作るコト作るコト
料理 2019.10.29

想像以上の美味しさ!揚げずに簡単『鶏からとさつまいものヤンニョムだれ』

秋といえば“さつまいも“。子供の頃の芋掘りの思い出がおありの方も多いのではないでしょうか?

芋掘りの様子

甘くてほっこりした味わいは子供から大人まで大人気!食物繊維が豊富で、ビタミンはデンプンに保護されている為、熱に強いと言われています。
そんな栄養豊富なさつまいもは、スイーツとしてだけでなくお料理に使うのもお勧め。優しい甘みは全体の味わいをまろやかにしてくれたり、ボリュームをアップさせたりする効果も。特に肉料理の時は豊富な食物繊維を含むさつまいもと組み合わせることで便秘の予防にもなります。
さつまいもは、焼き芋、スイートポテト、大学芋、といった“おやつ”だけではありません。お料理にも使ってみてください。きっと、想像以上の美味しさに感動するはずです。
さつまいもの美味しい思い出が、みなさんの心にまた1つ増えますように。

『鶏からとさつまいものヤンニョムだれ』材料(4人分)

鶏からとさつまいものヤンニョムだれ

・鶏もも肉

300g

〇酒

大さじ1

〇塩、すりおろし生姜

各小さじ1/2

・さつまいも

中1本

・片栗粉

大さじ4

・食用油

大さじ2

・いりごま

適量

<ヤンニョムだれ>

・コチュジャン

大さじ2

・ケチャップ、みりん、はちみつ

各大さじ1

・醤油

小さじ2

・すりおろしにんにく、ごま油

各小さじ1

『鶏からとさつまいものヤンニョムだれ』作り方

1. 鶏肉を1口大に切り、ボウルに〇と共に入れ揉みこんだら冷蔵庫で10分置きます。

鶏肉と調味料を混ぜている様子

2. 1を休ませている間に、さつまいもをよく洗って水がついたままラップに包みレンジで4分加熱します。

3. ヤンニョムだれの材料を全て混ぜ合わせておきます。

3.	ヤンニョムだれの材料を全て混ぜ合わせている様子

4. 1の水分をキッチンペーパーでよく拭き取り、片栗粉大さじ3を全体にまぶします。さつまいもは皮ごと乱切りにし、片栗粉大さじ1をまぶします。

さつまいもは皮ごと乱切りにし、鶏肉とさつまいもに片栗粉をまぶしている様子。

5. フライパンに食用油を熱し、弱めの中火にします。肉の皮面を下にして並べ4分焼きます。(周囲の色が変わったらひっくり返すタイミングです。)
ひっくり返したらさつまいもを並べ入れます。さつまいもを返しながらさらに4分焼きます。

肉の皮面を下にして並べて焼いている様子。

フライパンにさつまいもを入れて炒めている様子。

6. ヤンニョムだれを流し入れて全体にさっと絡めたら火を止めて完成です。

ヤンニョムだれをフライパンに流し入れている様子。

いりごまを振って、召し上がれ♪

鶏からとさつまいものヤンニョムだれの完成。

ポイント

・さつまいもの栄養成分は皮に多く含まれます。ぜひ皮ごと調理してくださいね。
・片栗粉をまぶす前に肉の水分をしっかり取ると、カリツとします。
・肉を焼く時は、ひっくり返す時以外は触りません。肉汁が逃げるのを防いで外はカリっと中はジューシーに仕上がります。
・たれは煮詰めずさっと絡める程度でOKです。
 

【調理時間】15分(肉の漬け込み時間除く)

レシピ/ 大西 麻子

自然豊かな福井育ち。料理旅館で育った祖母の影響で幼児の頃から料理を始め、中学生になってからは家族の夕食を毎日作る大の料理好き。料理と暮らしを紹介したブログはランキング上位になり、わずか2年で出版に至る。4歳の息子と夫の3人暮らし。家族との暮らしを第一に、書籍や企業へのレシピ開発、写真提供をしている。現在、大好きな花や旅をテーマにした料理教室、ワークショップを計画中。

ブログ「さくらのおうちカフェ
Instagram

その他のおすすめ記事

じっくり焼いてザックザク!『のり塩ベイクドポテト』

じっくり焼いてザックザク!『のり塩ベイクドポテト』

どちらがお好み?『ふわもち蓮根チヂミ』『サクサク蓮根ワンタン』

どちらがお好み?『ふわもち蓮根チヂミ』『サクサク蓮根ワンタン』

秋の定番の組み合わせをお子さまにも♪『イカと里芋ボール』

秋の定番の組み合わせをお子さまにも♪『イカと里芋ボール』

フライパン1つ!やみつきになる『さんまのコチュジャン煮』

フライパン1つ!やみつきになる『さんまのコチュジャン煮』

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

コメント

人気の記事

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

2019.12.17

帰宅後すぐ完成♪10分で出来る『どっさりねぎの和え麺』

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

編集部おすすめ記事

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

2019.12.18

切って重ねるだけ!簡単クリスマスに『サンドチョコケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2016.05.17

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』