得するコト得するコト
まめ知識 2020.09.16

「食欲の秋」どうして秋になると食欲が増加するの?

次第に涼しくなって来て、大粒のぶどうや梨などいわゆる「秋の味覚」をお店で目にするようになってきましたね。
実りの秋とも言われるだけあって、おいしい食材が次々に旬を迎える時期でもあります。
それも「食欲の秋」といわれる理由の一つですが、体の中で起きている変化も「食欲の秋」の原因となっているのをご存知でしょうか?

暑さのダメージから回復した体が食べる事を要求する

夏バテで食欲が落ちるタイプの人は、夏の暑さでダメージを受けて消化器官が弱り、体重が減少する事が多いのですが、このタイプの場合、体が回復しようとして秋になってくると食欲が増してきます。
夏の暑さの他にも、冷たい物が苦手なタイプの人も温かいメニューが増えるので体に負担をかけずにたくさん食べられる状況が整って来ます。

日照時間の減少からくるストレスのために食欲が増すことも

夏は気温が高く、日差しも苛烈で体への負担も大きいのですが、エルネギーに満ちた季節でもあり夜も短いので充実して過ごせるシーズンです。それが秋に入ってくると次第に日差しが柔らかく弱まって行き、日暮れが早くなって日照時間が減少していきます。
すると人間の体の中で日光を浴びる事で作られる「セロトニン」という神経伝達物質が作られる量も減少していきます。
セロトニンは別名を幸せホルモンと呼ばれる事があり、気持ちの安定や質の良い睡眠に関わってきます。
その物質が減るため、ストレスを感じやすくなる事で食欲が増して来るという考え方もあるそうです。
食べる事で快感を得られるため、足りないセロトニンの代わりに食べる事で穴埋めしてしまうのが「食欲の秋」の原因かもしれません。

外に出て、酸味を取るのが「困った食欲の秋」対策

旬のおいしい食べ物を楽しむのも「食欲の秋」の楽しみですが、食欲がセーブできずに胃もたれするほど食べて消化器官にダメージが出てしまう、または体重の増加が止められない……という場合は食欲を抑える工夫をしてみましょう。

日照不足の食欲増加対策としてはまず屋外に出る事です。気候のいい時期ですから行楽に限らず家の近くを少し歩くだけでも爽快な気分になれます。また、30分ほどウォーキングを続ける事でもセロトニンの分泌が増えるとされています。筋肉を動かす事で脳に酸素が届きやすくなり、脳を活性化させる効果があるとされていますのでぜひお試しを。

次に食べ過ぎて体重が増加してしまう……というお困りの場合、食べる量のリセットがおすすめです。
「初物の秋刀魚がおいしくてたくさん食べてしまった」が一日だけならいいのですがそれを毎日続けてしまわないようにメリハリを付けてたくさん食べた次の日は控えめにする、というように一週間くらいを目安に食事量が増加しすぎていないかチェックしてみて下さい。
食べる量が増えたまま定着しないよう、翌日以降の食事で調節する習慣をつけてみましょう。

もう一つ、甘くてこってりしたお菓子が欲しくてたまらない場合。
脳が疲れているために食べると脳に快感が得られる糖分の入った物を体が欲しがっている事も。
そういう場合は単純な甘さの物ではなく柑橘類など甘酸っぱい果物や黒酢ドリンクのような酸味がある物にしてみましょう。
クエン酸を含む物は疲労回復を助ける働きがあるので甘味への要求が和らぐ事があります。

ゆっくり味わう事なく一気に食べると満足感が得られないままカロリーを過剰摂取、という事になりかねませんので、食べる時はお気に入りの食器でゆっくり味わう、「ながら食べ」はしないなど、上手に食べたいという要求をリセットできる方法を見つけて「食欲の秋」を楽しんで下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

食欲の秋に。知っていますか?和食の日本語の意味

	食欲の秋に。知っていますか?和食の日本語の意味

より旬を楽しむコツは食材選びから おいしい秋の味覚の選び方

より旬を楽しむコツは食材選びから おいしい秋の味覚の選び方

季節の移ろいを楽しむ『きゅうりの生姜金平 と さつまいもご飯』

季節の移ろいを楽しむ『きゅうりの生姜金平 と さつまいもご飯』

コメント

人気の記事

2020.10.25

あまじょっぱいてりやきに黄身がとろ~り『お月見ばーぐ』

2020.10.23

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

2020.10.16

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「さつまいも」を使ったレシピまとめ

編集部おすすめ記事

2020.10.27

糀のコト『甘酒スムージーから始まる1日』

2020.10.26

パリッ!とトロける『かぼちゃのクレームブリュレ』

2020.10.24

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

2020.10.23

ゆでっぱなしで美味しさバツグン『ゆで栗』

2020.10.22

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2020.10.22

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「かぼちゃ」を使ったレシピまとめ

2020.10.21

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.20

手抜きなのにしっかりおつまみ『じゃがいもの鯖味噌炒め』

2020.10.18

お疲れの時に!漬けておいて焼くだけ『鶏肉の塩麹焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう