得するコト得するコト
美容 2015.11.16

クランベリーでマイナス3センチ?美脚を手に入れる秘密

朝晩めっきりと気温が下がり、紅葉もきれいな季節になりました。
この季節は不調出やすく、腎臓や膀胱(ぼうこう)のトラブルを感じている人も多くなります。

代謝も徐々に鈍り始めるこの時期にオススメの美容食材が「クランベリー」
クランベリーはポリフェノールやビタミンCが豊富で、抗酸化力によるアンチエイジング・美白効果があるので、女性にとって嬉しいフルーツなんです。
ですが、それだけじゃないのがクランベリーのまたすごいところ。今回はそんなクランベリーの効果をご紹介します。

悪いものを外に。むくみもつら膀胱炎にも。

クランベリーは、腎臓の機能を活発にし、利尿を促しむくみをとる、そして何よりすごいのは細菌を体外に排出してくれる抗細菌付着排出効果により、膀胱炎など尿路感染症や尿路結石や歯周病にも効果絶大です。

疲れなどにより、膀胱の不快症状や残尿感や、尿が出づらい、熱い重い感じがする、腎臓の冷えがきになるなどがある方はぜひクランベリーのストレートジュース(砂糖などを加えていないもの)を飲んでみてくださいね。

kuran_re

足を細くしてくれる?

クランベリーといえばアメリカなどではクリスマスのターキーなどにソースとして使われます。
これはクランベリーが固い筋肉や霜降り肉を柔らかくする効果があるため、お肉が柔らかくし、消化を助けるためです。
クランベリーは酸味が強いですが、凝り固まった筋肉をほぐしやわらかく代謝してくれます。
過去に運動をたくさんしていた人のパンパンの太ももには特に効果あり。

マクロビオティックでは、“食べたもののようになる”といいますが、鶏肉をたくさん食べる人は鶏のように太ももが太くなるといいます。そうフライドチキンや腿焼きを想像してみてください。
そんな鶏肉を食べると固くつきやすいお肉をクランベリーが柔軟にして代謝してくれるんです。

クランベリージュースはとっても酸っぱいので、クランベリーゼリーのようにデザートにアレンジするのも良いですね。

zeri_re

また、クランベリー入り里芋のポテトサラダや、砂糖を添加していないドライクランベリーを料理に使うのも赤くてかわいいのでオススメです。
次回はマイナス3cmのための、材料費0円のセルフメンテナンスをご紹介します。

レシピ/ベジフード×ヘルスデザイナー 千葉 芽弓
Tokyo Smile Veggies設立メンバー、コラムライター、草月流華道師範。

Tokyo Smile Veggiesホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2021.12.21

繰り返し作りたいシンプルなご馳走『骨付き鶏肉とじゃがいものオーブン焼き』

編集部おすすめ記事

2022.01.25

袋で簡単!『味噌ヨーグルト床』

2022.01.25

甘辛で美味しい!『長ネギとトッポギの炒め煮』

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類