作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2019.10.15

どちらがお好み?『ふわもち蓮根チヂミ』『サクサク蓮根ワンタン』

LINEで送る
Pocket

煮る、炒める、すりおろす…調理法で全く違った表情を見せてくれる野菜、蓮根。

お皿に乗ったレンコン

料理の美味しさを決める要素はいくつかありますが、日本人は食感をとても大切にしていると感じます。その証拠に、日本語には食感を表す言葉が数多く存在しています。ある調査によると、日本人が好む食感の第1位は「もちもち」だそうです。そして第2位は「サクサク」。

さあ、あなたはどちらがお好みですか?

蓮根ワンタン

『ふわもち蓮根チヂミ』材料(4人分)

チヂミを小さく焼くのは我が家流。切る手間が無いので洗い物が少なくなることや、ひっくり返しやすいこと、また、焼き時間も短くなるので時短になります。お子様にも食べやすいサイズでお弁当にも便利です♪

蓮根チヂミ

蓮根 

約200g

木綿豆腐

150g

鶏ひき肉

約150g

小麦粉

大さじ5

溶き卵 

1コ分

酒、塩 

各小さじ1

ごま油

適量

『ふわもち蓮根チヂミ』作り方

1. 耐熱皿にひき肉と酒を入れて軽く混ぜ合わせ、ラップをせずレンジで2分加熱します。箸でほぐして、出てきた水分に浸したまま粗熱を取ります。

2. 1を冷ましている間、蓮根の皮をむいてすりおろし、ちぎった豆腐と共にザルに乗せます。小皿などで重しをしてそのまま10分置きます。

ちぎった豆腐に重しをのせる

3. ボウルにごま油以外の全ての材料を入れ、豆腐を潰しながら手でよく混ぜ合わせます。

全ての材料を入れたボウル

4. フライパンにごま油大さじ1を流し弱めの中火に。3をスプーンですくって丸く整えます。きつね色になるよう両面を焼いたら完成です♪

フライパンでチヂミを焼く

お好みでポン酢や、酢醤油(酢:醤油=1:1)を付けてお召し上がりくださいね♪
大人の方はラー油やネギを加えても美味しいです。

タレを添えた蓮根チヂミ

『サクサク蓮根ワンタン』材料 (30個分)

レンコンワンタン

材料は、蓮根チヂミと同じです。
出来上がったタネをワンタンの皮に包んで揚げるだけ!また違った食感を楽しめます♪
豆腐入りなのでカロリーも抑えられますよ。

1. ワンタンの皮に、タネを包みます。

ワンタンの皮の中心にタネをのせる

↑ワンタンの皮の中央に“少量ずつ”乗せます。

三角に折りたたむ

↑周囲に指で水を付け、三角に折ります。

両はしを押さえ、形を整える

↑指に少量の水を付け、皮の両端をぎゅっと押さえます。

並べたところ

2. 160度~170度の油できつね色になるまで揚げたら完成です。お好みで塩を振ってお召し上がりください♪

タネが余ったらフライパンで焼いてチヂミにしてくださいね。

<保存メモ>
『ふわもち蓮根チヂミ』と『サクサク蓮根ワンタン』は、どちらも冷凍保存可能です。チヂミは1つずつラップに包んで保存袋へ。ワンタンはバット等に重ならないように並べて冷凍庫へ。凍ったら保存袋に入れるとくっつきません。凍ったまま揚げて下さい。

ポイント

・温め直しには、トースターか魚焼きグリルで2分程が目安です。
・もしお子様やご家族が苦手で無ければ、刻んだニラや細ねぎを混ぜ込んでも美味しいですよ♪
・ひき肉はお好みで豚でも美味しく出来ます。特に、ニラ等香りの強い食材を加えるなら豚がお勧めです。

【調理時間】20分(チヂミ)

レシピ/ 大西 麻子

自然豊かな福井育ち。料理旅館で育った祖母の影響で幼児の頃から料理を始め、中学生になってからは家族の夕食を毎日作る大の料理好き。料理と暮らしを紹介したブログはランキング上位になり、わずか2年で出版に至る。4歳の息子と夫の3人暮らし。家族との暮らしを第一に、書籍や企業へのレシピ開発、写真提供をしている。現在、大好きな花や旅をテーマにした料理教室、ワークショップを計画中。

ブログ「さくらのおうちカフェ
Instagram

その他のおすすめ記事

秋の定番の組み合わせをお子さまにも♪『イカと里芋ボール』

秋の定番の組み合わせをお子さまにも♪『イカと里芋ボール』

フライパン1つ!やみつきになる『さんまのコチュジャン煮』

フライパン1つ!やみつきになる『さんまのコチュジャン煮』

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

本当に美味しい『茄子とトマトのふわとろミートボール』

本当に美味しい『茄子とトマトのふわとろミートボール』

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』