得するコト得するコト
まめ知識 2019.10.14

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

「東京2020オリンピック競技大会」まで、いよいよ1年を切りましたね!チケットの抽選や聖火ランナーの募集、日本の夏への暑さ対策など、オリンピックの話題で盛り上がっていますね。あなたは観戦したい競技のチケットを手に入れることができましたか?そんな東京オリンピックと縁の深い国民の祝日「体育の日」について紹介します。

「体育の日」の意味と由来

体育の日は10月の第2月曜日。2019年は10月14日です。体育の日の趣旨は「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことです。(「国民の祝日に関する法律」より)

もともと1961年に制定された「スポーツ振興法」では、10月の第1土曜日を「スポーツの日」としていました。この時は休日ではありませんでしたが、スポーツ振興国会議員懇談会が中心となって運動を展開。1966年に10月10日が「体育の日」となり、建国記念日や敬老の日とともに国民の祝日に追加制定されました。

若い世代の中には、体育の日が10月10日だったことを知らない人がいるかもしれませんね。10月10日が選ばれた背景は、この日が1961年に開催された、東京オリンピック大会の開会式だったことに由来します。オリンピックの感動や選手たちの活躍をたたえ、その記念日として「体育の日」ができました。

1961年の東京オリンピックは夏の大会なのに、開会式が10月10日に行われたのは、この日が1年中で晴れる確率が最も高い「晴れの特異日」だったからです。日本で初めてのオリンピック開催に合わせて「東海道新幹線」が開通し、テレビの世帯普及率が大幅に伸びるなど、東京オリンピックがあったからこそ景気が良くなり、日本全体が豊かになりました。日本が戦後の復興を遂げた姿を世界にアピールできるオリンピックの開会式は、秋晴れの日がふさわしいと考えられたようです。

「体育の日」は「スポーツの日」に変更

56年の時がたち、再び東京でオリンピックが開催される2020年に、「体育の日」は「スポーツの日」と名称を改めることになりました。併せて、趣旨の文面も「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」に変わります。
「体育」という言葉からは、「教育的に」体を発達させるようなニュアンスが感じられますね。娯楽的な意味を含む「スポーツ」という言葉に変わるのは、時代の流れとして自然なことかもしれませんね。

祝日大移動の2020年!

名称の変更だけではなく、2020年に限り、「スポーツの日」「海の日」「山の日」がオリンピックの開閉式前後に移動することが決まっていますよ。スポーツの日は、開会式が開催される7月24日に移動します。これは「10月10日」の由来に倣うためです。整理すると、このようになります。
・7月23日(木)海の日
・7月24日(金)スポーツの日・開会式 (7/23~26:4連休)

・8月9日(日)閉会式
・8月10日(月)山の日 (8/8~10:3連休)

このため、2020年は10月の3連休はなくなります。少し気が早いようですが、毎年集まりの予定などがある人は、注意が必要ですね。

日々の忙しさから体を動かす楽しさを忘れていませんか?2019年で最後となる体育の日には、スポーツをしたり観戦したり…。たまには体と心をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

コメント

人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼