得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.10.11

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

LINEで送る
Pocket

9月の十五夜には、美しい満月を観賞できましたか?ちょうど雲に隠れて見逃してしまった…。そんな方は、十五夜以外にもお月見を楽しむ日があるのをご存じでしょうか?

十三夜と十五夜はどう違う?

十五夜(中秋の名月)から約1カ月後の旧暦9月13日の夜を「十三夜」といいます。2019年の十三夜は10月11日(金)です。中国から十五夜の行事が伝わる以前から、日本には十三夜の風習がありました。十三夜の時期は収穫のさなかであることから、秋の収穫祭の一つだったのではないでしょうか。民間に広く普及していた行事のようですが、現在の日本ではあまり知られていませんね。

平安時代の919年に宇多天皇が、十五夜の宴だけではなく、旧暦9月13日にも観月の宴を催したことから十三夜にお月見を行うようになったと言われています。

十三夜の月はどんな月?

今ではマイナーな行事になってしまった十三夜。十五夜にはお月見をしても、十三夜の月は見ない人が多いと思います。しかし、十五夜と十三夜を併せて「二夜(ふたよ)の月」と呼び、片方だけを見ることは「片月見(かたつきみ)」として忌み嫌われました。

十三夜は新月から13日目、満月の8割ほどの丸さの月を愛でる行事です。ほんのり欠ける十三夜の月に趣を感じるところが日本人らしいですね。
台風や秋雨前線の影響を受けやすい十五夜のころと比べると、「十三夜に曇りなし」と言われるように、空気が澄み、晴れる日が多いため、とてもきれいな月を見ることができます。

十三夜は別名、「豆名月」「くり名月」ともいいます。お供え物にする枝豆やくりが、ちょうど食べ頃になることから名づけられました。また、十五夜に対して「後(のち)の月」とも呼ばれます。

日本版ハロウィン!?お月見どろぼう

十三夜も十五夜と同じようにお供えをします。ススキ、13個の「お月見団子」、大豆や栗、ぶどうなど秋の農作物をそろえます。

また、昔は十五夜や十三夜の夜だけは、他人の畑の作物を盗ってもよいというならわしがありました。「お月さまが持って行った」のだから縁起が良く、盗まれた畑は豊作になると言われたそうです。
この風習が、やがて日本各地の農村で行われた「お月見どろぼう」へと変化したそうです。「月からの使者」と考えられていた子どもたちは、お月見の日だけは、お供え物を盗むことを許されました。子どもたちにお団子を盗られると縁起が良く、その年は豊作になる。盗んだお団子を食べた子どもは金持ちになる。7軒の家からお団子を盗むと縁起が良い――などなど、お月見どろぼうの言い伝えはいろいろあります。

現在でもお月見どろぼうの風習が残る農村部があり、特に愛知県日進市や名古屋市、三重県四日市市辺りが有名です。「お月見どろぼうです!」などと、子どもたちが声をかけながら近所の家を回り、お団子やお菓子をもらう風習が残っています。収穫の時期に子どもたちがお菓子を集める様子は、ハロウィンの習慣に似ていますね。

お月見行事のほか、十五夜の月を待つ夜を意味する「待宵(まつよい)」、16日目の月「十六夜(いざよい)」など、日本には月に関係する美しい言葉がたくさんあります。街灯がなく、月あかりを頼りに夜道を歩いていた時代には、今よりも月が身近に感じられたのかもしれませんね。今年は十三夜にも月を眺めてみてはいかがでしょうか。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

「二百十日」とは何の日?9月1日「防災の日」との関係は?

「二百十日」とは何の日?9月1日「防災の日」との関係は?

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』