知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2019.10.19

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-15. 子どもの好き!が増える献立づくり

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
今回のテーマは、小さなお子さんのいるご家庭の献立についてです。

我が家の娘もまもなく2歳。
イヤイヤ!が多く翻弄される日々ですが、食べることが好きなのでおいしい!と嬉しそうに食べてくれることが大半で、そんな娘を見ているのが一番のわたしのご褒美でもあります。
一生懸命考え、手間をかけて作った食事だからこそ、やっぱり笑顔のおいしい!が聞きたいですよね。
毎日大好きなものをつくってあげられればよいのですが、栄養も気になるし色んなものを食べてほしい…

そんな思いの中、私が今まで試行錯誤でたどりついた献立づくりのステップがあります。

 

まずは、子どもの好きなものをよく知る

お子さんのお気に入りのメニューを思い浮かべたり、実際に作ってみたりして、お子さんの反応を見たり声を聞いてみましょう。
食材自体の味が好き?
食感が好き?
味付けが好き?
きっとお子さんの「○○だから好き!」が一つはあるはずです。

 

苦手なものはどこが嫌い?

その次に、逆に苦手な食材やメニューについて。
こちらも具体的に
苦みや酸味のような風味?
香り?
私の娘は、緑の葉もの野菜を”葉っぱやだよ!“と嫌がるので、乳幼児であれば色味や視覚的なものもあるようです。
大人には想像しなかった苦手なポイントがあることも多いので、よく観察してみると意外な発見があるかもしれません。

 

苦手なポイントは隠す、好きな部分はより引き出す

好き嫌いがわかってきたら、あとは当然のことのようですが嫌いなポイントをなるべく消し、好きなものに近づけてあげましょう。
甘い味付けが好きなのであれば、お砂糖を使うばかりでなく、かぼちゃやさつまいもなど素材の甘味も活かす。
魚や肉などの食感は苦手であれば、細かくきざんでお豆腐と混ぜてふわっとしたつくねやハンバーグに形を変えてみる。
娘のように色味が気になるようであれば、トマトソースなど色の印象を弱めてくれるものに刻んで混ぜ込む。
 

そんな工夫で普段は食べられないものが食べられた時にはたくさん、「すごいね!」「食べられたね!」と声をかけてあげることもとっても大切。
いつもは食べられないのに食べられた!となった瞬間を一緒にいっぱい喜んでくださいね。
また、食べられた時には食べられたご褒美に。食べられなかった時は自信を失わないために。
苦手なものを使う時には一緒に好きなメニューも献立に入れるようにしています。
「できた!」や「これはだめだったけど、こっちは食べられた!」というお子さんの気持ちに一緒に寄り添って食べることを楽しんでくださいね。

わたし自身、これまで苦手なものを好きなキャラクターの形にしてみたりもしましたが、やっぱり子どもが嫌いなのはそのメニュー自体だったりするので、そうした視覚的な工夫は好きなメニューでこそトライして、より食事を楽しい!と思うきっかけにつなげるのが良いなと感じました。
また、形にくりぬいたりと手間がかかる分食べてくれなかったときのショックが大きいので、絶対食べてくれそうなもので視覚的な工夫をする方が作り手としてもやってよかったな、と感じられますよ。

そんな風に心の折れない範囲を自分で決めて、その中でぜひいろいろと試してみてくださいね。
子どもはみんな、十人十色ですのでこの方法がうまくいかない場合もたくさんあるとは思うのですが、お子さんと向き合って”好き!”を見つけるヒントにして頂ければ嬉しいです。
 

コラム/たみなと あやな
2歳児の母。栄養士の母のおかげで、日々栄養を気にかける暮らしを送ってきました。
その影響もあり夫のサッカー現役時代にアスリートフードマイスター3級を取得。
出産後に保育士資格を取得し、今は子どもの食や薬膳について勉強中です。
豪華なものは作れなくても、“心も身体も幸せになれる食事”を目指しています。

 

その他のおすすめ記事

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-14. 改めて確認したい、調味料のコト②

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-14. 改めて確認したい、調味料のコト②

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-13. 改めて確認したい、調味料のコト①

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-13.  改めて確認したい、調味料のコト①

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-12. 手づくりごはんのお供で、白米もごちそうに

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-12. 手づくりごはんのお供で、白米もごちそうに

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』