得するコト得するコト
まめ知識 2019.11.15

平安時代から受け継がれてきた、子どもの健やかな成長を願う儀式「七五三」のこと

七五三は、3歳の男の子と女の子、5歳の男の子、7歳の女の子が11月15日に氏神や神社にお参りをして、健やかに育ったことを祝う行事です。10月末から11月中旬の週末や祝日、晴れ着を着て千歳あめを持つ子連れの家族は秋の風物詩。微笑ましい光景ですね。そんな七五三の行事の起源や、11月15日にお参りをする理由をご紹介します。

七五三の儀式の意味とは?

幼い子どもが元気に7歳まで育つことが当たり前でなかった時代には「七つ前は神の子」といわれ、子どもが7歳になって初めて社会の一員とされていました。3歳、5歳は一般に一人歩きを始め、いろいろなことに興味を持ち始める年代です。7歳ころには乳歯の生え変わりがあります。このような子どもの成長を認識して、3歳、5歳、7歳は今後の成長を祈るという重要な節目でした。

通過儀礼の行事が七五三の原型

七五三は最初からまとまった行事があったわけではありません。原型となっているのが、平安時代に行われていた男女3歳で行う「髪置(かみおき)」、男児5歳の「はかま着」。そして鎌倉時代に執り行われた女児7歳の「帯解(おびとき)」と呼ばれる儀式です。

「髪置」は、それまで髪をそっていた子どもが初めて髪を伸ばし、髪形を整える儀式のこと。髪を伸ばすことが、赤ちゃんから幼児へ成長したという証です。この儀式の時には、「白髪綿」とよばれる綿帽子をかぶせ、「白髪頭になるまで長生きするように」と縁起を担いだそうです。
女の子はこの日に初めて紅をさし、着物の付ひもを取り、付け帯をしたと言います。これは「ひも落とし」と呼ばれ、「魂が飛び出さないように」という意味があります。

「はかま着」は5歳になった男の子が初めて袴をはく行事。勝負の場で四方の敵を制するようにとの願いをこめ、碁盤の上に立ち吉方を向きながら、はかまに着替えたそうです。5歳になると子どもたちは「童子(どうじ)」と呼ばれるようになり、幼児から童子へ成長したことを祝う通過儀礼のひとつでした。

「帯解」は童子の付け帯を解き、大人の帯に変える儀式。この日、女の子は身八つ口(着物の脇の下の開いた部分)をふさいだ小袖の着物を着て、幅の広い帯を締めます。これには「魂をしっかり内にとどめるように」との願いが込められています。

11月15日におこなう理由は?

このような儀式が江戸時代の武家や裕福な商人たちの間でおこなわれるようになり、明治時代に3つの儀式がまとまって「七五三」になりました。徐々に庶民の間にもこのようなお祝いごとが広まり、子どもは晴れ着を着てお参りをし、親せきや近所へのあいさつまわりや食事会を催す、今の七五三を形作りました。

11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、徳川家光が四男徳松(後の5代将軍綱吉)の健康祈願を盛大に行ったことが始まりと言われています。また、氏神の祭日が11月に行われる地域が多く、旧暦の15日は満月なので収穫と子どもの成長の感謝・加護を同時に祈るようになったという説もあります。

昔も今も、子どもたちの成長を喜び祝う親の気持ちは同じですね。写真撮影だけを行う場合が増えているようですが、七五三の行事の意味を知って、家族でよい1日を過ごしてくださいね。

記事/杉本雅美

日々の生活の中で、無理のない程度に四季の変化を感じ、ひと手間かけることを心がけて夫とふたりで暮らしています。フリーのライターとしてインタビューやイベントレポート、暮らしに関することなど、多様な情報をお届けしています。

その他のおすすめ記事

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

2020年には「スポーツの日」へと名称が変わる「体育の日」のこと

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

「鉄道の日」の記念切符で、のんびり鉄道旅をしてみませんか?

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

澄み切った秋の夜空に。日本古来のお月見の日、「十三夜」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

だんだん秋めいてくる「彼岸」のころ。「秋分の日」と、お供え物の定番「おはぎ」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

長年の積み重ねに敬意を表し、健康長寿を願う「敬老の日」のこと

コメント

人気の記事

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

2021.01.08

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2021.01.06

おもちがおやつに変身!『洋風ナッツもち』

2021.01.05

おせちで簡単おもてなしお菓子『栗きんとんでマロンパイ』

編集部おすすめ記事

2021.01.17

大根の消費に『やみつき大根サラダ』

2021.01.16

身体が弱る時期にスタミナをつけよう!アレンジ自在『濃厚にんにくペースト』

2021.01.15

【七十二侯のコト】第六十九候「雉始雊」

2021.01.14

美味しい時期はたったの2ヶ月!自宅で美味しいタラの白子を味わおう

2021.01.14

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

2021.01.10

豆腐のまんぷくおかず『豆腐の韓国風ステーキ』

2021.01.09

戎(恵比寿)様を祀るお祭り『十日戎』

2021.01.07

味付けに欠かせない!海以外からも採れる『塩の原材料』とは

2021.01.06

七草粥だけじゃもったいない!旬の「せり」を食卓に取り入れよう

2021.01.05

【七十二侯のコト】第六十七候「芹乃栄」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう