得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.10.14

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

LINEで送る
Pocket

「東京2020オリンピック競技大会」まで、いよいよ1年を切りましたね!チケットの抽選や聖火ランナーの募集、日本の夏への暑さ対策など、オリンピックの話題で盛り上がっていますね。あなたは観戦したい競技のチケットを手に入れることができましたか?そんな東京オリンピックと縁の深い国民の祝日「体育の日」について紹介します。

「体育の日」の意味と由来

体育の日は10月の第2月曜日。2019年は10月14日です。体育の日の趣旨は「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」ことです。(「国民の祝日に関する法律」より)

もともと1961年に制定された「スポーツ振興法」では、10月の第1土曜日を「スポーツの日」としていました。この時は休日ではありませんでしたが、スポーツ振興国会議員懇談会が中心となって運動を展開。1966年に10月10日が「体育の日」となり、建国記念日や敬老の日とともに国民の祝日に追加制定されました。

若い世代の中には、体育の日が10月10日だったことを知らない人がいるかもしれませんね。10月10日が選ばれた背景は、この日が1961年に開催された、東京オリンピック大会の開会式だったことに由来します。オリンピックの感動や選手たちの活躍をたたえ、その記念日として「体育の日」ができました。

1961年の東京オリンピックは夏の大会なのに、開会式が10月10日に行われたのは、この日が1年中で晴れる確率が最も高い「晴れの特異日」だったからです。日本で初めてのオリンピック開催に合わせて「東海道新幹線」が開通し、テレビの世帯普及率が大幅に伸びるなど、東京オリンピックがあったからこそ景気が良くなり、日本全体が豊かになりました。日本が戦後の復興を遂げた姿を世界にアピールできるオリンピックの開会式は、秋晴れの日がふさわしいと考えられたようです。

「体育の日」は「スポーツの日」に変更

56年の時がたち、再び東京でオリンピックが開催される2020年に、「体育の日」は「スポーツの日」と名称を改めることになりました。併せて、趣旨の文面も「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」に変わります。
「体育」という言葉からは、「教育的に」体を発達させるようなニュアンスが感じられますね。娯楽的な意味を含む「スポーツ」という言葉に変わるのは、時代の流れとして自然なことかもしれませんね。

祝日大移動の2020年!

名称の変更だけではなく、2020年に限り、「スポーツの日」「海の日」「山の日」がオリンピックの開閉式前後に移動することが決まっていますよ。スポーツの日は、開会式が開催される7月24日に移動します。これは「10月10日」の由来に倣うためです。整理すると、このようになります。
・7月23日(木)海の日
・7月24日(金)スポーツの日・開会式 (7/23~26:4連休)

・8月9日(日)閉会式
・8月10日(月)山の日 (8/8~10:3連休)

このため、2020年は10月の3連休はなくなります。少し気が早いようですが、毎年集まりの予定などがある人は、注意が必要ですね。

日々の忙しさから体を動かす楽しさを忘れていませんか?2019年で最後となる体育の日には、スポーツをしたり観戦したり…。たまには体と心をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

もっと知りたい日本の郷土料理 宮城県 『ずんだ餅』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』