知るコト知るコト
食材 2019.10.21

大根の葉には栄養たっぷり!今年は大根丸ごと1本食べつくそう!

最近は品種改良が進み、1年中手に入るようになった大根ですが、旬の時期はまさに今!
大根の旬の時期には、普通のスーパーでも大根の葉がついた状態のものを見かけるようになります。ですが、せっかく大根の葉がついていても、かさばるのもあってか、その場で捨てて帰ってしまう人が多く見受けられます。
でも、大根の葉にはたくさんの栄養が含まれていて、捨ててしまうなんてもったいない!
簡単な下処理さえすれば自家製冷凍野菜としても使え、とても便利です。今年からは、大根は上から下まで丸ごと、葉まで美味しくいただきましょう。

大根は白いので、緑黄色野菜ではなく、淡色野菜と思われがちですが、これ、半分あっていて、半分違っています。大根の根の部分(白い部分)は淡色野菜に部類分けされるのですが、葉は緑黄色野菜に部類分けされます。

緑黄色野菜か、淡色野菜かの区別は含まれるβカロテンの量で変わってきます。緑黄色野菜は、基本的にβカロテンが600μg以上のものを言いますので、大根を食べる時は、緑黄色野菜にあたる葉の部分も捨てずにしっかり食べたいですね。

さらに、大根の葉にはカロテン以外にもビタミンCやカルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。これだけ栄養たっぷりの大根の葉、やはり捨てるなんてもったいないですね。

大根の葉の保存方法

葉がついている大根を手に入れることができたら、真っ先に葉を切り落とすようにしましょう。野菜は加熱するまで生き続けていますので、葉がついたままの状態ですと、根の部分である白い部分の栄養をどんどん吸い上げていってしまいます。
そして、切り落とした葉は、いわゆる葉物野菜と同じで傷むのが早いので、なるべく早めに下処理をするようにしましょう。

大根の葉の下処理方法

大根の葉は、下処理が完了すれば冷凍保存が可能です。
下処理方法はとても簡単で、かつ使い勝手も良いので、自宅で冷凍ストックしておくのがおすすめです。

1. ボウルに水をはって、その水の中で大根の葉をふり洗いする。
(葉の中でも特に根元部分に土が入っている可能性が高いので、根本部分を中心に念入りに洗うようにしてください)

2. 大根の葉を食べやすい大きさに切って、さっと茹で、冷ます。

それだけで下処理は完了です。この状態で冷凍保存が可能ですので、使いやすい量に小分けにしておくと便利です。お味噌汁を作るとき、チャーハンの具など、凍ったまま加えて加熱すれば、手軽にいつもの料理の栄養価をアップできますよ♪

大根を丸ごと買って家まで持って帰るのはなかなか面倒ですよね。でも栄養たっぷりの葉を捨ててしまうのは本当にもったいない!今年は栄養たっぷりの大根の葉までしっかりいただきましょう。

 

記事/菅 智香

育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

instagram

 

その他のおすすめ記事

作り置き常備菜シリーズ『捨てないで!大根葉のカレーふりかけ』

作り置き常備菜シリーズ『捨てないで!大根葉のカレーふりかけ』

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

~保存食のある暮らし~冬の賢い常備菜『おみ漬け』

~保存食のある暮らし~冬の賢い常備菜『おみ漬け』

コメント

人気の記事

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

2019.12.17

帰宅後すぐ完成♪10分で出来る『どっさりねぎの和え麺』

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

編集部おすすめ記事

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

2019.12.18

切って重ねるだけ!簡単クリスマスに『サンドチョコケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2016.05.17

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』