得するコト得するコト
まめ知識 2019.10.14

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

ようやく厳しい残暑が和らぎ、吹く風に秋を感じるようになりました。秋は食べ物がおいしく、外出がしやすい季節ですね。そんな秋の行楽シーズン真っただ中の10月にある、「鉄道の日」について紹介します。

10月14日は日本初の鉄道が開業した日

1872年(明治5年)10月14日、当時の新橋(後の汐留貨物駅。現在は廃止)―横浜(根岸線桜木町駅)間の29kmに鉄道が開通しました。この日を記念して、1922年(大正11年)に日本国有鉄道が記念日に制定しました。

日本で最初の鉄道は、イギリス人のハート機関士による指導のもとで、英国製の列車とレールを使用したそうです。当時の列車は「陸蒸気(おかじょうき)」と呼ばれ、時速32kmで走りました。お米10kgが40銭ほどで買えた時代に、運賃は上等1円50銭、中等1円、下等50銭。少々高価ではありましたが、一日がかりで歩いていたのを1時間以内に短縮した功績は大きなものでした。初年度の乗降数は49万人でしたが、25年後の1897年には乗降客2200万人まで成長しました。

鉄道開通当初は鉄道省の管轄でしたが、その後公社として日本国有鉄道(国鉄)になり、1987年(昭和62年)に民営化されJRとして現在に至ります。1994年に、現在の国土交通省の提案で鉄道記念日は「鉄道の日」に改称され、JRグループを始めとする全ての鉄道事業者が祝う日になりました。

秋の乗り放題切符

鉄道の日に合わせて、JRグループから普通列車の旅を満喫できる「秋の乗り放題パス」が発売されます。概要は以下の通りです。
・発売期間:2019年10月1日~25日
・利用期間:2019年10月12日~27日
・有効期間:連続する3日間
・価格:7850円(こども3920円)

秋の乗り放題パスは、鉄道ファンの間では、秋の「青春18きっぷ」として人気があります。青春18きっぷとは次のような違いがあるので注意が必要です。
・3日間連続で利用しなければならないこと
・複数人での利用ができない
・子ども料金が設定されている

期間中は、体育の日の3連休に加え、今年は「即位の礼」が行われる22日が祝日なので飛び石連休もありますよ。

新幹線や飛行機での旅が当たり前の今だからこそ、乗り放題パスを利用して、鈍行列車の旅に出ませんか?
例えば、東京駅から長野県松本駅まで、中央本線・篠ノ井線を普通列車で往復すると8000円です。駆け足の旅にはなりますが、無理に3日間使わなくても、乗車券の元はとれますね。普通の乗車券ではできない途中下車ができるのが、乗り放題パスの良いところ。石和温泉で日帰り温泉に立ち寄ったり、甲府でほうとうを食べたり、小淵沢で高原の空気を吸ったり…寄り道を楽しむことで、このパスのお得感が増しますよ。

鈍行列車の旅の魅力とは?

鈍行列車は、一駅一駅停車をする普通列車や各駅停車のことです。新幹線では防音壁やトンネルで隠れてしまう景色も、鈍行列車では車窓からゆっくりと眺めることができます。線路沿いのススキやコスモス、遠くの山は紅葉が始まっているかもしれません。秋にしか味わえない車窓風景を楽しみたいですね。

通勤通学で電車を利用している人も、マイカーでドライブ派の人も、たまには列車の旅で車窓から流れる景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごしてみませんか?

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

コメント

人気の記事

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2017.05.25

作り置き調味料『万能!かけるニラ醤油』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2016.12.14

部屋も体もすっきりと『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』