洗わず、油大さじ1を加えたらえのき茸を中火でさっと炒めます。そこへめんつゆと酢を加えて煮立ったら火を止めます。

炒めたえのき茸

5. きのこの入ったバットに4を熱いうちに入れます。

えのきと調味料をきのこにかける

↑混ぜる必要はありません。えのき茸で蓋をするようにします。

えのきが全体にかかったきのこ

粗熱が取れたら全体を混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしたら完成です。

焼ききのこのおひたしアレンジ例

『焼ききのこのマリネ』
小さめにカットしたお好みの野菜(トマト、胡瓜、豆等)とツナを合わせてオリーブオイルと塩で和えるだけです。

焼ききのこのマリネ

『焼ききのこパスタ』
めんつゆと青じそを加えて和風パスタに。また、クリーム系パスタの上にトッピングしても相性が良いです。
焼ききのこパスタ

『魚のソテー焼ききのこソース』
白身魚をバターで焼きます。お皿に盛りつけたら上から焼ききのこのおひたしをソースとして掛けるとワンランク上の味わいに。
魚のソテー焼ききのこソース

その他にも、お豆腐乗せたり、オムレツに掛けたり、茹で蛸と合わせてオリーブオイルに浸しても。
いつもの料理に秋の香りを添えて楽しんで下さいね。

ポイント

・冷蔵庫で約4日間保存可能です。
・きのこは手で割くと味が浸み込みやすくなり、マリネやお浸し、煮込み料理に向きます。
・酢は、酸味が穏やかな米酢を使っております。
・せっかくの香りを逃さないよう、きのこは水洗いしません。気になる汚れは水に濡らしたキッチンペーパーで優しく拭く程度にしてくださいね♪
・ガスコンロをお使いの方は、焼き網できのこを焼いても。その場合、作り方4以降は同じです。
・きのこはお好みのもの3種類以上を混ぜて下さい。香りと味わいに奥行きが出てお勧めです。

【調理時間】25分(ミートボール)

レシピ/ 大西 麻子

自然豊かな福井育ち。料理旅館で育った祖母の影響で幼児の頃から料理を始め、中学生になってからは家族の夕食を毎日作る大の料理好き。料理と暮らしを紹介したブログはランキング上位になり、わずか2年で出版に至る。4歳の息子と夫の3人暮らし。家族との暮らしを第一に、書籍や企業へのレシピ開発、写真提供をしている。現在、大好きな花や旅をテーマにした料理教室、ワークショップを計画中。

ブログ「さくらのおうちカフェ
Instagram

その他のおすすめ記事

本当に美味しい『茄子とトマトのふわとろミートボール』

本当に美味しい『茄子とトマトのふわとろミートボール』

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

お豆腐でヘルシーに♪『とうもろこしの白和え』・『とうもろこしの焼きコロッケ』

お豆腐でヘルシーに♪『とうもろこしの白和え』・『とうもろこしの焼きコロッケ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介